ホームお問い合わせプロフィール未経験→就職転職合格率年収の相場ブラック企業判別定時帰りする方法

40代のプログラマー・SEは転職可能か?

2015年7月3日に投稿 → に更新 キャリア

おじさんがお辞儀

「若い内は転職ってかんたんだけど40過ぎたら難しそうで不安」
「40代なんだけど、今の会社辞めたい、転職できるかな?」

10代20代のころには自分が40代になるなんて想像できませんでしたが、誰でも年を取ります。私も30代後半となり40歳も近づいてきました。

  • 40代以降の転職が難しいようであれば30代の内に一生勤められる会社を探した方がいい
  • 40歳以降も楽勝で転職できるなら、30代で焦って転職することもない

ということで今回は「40代のプログラマー・SEは転職可能か?」について考えてみました。

20代30代の転職は余裕だった

私は、

  • 25歳
  • 31歳
  • 33歳

の時に転職したのですが、いずれも苦労なく転職できました。

とはいえ、20代30代でも転職が難しい人はいます。

仕事ができない人です。

「そんなの当たり前じゃん」って思われたでしょうけれど、より正確に言うと(年齢相応の)仕事ができない人です。

30代なのに周りの人に頼りまくってるような人だと転職は難しいでしょう。難易度の高い会社だと30代ならリーダー経験を求められるケースが多くなります。

ですから、自分の仕事力を測る際には年相応の仕事力があるかという観点で見るといいでしょう。

40代の転職は本当にむずかしい?

私はまだ30代なので実体験はありませんが、

「30代よりは難しくなるが、40代でも転職は全然可能だろう!」

と思っています。

その理由は40代のエンジニアがふつうに仕事しているのを見ているからです。

職場で40代のフリーランスエンジニアの方がいたので話を聞いてみたら、仕事はふつうに見つかるんだそうです。

フリーランスの場合、プロジェクトごとに仕事の契約を結ぶので、書類選考・面接といった選考に頻繁にさらされます。

ですから会社員エンジニアに比べて、自分の市場価値をよくわかっています。そのようなフリーランスエンジニアの方が「仕事はふつうに見つかる」と仰っているのはとても心強いことです。

加えて、もう一つ理由があります。

人手不足な優良企業はたくさんある!

私はこれまでに、

  • 業務システム開発
  • Webサービス開発
  • スマホゲーム開発

と様々な業種の仕事を、

社員数数名のベンチャー企業から東証一部上場企業

まで、いろいろな規模の会社で仕事をしてきました。規模の小さい無名企業でも良い会社はたくさんあります。

人気企業ばかり見ていると想像しにくいのですが、求人を出してもなかなか人が集まらない企業はたくさんあるんです。

私が以前仕事をしたECサイトの開発運営をしている小さなベンチャー企業は残業がほとんどないスーパーホワイト企業だったのですが、「求人を出してもなかなか応募者が現れなくて困ってる…」とのことでした。

この会社では40代のベテランエンジニアがバリバリ活躍していました!

なので、40代になっても、探せば良い職場はいくらでも見つけられるはずです。

そのポイントとなるのが、前述した年相応のスキルがあるかです。

40代の年相応の仕事スキルとは?

40代だと

  • リーダー経験
  • マネージメント能力

を求められると思われがちですが、そうとも限りません。

いちエンジニアとして仕事をする場だってあります。

「マネージメント能力がないと40代で仕事がない…」と言っているのはSIerの世界だけです。

SIerは人材派遣業で稼いでいるので40代でプログラマーだと単価が低く売り上げに貢献できないことから出てきた話なんです。

しかし、ITエンジニアを必要とする会社はSIerだけではありません。自社製品・サービスを開発・運営しているような会社であれば、40代のプログラマー・SEが活躍している企業はたくさんあります。

それに、一般企業の情報システム部で社内SEになるという道もあります。

ですから、

  • SIerでマネージメント系の仕事をする!
  • 自社サービス企業でエンジニアを続ける!
  • 一般企業の社内SEになる!

と様々な選択肢があります。ですから、そんなに悲観的になることはないんじゃないかと思います!