プログラマーSEが『リーダーシップ』を身につける方法

2016年9月22日に投稿 → に更新

若手チームリーダー

「リーダーになったばかりで何すりゃいいかわからない…」
「リーダーシップって何をすることなんだろう…」
「頼れるリーダーになりたいんだがw」

「リーダーシップ」ってよく使われてますけど、謎な言葉ですよね。

「あの人はリーダーシップがある」って言った時に何を意味するのでしょうか?

  • 頼れる
  • 人をまとめる力がある
  • 的確な指示が出来る

など、いろいろあります。ではITエンジニアにおけるリーダーシップとは何か、それについて考えてみたいと思います。

リーダーがやるべきことの本質

リーダーは英語のleaderですから、leadは導くという意味なのでerがついて「リーダー = 導く人」ということになります。

チームリーダーならチームを導く、プロジェクトリーダーならプロジェクトを導くってわけです。

では、どこに導くのでしょうか?

目的の達成へ向かって導きます!

ですから、リーダーシップの真の意味は

  • 頼れる → 目的を達成するために頼れる
  • 人をまとめる力がある → 目的を達成するために人をまとめる力がある
  • 的確な指示が出来る → 目的を達成するために的確な指示が出来る

なのです。

頼れるリーダーってどんな人?

目的を達成するために頼れる人ですから、例えば、目的を阻む問題が起きた時に適切な対応ができる人って頼れますよね。

「と言っても、俺そこまで技術スキル高いわけでもないしな…」という方も安心してください。

問題解決って必ずしも、問題を自分で解決することではありません。その問題を解決できる人を連れてくることというやり方でもいいんです。

「っと言っても、俺会社で顔広くないしな」という場合も大丈夫です。

顔の広い人に相談すればいいだけです。

「プロジェクトで、○○の問題が起きてるんですけど、こういう問題に詳しい人っていませんか?」と。

まぁ、ふつうは自分の直属の上司に相談すれば、誰か紹介してくれるでしょう。

人をまとめる力ってなんだろう?

まとまりのあるチームとは何でしょうか?

目的に向かって一丸となっているということですよね。

無理やり上から、ああしろ、こうしろと言っても、チームはまとまりません。

人はどういう時、目的に向かえるかというと、やりたいことをやっている時です。

やりたくない仕事を無理やりやらされていたら、無意識に出来るだけ、その仕事との関わりを避けたい気持ちが湧きます。

その結果、チームはまとまりがなくなります。皆がプロジェクトの目的に対して消極的になるわけですからね。

ですから、人をまとめるとは、「メンバーそれぞれの得意分野や興味のある分野を考慮して担当を割り振る」ってことなんです。こうすれば、個々人が勝手にプロジェクトの成功に向かって動きだします!

どうすれば的確な指示は出来る?

的確な指示ってなんですかね?

的確であったかは、結果が出てから分かります。指示されたとおりにやったらうまくいったら、それは的確な指示だったってことです。

しかし、結果が出る前に、指示を言われた時点で、「この人の指示的確だなぁ」と感じる時があります。

それってどんな時でしょうか?

その指示が合理的だと感じられる時です。

プロジェクトの中には、誰もやりたがらない面倒な仕事があります。みんなに面白い仕事を割り振れたらいいのですが、そうもいかない場合もありますよね。

そんな時、その人がその仕事をやる必要があるという合理的な説明が出来ると、「面倒だけど、この仕事は私がやるべきだな!」と納得してもらえます。

これが的確な指示なのです。

的確な指示の逆は、理不尽な指示です。理不尽な指示には合理的説明がありません。合理的な説明をしようにも理不尽な論理で生まれた指示には合理的理由がありませんからできません。

ですから、合理的な説明を心がけることは理不尽な指示を防止することも出来ます。そして、それが的確な指示へと繋がるわけです!

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - コミュニケーション ,