やまろう流・情報処理技術者試験に合格するための勉強法

2015年1月30日に投稿 → に更新

CSSS85_kangaerujyosei20131019500

「就職・転職で良い評価を得るために情報処理技術者試験に合格したい!」
「IT系国家資格がほしい!」

という方は多いかと思います。私は初級システムアドミニストレータ、基本情報技術者、ソフトウェア開発技術者(応用情報技術者)に合格しています。自慢ってほどではないですけどね、えっへんw

この他にもITストラテジスト、システムアーキテクト、プロジェクトマネージャ、データベーススペシャリスト、セキュリティアドミニストレータ試験を受けて惜しくも午後Ⅱで落ちています。ホントに惜しくもギリギリで落ちたんです。ほぼ合格といっても過言ではありません!!?(必死)

このように情報処理技術者試験において華々しい?実績を持つ私が情報処理技術者試験に受かるための秘訣や勉強法をお教えします。

過去問題集付きの参考書を買う

参考書を何買ったらいいか迷うところですが、過去問題集付きの参考書を1冊買えばOKです。これで私は受かっています。

で、過去問題集付きの参考書を1冊買ったら…

参考書を頭から最後まで読む

途中よくわからないところに出くわしても、止まらずにどんどん先を読んでいきます。後ろの方を読んでいたら、最初の方で分からなかったことが分かったなんてこともよくありますから、止まらずどんどん読み進めていきましょう!

読む時に一文字一文字しっかりと読んでいくのは時間が掛かるし疲れるし退屈なので、雑誌を読むような感覚で、最初はざっと眺めていくのが良いと思います。こういう読み方でもちゃんと頭に入ります。

ざっと読んでざっくり内容をつかんで、そのあとで必要なところをくわしく読むというやり方が良いと思います。

読むのは隙間時間でぶつ切りでOK

まとまった勉強時間を確保するのは難しいですし、始める時の心理的抵抗も強くなってしまいます。めんどくさいなぁと。なので、勉強時間は隙間時間でOKです。

TVのCM中とか、通勤電車の中とか(参考書が重いのが難点ですが)、ちょっとした空き時間に数分参考書を読む、それを積み重ねていって最後まで読んでいきます。

過去問を解く

参考書を読み終えたら付属の過去問題を解いてみます。これも隙間時間でOKです。

間違えた所を繰り返し解いて、最終的に全部の問題に正解できるようになるのが理想です。全部でなくても大部分正解できるようになれば合格することは可能です。

MS251_makerunagakusei500

午後Ⅱの論文対策

情報処理技術者試験には午後Ⅱが論文試験のものがあります。ITストラテジスト、システムアーキテクト、プロジェクトマネージャ、システム監査がこれに当たります。

論文に使えそうな経歴を探す

午後Ⅱの問題を数年分読んで、どんなテーマの問題が出題されるかを把握します。

論文は基本的に自分の経験したことを書きます。なので自分の経験した仕事の中でどのプロジェクトをネタにするかを決めます。どんな問題が来てもアレンジして使えるようなプロジェクトがあると便利です。

教科書的な知識・用語を論文内に埋め込む

私はシステムアーキテクト試験の午後Ⅱ論文試験でB判定で落ちたことがあります。

なぜ落ちたかを考えてみると、論文内に教科書的な知識・用語を入れていなかったことに気が付きました。自分の経験をそのまま素直に書き、テーマにもあっていて論理構成もきちんとしていて、文字数も十分でした。

しかし、試験で問われているのはその分野の教科書的な基礎知識を駆使した論文を書くことです。なので、ただ素直に自分の経験を書くだけでなく、意識して教科書的な知識や用語を入れる必要があります。

時間内に書き切れるように練習しておく

過去問題の午前、午後Ⅰの問題を解くのは隙間時間でOKなんですが、論文試験だけはきちんと時間を測って本番と同じ条件で練習が必要です。

手書きで文章を書くのは意外と難しいものです。手書きの難しさは書いた後の編集が困難なことです。PCなら書いた後に文章を修正・挿入・削除が簡単に出来ますが、手書きだと消しゴムで消して書き直さなければなりません。

漢字が思い出せなくて、手が止まり思考の流れが途切れてしまうこともあります。

これらは慣れが重要です。事前に練習をして、どれくらいのペースで書けば時間内に書けるかを把握しておく必要があります。一回やっておくと本番でも、最後まで書ききることが出来ると思います。

構成を先にメモしてから書き始める

手書きだと、書いた後に編集が出来ないので、書く前に書く内容を整理します。

「これを書いて、あれを書いて、最後にこうまとめる」みたいな流れを先に考えておきます。

文字数も「ここでこれくらい書いて、こっちではこれくらい書けばちょうどいいな」という配分も計算しておきましょう。

ここまですれば、ばっちりな論文が書けるはずです!

勉強することに意義がある!

情報処理技術者試験は国家資格であり、受かれば就職時のアピールにもなりますし、資格手当や報奨金をもらえる会社もあります。ですからぜひとも合格したい所ですが、合格しなくても、そのための勉強をしたこと自体に価値があります。

その分野の網羅的な基礎知識が身に付きますし、試験当日はフルパワーで頭を使うので、脳にとって良いトレーニングにもなります。

もちろん、合格することは重要ですが、それ以上に合格に向けて取り組むことに価値があるのでぜひトライしてみてください!

会社によっては、情報処理技術者試験に合格すると資格手当や報奨金をくれる会社もあります。私が以前勤めていた会社もそうでした。報奨金をもらえる会社にいた時には、報奨金目当てで資格を数十個とりました。そのおかげで報奨金もいっぱいもらえたし、様々な分野の網羅的な基礎知識を身につけることが出来ました。

ですから、今いる会社にそういった制度がない場合は、そういう会社に転職してみるのも良いと思います。勉強するのってモチベーションがいりますし、お金って強力なモチベーションになりますからね。

転職活動はやってみるとかんたん!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたよりかんたんで、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているワークポートがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者ならかんたんに解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 勉強法