プログラマーSEが『少食』になるメリット

   

プログラマーSEが少食 になるメリットダイエットとか、長生きするための秘訣のような話で少食になるといいっていう話はよく聞きます。現代人は食べ過ぎで、本来の人間の食べ方とかけ離れてるみたいな話です。

アメリカのプログラマーの典型的なイメージってハンバーガーとポテトやピザを山ほど食べて、ずっとPCの前に座っていて、ヒゲがモジャモジャでめっちゃ太ってるみたいなのが浮かびます。

これくらい太ってる場合は健康のために少食になって痩せる=健康的な体型になるというメリットがありますが、ここまで太ってなくても、少食になるメリットはあります。

「少食になると生産性が上がる」という話です。詳しく紹介します。

朝食をバターコーヒーにすると、いろいろ捗る!

デイヴ・アスプリー著シリコンバレー式 自分を変える最強の食事という本があります。

この本の中で「朝、コーヒーにグラスフェッドバターとMCTオイルを入れて飲む」方法が紹介されています。

デイヴ・アスプリーさんはシリコンバレーの起業家で前述したアメリカのプログラマーの典型みたいな体型をしていて体調不良に悩まされていたのを克服するために、20年間に渡りさまざまな健康法や食事法を試し、体の数値の変化を検証したそうなんです。その結果たどり着いたのが、朝バターコーヒーを飲むというものなんだそうです。

グラスフェッドバターとは牧草の草で育てた牛から作ったバターのことです。グラスフェッドに対してグレインフェッドというものがあります。こちらはグレイン(穀物)で育てたという意味です。

日本で売られてる安いバターはグレインフェッドだそうです。グレインフェッドが良くない理由は

  1. 与えられる飼料の穀物の質が良くない(餌用だから人が食べるものに比べて品質が低い)
  2. 穀物の多くは炎症作用がある
  3. 成長を促すための成分が組み込まれている(自然な食べ物じゃないという意味)

などがあるそうです。

というような感じでこの本は、「この食べ物はこうこうこういう理由良くない」みたいなことが書き連ねられていて、じゃあ何を食べればいいんだということへの回答が、先程述べた

「コーヒーにグラスフェッドバターとMCTオイルを入れて飲む、これを朝食にする」

というものなんです。

人間には2つのエネルギーモードがある

MCTオイルというのはココナッツオイルから中鎖脂肪酸油を抽出したものです。
朝、MCTオイル入りのコーヒーを飲むことで、脂肪を原料として体が動くようになるそうなんです。
MCTオイルには脂肪を原料として体を動かすために必要なケトン体を作り出す働きがあり、かつ夕食後・睡眠中に糖分が使われてなくっている朝、飲むから余計に脂肪を使いやすくなるそうです。

原始時代の人間は現代のように食べ物がたくさんあるわけではなく、獲物を採れたときは食事にありつけるけれど、獲物が採れないときもあり、そういう場合は、体内にためてある脂肪をエネルギーとして活用していたそうです。

つまり、人間は元々

  1. 糖分をエネルギー源として活動している時
  2. 脂肪をエネルギー源にしてる時

という2種類のエネルギーモードを使い分けていたのです。

アイザック・H・ジョーンズ著世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術では前者をシュガーバーニング、後者をファットバーニングと呼んでいます。そして、人間はファットバーニングの時に高い能力・集中力を発揮するとのことでした。

ですから、本来の人間とは脂肪をエネルギー源と活用するものなんだそうです。しかし、現代人はいつでも糖分を得ることができるので、ファットバーニングの機会がなくなっています。そこで、朝バターコーヒーを飲めばいいという発想なのです。

この話って、南雲吉則さんの「一日一食」の話でも出てきました。一日一食も私は試したことがあるのですが、どうも自分には合わなかったようで健康効果は感じられませんでした。痩せはしましたけどね。

デメリットはないの?

ご飯を食べた後って、しばらくだるくなったり、眠くなったりしますが、バターコーヒーを飲む場合それがありません。とても気持ちが充実して高い集中力が維持されるんです。

「朝食がバターコーヒーだけじゃお腹減るんじゃない?」って思われたかもしれませんが、バターとMCTオイルが入っているせいか、お腹が減りません。代わりに集中力が増してきます。

「バターとか太りそうじゃん?」っていうのもそんなことなくて、脂肪を燃やすモードになるので太らないそうです。自分の体感としては、変な痩せ方をしなくていいなという感じです。

南雲吉則さんの「一日一食」をやってたときは、なんていうか体に元気がなくて、やつれたような感じになっていましたが、朝食バターコーヒーではそういったことがありません。

糖分って急激に取ると血管を傷つけるとか、体を錆びさせて老化させるとか、炎症が起きやすいとも言われてるので、そういう意味でも脂肪活用モードの時間帯を作ることはメリットがあると思います。

そんなわけでメリットありありなので、ぜひ試してみてください。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - 健康 ,