プログラマーSEが仕事に使える『質問力』

2016年10月6日に投稿 → に更新

プログラマーSEが質問力を仕事に活かす 方法

「質問がうまい人っているよな…」
「うまく質問できると相手の本音が引き出せたり、話がまとまるよな…」

「質問することによって会話が弾む」みたいな話がよくありますが、それだけでなく、質問には問題を解決する・膠着した状況を突破するといった強力な力があります。

そんなわけで今回は「仕事に使える質問力」を紹介します。

問題を率直に指摘するのは逆効果?

「お客さんが仕様をなかなか決めてくれない、社内の要望をまとめられないせいでスケジュールが遅れている」という場合はよくあります。

それを直球で「そちらが仕様を決めてくれないせいでスケジュールが遅れてます。早く決めてください」と言うと、ケンカになります。「こっちだって一生懸命やってるんだ、開発側が良い案を持ってこないからいけないんじゃないか?!!」と非難のし合いになってしまいます。

こういう場合、言い方をちょっと変えるだけで結果はまるっきり変わります。質問という形に変えると、角が立たず、前向きに問題解決しようという思考に変えることができるんです。

非難するのではなく解決策について質問しよう

「どうしたら社内の要望をまとめられますか?どうしたら仕様を決められますか?そのために私たちにできることはありませんか?」

などと言えば、「この部分を詳しく説明する資料があると話をまとめやすくなります。」という回答が得られるかもしれません。大きな前進です。そして、敵対関係から協力関係へと関係が変わります。

つまり質問することで角の立たない問題の指摘が出来て、かつ関係性もよくできるわけです。

質問されると脳は喜ぶ!

「どうしたら仕様をまとめられますか?」と質問されると、脳は喜んでその解決策を考え出します。するとクリエイティビティが発揮されて解決策が出てきます。

逆に、今うまくいっていないという状況は、「なんで、仕様がまとまらないんですか?」とマイナスの質問をしているから引き起こされているとも言えます。このような質問をされると、仕様がまとまらない理由を脳は考え出します。「ステークホルダーの誰々さんが自分の責任になりたくないから、決めないせいで、他の人も自分の責任になりたくないから黙り込んでいるからだ」というようなうまくいかない現実が見えてきて、そこにフォーカスすることでうまくいかない現実が強化されてしまいます。

どういうことかというと「私が悪いんじゃない、あいつらが悪いんだ」と考えることで、状況を改善する思考や行動がとれなくなります。それによって悪い状況が固定化されて強化されてしまうということです。

そこに「どうしたら仕様を決められますか?」というプラスの質問をすると、解決する方向に向かって思考し、解決する状況を思い浮かべるようになるので現実が変わります。

ですから、質問力とは会話を弾ませるためというものだけでなく、問題を解決する・膠着した状況を変えるという使い方も出来ますので、ぜひ活用してみてください。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - コミュニケーション , ,