プログラマーSEが『仕事を速くする』方法

   

プログラマーSEが仕事を速くする方法

「仕事速い人うらやましい…」
「いつも締め切りに追われてる…」
「スケジュールがいつも遅延で日程組む意味がない…」

「仕事を速くする」と言うとライフハック的にショートカットキーを覚えるとかっていう作業の一つ一つのスピードを上げるみたいな方法がよく紹介されています。

確かにそれらをやってくことで作業効率があがり、仕事を速くすることが出来ると思いますが、せっかくなので別の観点で考えてみます。

仕事が速いは2種類ある
自分側の体感と他人の体感です。
自分が「この仕事早く終わったなぁ、うまくいったなぁ」というのと、他人から見て「この人、仕事早いなぁ、頼んだことすぐやってくれるなぁ」という2つです。

仕事において、より重要なのは「他人から見た速さ」です。自分から見て「俺って仕事早いわぁ、イケてるぜぇ!」と思っていても、他人から「あいつ、仕事おせーな、使えねーな」と思われていては意味がありません。

なので、ポイントは他人から「仕事が速い」と思われることです。

他人の想定を超えた速さで仕事を終える方法

「これやっといて」と言われた時に、どれくらいの速さで終わらせることを期待しているかを考えます。
仕事を頼まれたら、いつまでに終わらせてほしいのか聞くことをセットにするんです。

「今週中に終わらせてくれればいいよ」とか「今日中に終わらせてほしいな」とかいろいろあると思いますが、ポイントは、言われた期間よりも大分早く終わらせることです。出来たら半分以内の期間で終わらせると、「こいつ、めっちゃ早い」という印象を与えられます。

ですから、言われた期間に間に合いそうにない場合は、その時点でそれを伝えます。

「これとこれとあれを先にやらなければならないので、今日中にその仕事を終えることは難しいです。」と伝え、

「じゃあ、どれくらいで終わるの?」と聞かれたら余裕を持った期間を答えます。

「3日後になら完了できます。」と答える場合は実際の作業見積もりでは2日後に完了する見込みに一日分余裕を持たせています。

日程に余裕を持たせる2つの利点

こうすることで、相手には3日後に終わることを期待させて、実際は2日後に終わるので仕事が速い印象を与えることが出来ます。

単に心理的な印象操作をしているわけではなく、実利があります。それは、日程に余裕を持たせることで作業が予定通り進まなかった場合にもリカバリーする期間があるので、約束した日に間に合わせられる可能性が高いということです。

先ほどの例でいえば、2日後に終わる予定の作業を3日後に終わると伝えておいて、実際2日後に終わらなくても1日分余裕があるのでその間に終わらせることが出来る可能性が高いわけです。

続いて別の観点からも考えてみましょう。

早く終わらせるには早く着手する

やろうと思っていてもなかなか着手できないということはよくあります。

「これめんどくさいなぁ、難しそうだなぁ、大変そうだなぁ」

やる前に億劫になってしまうことってよくありますよね。

こういう時に感情を排除してルールに従うことをルールにするといいと思います。

「今から10秒以内に作業開始する」

と心の中で宣言して10を数え始めます。10,9,8,7と数え始めると、「えぇーい、やったるわい!」と気持ちが切り替わって、作業を始めることが出来ます。

何かを始めるのって大きなエネルギーを必要とします。車も止まってる状態からアクセルを踏む瞬間が一番エネルギーが必要で、スピードが出れば惰性で進める割合が増えていきます。

始めてしまえば、半分は勝手に進む

作業も同じです。始めてしまえば、ある意味で惰性で進める面があります。どんなコードを書くか考え始めると、考えることで次の考えが浮かび、それがまた次の考えの元となり…、という連鎖が続いていきます。ですから、10数えたら開始する、10も必要なければ5数えるなどの陽に自分の中で作業を開始するルールを決めてしまえばいいわけです。

どっちみち、作業にかかる時間は一緒です。1時間かかる作業があるとします。今すぐ作業に取り掛かった場合、1時間後に終わります。「めんどくさいなぁ、やりたくないなぁ」と思いながら20分間ネットサーフィンした後に作業開始するなら、終わるのは1時間20分後です。

ですから、早く開始した方がいいわけです。とはいえ、頭ではわかっていてもなかなかできないもんです。だから、10のカウントダウンで作業開始する等のルールを決めてそれに従うという仕組みを入れるというわけです。

まとめ

・他人の想定を大幅に上回るスピードで作業を完了させることを意識する。その為には日程を実際の見込みよりも後ろに設定する。
・作業を開始するまでに躊躇する時間をなくすために10秒カウントダウンしたら作業を開始するなどのルールを設ける

ということです。ぜひ試してみてください。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - ITエンジニア成功術 , ,