社内SEからベンダーのSE・プログラマーになる方法

      2017/03/27

社内SEの女性

「社内SE飽きた、調整ばかりでつまらない…」
「コード書きたいのに書かせてもらえない…」
「業務も技術も身に付かない中途半端な立ち位置、将来不安…」

ベンダーのSEからすると社内SEって「まったり仕事出来そうでいいなぁ」と見えますが、社内SEから見ると「ベンダー・SIerのSEって技術力があって羨ましい」と見えます。

プロジェクトごとにいろいろな業種の仕事も出来る点もベンダーSEの良い所ですよね。

私はベンダーのSE経験の方が長いのですが、社内SEもやったことがあります。

そんな経験を踏まえて「社内SEからベンダーのSE・プログラマーになる方法」を紹介します。

社内SEは自分で作った感が希薄

流通業大手グループのIT子会社に勤めていた時の話です。この会社は元々、親会社の情報システム部を子会社した会社でした。別会社とはいえ、やっていることは情報システム部と変わらず、親会社のシステムを運用したり、要望を取り入れて改善していました。これが私の社内SE経験です。

私が担当していたプロジェクトの一つは高齢者向けマンション向けサービスで、食品などをタブレットで注文できるシステムの開発でした。

要件定義をして、基本設計をしたら、その後はベンダーに開発を投げて、進捗を確認する、進捗を待っている間に別のプロジェクトの改善や新規プロジェクトの要件定義を進めるといった感じでした。

「コード書く機会がない……。」

私の場合、コード書く仕事はシステムベンダー時代に十分やってたので良かったのですが、コード書いてないと勘が鈍るというか、開発されたソフトウェアに対する実感がありませんでした。設計するのと実装するのとでは、感じられる臨場感が全然違うように思います。

元々社内SEしかやっていなくてコードを書いた経験がない人は、システムが完成しても手ごたえが薄いんじゃないかと思います。自分が作った感がしませんよね。

システムベンダーから見た社内SE経験者の評価

「社内SEの人ってベンダーのSEをより業務に詳しい、関係部署の調整などコミュニケーション能力が高そう」

という好意的なイメージと共に

「社内の調整ばかりで、ITスキルは低く、業務知識も業務部門の人ほど詳しくない。スキルが中途半端な感じ

「金出す側だからって、やたら偉そうすぎてムカつく

というネガティブなイメージもあります。

ですから面接では、良いイメージをアピールしつつ、ネガティブなイメージの逆の人物になればいいんです。

まず、業務知識の有無はシステムベンダーからはよく分からないので、ふつうに自分がやってきた業務の話をすれば、

「おお、この人は社内SEだっただけあって、業務知識が豊富だな、上流工程を任せられそうだな!」

と評価されると思います。社内SEの人は業務部門のスタッフに比べれば業務知識が少ないでしょうけど、システムベンダーの社員よりはずっと業務に精通しているわけですから、そこはふつうにアピールポイントになります。

システムベンダーのSEはプロジェクトを担当してる間のみ、その業務空間にいるのに対し、社内SEの人はずっとその空間にいるわけですから、知らず知らずのうちに業務知識が身に付いているはずです。

あとは話し方を謙虚にすれば、「この人、社内SEだったのにめっちゃ謙虚でいい人じゃーん!」と「不良がたまにいいことすると褒められる」みたいなギャップ効果を生み出します(笑)

問題はITスキルです。

プログラミングは独学で身につけられる

プログラミングって難しく思われがちですが、初心者向けの本やWebサイトを見て、書かれてる通りにコードを打ち込んで実行してみる、それを繰り返していくと自然と身に付きます。

プログラミング言語って言葉ですからね。私たちが日本語を覚えたのも、親や周囲の人が話しているのを聞きながら、真似してしゃべっている内に身に付くというプロセスを経ています。

プログラミングも同じで、本やWebサイトに書かれているお手本のコードを書き写して実行している内に自然と覚えてしまいます。

これは初心者だけでなく、上級者でも新しいプログラミング言語を覚える時には同じです。「お手本を書き写し、実行する、それを繰り返してるうちに自分で書けるようになる」全く同じなんです。

ですから、プログラミングを修得するのってそんなに難しくないし、そんなに時間もかかりません。

もちろん、仕事でプログラミングした方が上達は早いので、ベンダーに転職してから学ぶでもOKだと思います。

まとめ

・ベンダーに転職するには「業務知識や上流工程のスキル」をアピールすると良い
・プログラミングスキルは独学でも学べるし、さほど難しくはない。ベンダーに転職後に学んでもいい

以上です。ぜひ参考にしてください!

転職活動はやってみると簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているDODAがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはレバテックフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもレバテックフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は関東圏です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - キャリア ,