プログラマー・SEが会社員を辞めるべき2つの理由

      2017/02/02

私は10数年会社員をした後、フリーランスのプログラマーになったんですが

もっと早くフリーランスになれば良かったぁ!なんで、会社員なんてやってたんだろう?よくやってたなぁ」

と思えるほど、快適に仕事できています。

そんなわけで、会社員とフリーランス両方を経験してみてわかったことを紹介します。

1. 会社員だと学べることが偏る

会社員は自分が参加するプロジェクトを選べない

フリーランスになって一番良かったのは自分で仕事を選べることです。

会社員のころはフリーランスの世界を知らなかったので、仕事を自分で選ぶっていう発想がありませんでした。上司から言われたプロジェクトに入る、それが当たり前だし仕方がないことだと思っていました。

面白いプロジェクトには入れるかは運次第ですよね。もっといえば、会社がやっている全プロジェクトの中に自分が入りたいプロジェクトが一つもないってことだって全然あります。

会社員は自分の意志でプロジェクトを抜けられない

プロジェクトに入ってからしばらくは興味を持って取り組めた仕事も長くやっているうちに飽きてきたり、別の技術に興味がわいてくる場合があります。

それでも会社員の場合、抜けたいと思ったタイミングでプロジェクトを抜けることは難しいですよね。会社的にその人をそのプロジェクトに入れ続けなければならない事情があったり、次の仕事が見つかっていない場合もあるでしょう。

ですから、会社は私たちをなんとかプロジェクトに留まるように説得してきます。説得を無理やり突っぱねたることも出来るでしょうけど、社内での立場が悪くなるのでそうもいきませんよね。

フリーランスでも、抜けたいと思った次の日に抜けるなんてことは出来ませんが、契約期間が過ぎれば基本的にプロジェクトを抜けることができます。大抵の場合、3か月単位の契約で、契約終了の2か月前に契約更新のオファーが来ます。そのオファーを断れば、2か月後にプロジェクトを抜けることが出来ます。よほどのことがない限り、しつこく継続を説得してくるようなことはないですし、その場合でも断ることは出来ます。これが会社員との大きな違いです。

自分の意志で選択した人生を生きている感じがします。

同じ会社内のプロジェクトは似てるものが多い

会社によっては自分が参加するプロジェクトを選べたり、配置換えがひんぱんにある会社もあるかもしれませんが、そうだとしても、同じ会社内のプロジェクトは似ているものが多いので学べることは偏ります。

ですから、学ぶ気持ちが強い人は会社員よりフリーランスや派遣社員の方が向いています。

2. 社員は無理を強いられる

上下関係によるアンフェアな言動も飲まなければならない

会社には上下関係があります。上司部下という関係、先輩後輩という関係など、あるいは取引先との間には売り手と買い手という力関係があります。

ずるい人間が強い立場に立つとアンフェアな言動をします。よくいるのが「他人に厳しく、自分に甘い人」です。他人を非難するのに自分が非難されるのは許さない、そんな人はたくさんいました。立場が対等ならば、「何言ってんだ、おまえはバカか?!」と言えますが、強い立場の人間にそうは言えませんよね。

常に強い立場でいられる人はいいのですが、そんな人は社長くらいでしょう。社長であっても取引先に対しては弱い立場かもしれません。

フリーランスの場合、基本的に上下関係はありません。あるのは契約だけです。契約に基づいた仕事をするだけなので、アンフェアな言動をされたら、真っ向から反論することが出来ます。

実際はアンフェアな言動をする人に反論しても無駄な場合が多いので、契約終了と共にそのプロジェクトを去ればいいわけです。

といっても、ちゃんと自分の意志で選んだプロジェクトにはアンフェアな人間なんていなくて、いい人ばかりだったりします。

会社員は長時間労働を強いられる

フリーランスのエージェントからよく言われるのは「業務委託の人にそこまで残業を強いることはないと思いますよ。社員の人たちはめっちゃ働いてるかもしれませんが」というセリフです。これは参加する案件を選ぶ時に「残業は多そうですか?」と質問した時によく言われます。

また、以前勤めていたブラック企業の人事部長は「まぁ、外から来てる人はしょうがないけど、社員はもっと働いてもらわないとな」と言ってましたから、まぁ、そういうものなんですかね、腹立たしいことですけど。

もちろん、すべての会社が社員に長時間労働を強いるわけではありませんけどね。

会社員を辞めてやりたい仕事をやろう!

会社員だと自分の意志で仕事を選べず、同じような仕事を続けなければならず、そうしてるうちに、やる気がなくなって技術についていけなくなって、年取った頃に会社のお荷物になってリストラされるなんてことにもなりません。

それを避けるためには、やりたい仕事をやるしかありません!

フリーランスのエンジニアになるのって、思ってたより全然かんたんでした。エージェントに登録すれば仕事を紹介してもらえるんです。人脈とか営業力がないとダメだと思っていたのですが、全然そんなことありませんでした。

エージェントにやりたい仕事の条件を伝えれば、条件にあった案件を紹介してくれます。

レバテックフリーランスってエージェントはサイトから案件検索もできるので仕事のイメージが沸いていいと思います。

「それでも、やっぱりフリーランスは不安だなぁ」という方は派遣社員になるという手もあります。

派遣社員というと低賃金、派遣切りなどのネガティブなイメージを持たれがちですが、ITエンジニアの派遣社員は給料も高いですし、仕事はフリーランスと同じように選べるので、実はとても良い選択なんです。

かつ、確定申告や健康保険、年金などの税務処理を所属会社がやってくれるので、正社員とフリーランスのいいとこ取りなんです。

なので、フリーランスもいいけど、ちょっと不安だなぁという方は、まず派遣社員になってみるというのもいいと思います。

パーソルテクノロジースタッフに登録すれば、かんたんに派遣社員になれるので、ぜひトライしてみて下さい!

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - キャリア