プログラマーがインフラ構築の知識を学ぶにはVPSが一番!

2015年7月5日に投稿 → に更新

オフィスの男女

「プログラミングは得意だけど、インフラはさっぱりわからない、勉強するきっかけがないんだよね」

会社ではインフラ構築専門のチームがあるので、自分でインフラ構築する機会がないという方は多いかと思います。

私も仕事でインフラ構築する機会はありませんでしたが、趣味でWebサイトを運営するようになりインフラ構築を経験することが出来ました。

「えっ、Webサイトなんてレンタルサーバ借りれば、環境なんて初めから出来上がってるじゃん?」

って思われたかもしれませんが、レンタルサーバでなくVPSを借りたのです。VPSを借りると、サーバのroot権限が与えられて、自由にソフトウェアをインストールして自分好みのインフラ構築をすることが出来ます。しかも、VPSは一台のサーバを仮想的に分割して使用するので、1ヶ月1000円くらいで借りられるんです。

そんなわけで、今回はVPSを借りてインフラ構築を学ぶ方法について書いてみます。

VPSとは仮想サーバのこと

VPSはVirtual Private Serverの略です。直訳すると仮想個人用サーバです。

一台のサーバマシンを仮想的に個人に割り当てて貸し出すサービスなんです。

一台を分けて貸し出すという意味ではレンタルサーバと同じですが、
VPSはOS自体を独立して持つことが出来る点が違います。

VPSを借りると、あなたにroot権限が与えられた個人用のOSが使えるのです。

だから、何でも自由にインストールして使えていろいろ学べます。

レンタルサーバで出来ないことをVPSでやろう

一般的なレンタルサーバはPHPなどのスクリプト言語が動くWebサーバとMySQL・PostgreSQLなどのDB、メールサーバが使えます。これでもやりたいことの大半は出来ますが、出来ないこともたくさんあります。例えばnode.jsのプログラムを動かすことは出来ません。

また、Rubyを動かせるレンタルサーバは多いですが、CGIモードでの動作しかサポートしてないものがほとんどなのでRuby On Railsを動かすことも出来ません。

ですから、技術の実験場としてVPSを借りると学べることがぐっと広がるんです。

VPSならWebSocketも動かせる

私はミクミクすごろくというオンラインすごろくゲームを個人で開発・運営しているのですが、このゲームはクライアントがHTML5でサーバはWebSocket(node.js)で実装されています。

WebSocketを使ってみたいけど動かす環境がないという方にもVPSはおすすめです。

この他にも重たいバッチ処理を動かしっぱなしにしたり、Linuxサーバで出来ることは何でもできます。

VPSとクラウドだとどっちがいい?

インフラの基礎知識を学ぶという意味ではクラウドよりVPSの方が適しています。

VPSはOSを再インストールしてまっさらな状態から環境構築をすることが出来ます。Apacheやnginx、MySQLなどのよく使われるソフトウェアも何も入ってない状態から始めることが出来るのでインフラ構築のすべてを体験することが出来ます。

クラウドは用意されてるメニューを使っていくのが基本なので、VPSの方がより直にインフラをいじくり回すことが出来ます。

もちろん近年はクラウドの知識も重要ですので、VPSでインフラの基礎を学んだ後にサーバの性能アップを柔軟に行うための技術としてクラウドを学ぶのは良いことです。

それにVPSの方がクラウドよりもほとんどの場合料金が安いので、VPSを先に使った方が良いと思います。

私が使ってるVPSは?

GMOクラウドVPSの2Gプランを使ってます。


もっと安いVPSもあるんですが、同価格帯ではGMOクラウドのVPSのメモリーが一番大きい(2G)なのでお得だと思って選びました。

VPSというとさくらVPSが一番有名ですが、有名なサービスは利用者が多い分、重くなりがちかなと思い、あまり有名じゃないGMOクラウドVPSを選びました。
有名じゃないからかは分かりませんが、サーバのレスポンスはとても高速です。

このブログもGMOクラウドのVPSで動いています。

環境はnginx + phpfpmでWordPressを動かしてます。

この他にミクミクすごろくミクミクかるたでWebSocket(node.js)が動いていて、ミクミク防衛軍等のUnityゲームのサーバサイドとしてRuby On RailsがApache + Passenger上で動いています。これだけのことがVPS一つ借りるだけで出来てしまったんです。

インフラの知識もかなり身についたので、リターンの大きい投資だったと思います。

そんなわけでインフラ学びたいとか個人でサービス作って公開したいという方にはVPSを使ってみることをお勧めします!

GMOクラウドのVPSを見てみる

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 勉強法 , , ,