プログラマーSEが『言い訳』をやめるメリットと方法

      2016/12/15

言い訳する男性

「言い訳するやつってムカつく…」
「とはいえ、自分もつい言い訳してしまったりも…」
「言い訳ってやめられるもんかな?」

「言い訳」って意識して見ると、無意識にたくさん言っていたことに気が付きます。

人に対して、言葉にして言い訳するのもそうなんですが、それ以上に頭の中でつぶやく心の声で言い訳してる時が多いんです。

言い訳をすると、「まぁ、しょうがないか」と自分を正当化することが出来てしまいます。

それによって、やるべきことから逃げてしまうわけです。一度逃げると成長できないので、次も逃げたくなってしまいます。これだと悪循環ですよね。

そんなわけで、今回は「プログラマーSEが『言い訳』をやめるメリットと方法」を紹介します。

メリットが分かればやめられる

いいわけって自分を正当化できるのでついついやってしまいますが、言い訳をやめるメリットが分かればやめることが出来ます。

メリット1 言い訳をやめると人から好かれる

言い訳するやつってムカつきますよね。言い訳って「間違いを認めずに自分を正当化する行為」ですから、その間違いによって迷惑をこうむった人からすればムカつくわけです。「素直に間違いを認めればいいのに、なんで言い訳すんだよ!?」と。

逆に素直に間違いを認めて反省すれば、「まぁ、反省してるし、いっか。素直で誠実な人だな!」とむしろ評価が上がります。

メリット2 言い訳をやめると能力が上がる

難しい仕事を振られそうになると「こんなの無理だよ、日数が全然足りないし、仕様もまだまだ全然詰め切れてないし、作った後に仕様変更とかになりそうだし…」と怒涛の言い訳をしてしまう時ってありますよね。

自分を守ること自体は悪くないですし、無理をして仕事を引き受ける必要はありません。

とはいえ、自分を守りながらも言い訳をせずに積極的に仕事に向き合うと能力を大きく伸ばすことが出来ます。

「この納期では難しいと思いますが、1週間延ばせば何とか間に合うかもしれません。納期を延ばせないのであれば、この部分の機能を削れば、間に合わせることが出来るかもしれません。」

と言う風に、「出来ない理由」を述べるのではなく、「出来る条件を考える」ようになると、今までできなかったことが出来るようになります。

「出来ない理由ばかり言うな!」ってだけほざくジジイがよくいますが、そういうジジイの言っている意味とここで言ってる意味は違います。こういうジジイが言うのはただの精神論でトレードオフの考え方がありません。

こういうジジイに先ほどの納期を延ばす案や機能を削る案を言っても、「機能を削らずに納期に間に合わせる方法を考えろ!」と言います。

つまり、「徹夜してでもなんとか間に合わせろ!」と言ってるだけなんです。これを拒否することは言い訳ではありませんから、堂々と断ればいいでしょう。

っと、このような理不尽なジジイが上司の場合、「転職したいなぁ」と思うわけですが、「でも俺もういい歳だし、転職とか無理だよな」とか、若い人なら「まだ自分は経験が足りないから、もうしばらく我慢して今の仕事で経験を積んだ方がいいだろう」と「転職しない言い訳」をしてしまいがちですが、こういう言い訳もやめましょう。

転職なんてやってみれば簡単です。

メリット3 言い訳をやめるとやりたいことが出来る

「転職しない言い訳」をやめると、転職活動を始められます。

歳が若くなくても、転職活動をしっかりやれば、いい会社はちゃんと見つかるはずですし、経験の少ない若者を雇いたい会社もたくさんあります。

「やってみると思ったより全然簡単でうまくいった」ってことは多いですよね。「いいわけ」はそのチャンスをつぶしてしまいます。言い訳することでやる前にやらない自分を正当化してやめてしまうわけですからね。

ですから、「○○の仕事したいなぁ、でも、(言い訳)…だしなぁ」と思ってしまったら、ぜひ、意識して言い訳をやめてみてください。

「○○の仕事したいなぁ、…そのために何をすればいいかなぁ?うまくいくかは分からないけどやってみよう!」

これでいいんです!

転職活動はやってみると簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているDODAがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけで簡単に派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるので、実はとてもいい選択なんです。

 - 能力開発 ,