プログラマーSEが「他人に仕事を頼む罪悪感を消す」方法

   

プログラマーSEが仕事を頼む罪悪感を消す方法

「人に仕事を頼むのって苦手、全部自分で抱え込んじゃう…」
「人に仕事を頼むのって気が引けるんだよな…」
「自分がやるべき仕事とそうじゃない仕事の線引きは?」

他人に自分の仕事をやってもらうのって、なんか迷惑かけてる気がしちゃって気が引けますよね。みんな忙しいわけですし。

一方、ビジネス書にはよくこんなことが書かれています。
・他人ができる仕事はやるな!
・自分にしかできない仕事をやれ!
・自分がやりたい仕事をやれ!
こうすることで、自分のパフォーマンスを一番引き出すことが出来るという主張です。

確かにこれらは正しいとは思いますが、ちょっと自己中心的すぎる気がして実践するのは気が引けます。

そこで、もう少し視野を広げて、自分だけでなく組織のパフォーマンスを上げるといった所まで考えた方法論を紹介します。

組織の視点を持って考えてみよう

組織全体のパフォーマンスを上げるという視点に立ったうえで、他人に任せるべき仕事とは、「他人がやりたい事、他人が得意なこと」ですよね。

そして自分がやるべき仕事は「自分にしかできない仕事をする」ことです。ですが、その時のタスクの中にそのような仕事がない時もあります。

現実とビジネス書は違う

今やるべき仕事は、タスクA, B, Cの3つだとします。タスクAもBもCも、自分以外の人が出来る仕事だという状況もありえますよね。これは組織としては望ましいことです。特定の人の能力に依存せず、誰でも出来る組織体制になっているわけですからね。ただし、ビジネス書に書いてある「自分にしかできない仕事」はないわけです。いったい私はどの仕事をやればいいのだろう?ということになってしまいます。

他人と自分のバランスを取るべし

まず、他人がやりたい、得意、モチベーションが上がるものをその人がやるようにして、あまったものを自分がやるとすると、組織のパフォーマンスが上がることになります。

ですが、余った仕事が自分が全然やりたくないものとか、得意でないような場合があります。その時は、分担を考え直すべきです。

つまりは、自分と他人のタスクとの相性のバランスが一番いい状況を目指せばいいということです。
理想は、全員がそれぞれ得意だったりやりたい仕事を出来るようになるといいわけです。

この考えをベースに自分が担当している仕事の中で他人にやってもらった方が良いもの、交換した方がいいものを考えていくと、「他人に仕事を頼みずらい」「頼むと申し訳ない気がしてしまう」ということが亡くなると思います。

なんせ、その仕事はその人がやりたい仕事か得意な仕事なわけですからね。そして、それが組織全体にとっても、最もパフォーマンスが高まるわけですから、「頼むと申し訳ない」なんてことは全くなくなります。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - ITエンジニア成功術 ,