プログラマーSEが『手を動かす仕事』の重要性

2016年10月29日に投稿 → に更新

年齢が上がっていくと、部下に指示をするだけになり実務から遠ざかるという方は多いかと思います。

私も30代になってから、上流工程とPMだけを担当して実装作業を全くしない時期がありました。

作ろうとしているシステムの目的も仕様も分かるのですが、自分で実装しないため、「なんかしっくりこない、そんな感覚がありました。顧客に質問されて、それに答えていてもなんとなく地に足がつかない…、そんな感覚でした。

その理由は「自分が手を動かしてないから」なんです。

私がPMをやったそのプロジェクトはAndroidアプリの開発でした。私はWeb系の開発はたくさんやってきましたが、Androidアプリのコードは書いたことがなかったから、なおさらシステムへの実感がわきにくかったんです。

手を動かし試行錯誤してコードを書いていないと、わかってるようで、わかっていないトンチンカンなことを言う、そんな人になってしまいます。

これに加えてもう一つ、「手を動かす仕事をすべき理由」を転職エージェントから聞いたので、紹介します。

ITエンジニア共通の不安

多くのITエンジニアには以下のような疑問・不安があります。

  • 50代になった時にどんな仕事してるんだろう?仕事あるのかなぁ?
  • 50代でリストラされたらどうなるんだろう?

システム開発の職場に50代の人ってかなり少数派ですよね。いても、課長・部長のような管理職で現場でバリバリやってる人は希少です。

PMで50代の人は割りといますが、実質なんの仕事してるんだかわからないような、

「いてもいなくてもいっしょなんじゃないか?」

みたいな存在感だったりします。

「自分が50代になった時にリストラされたり、会社が潰れたりしたらどうなるんだろう?」そんな不安がありますよね。「いてもいなくてもいっしょな仕事」をしていたら再就職は難しいでしょうし。

そこで、転職エージェントの人に聞いてみたんです。

「50代で転職ってできるんですか?」

「50代で我々の転職サービスに登録される方はけっこうおられます。年齢的に苦戦される方が多いのですが、見つかる方はすぐに見つかります。

先日もビックデータ解析のエンジニアの方は40代後半でしたが、引く手あまたで、年収も高く提示されて、内定もいくつも出てました。特殊なスキルをお持ちの方は強いです。

とのことでした。そこで、

「特殊なスキルって誰でも身に着けられるものではないですよね。ふつうのエンジニアはどうすればいいんですか?

と聞いてみました。

年齢が上がっても再就職しやすい人の特性とは?

手を動かす仕事をされてる方は年齢が高くても、採用されています。逆に管理職やってました。みたいな方は苦戦されてますね。」

なんだそうです。よくあるダメな面接例で「あなたはどんな仕事ができますか?」と聞かれて

「部長をできます…」

と答えて、苦笑いされるみたいな笑い話をよく聞きますが、そういう人だと、実際再就職は難しいんだそうです。

なので、管理職になっても、できるだけ手を動かす機会を作ったり、でき上がったプロダクトのコードを読んでみるなどをしたほうが良さそうです。

もう一つエージェントが言っていたのが

性格が謙虚な方が採用されてる印象があります。IT企業って若い方が多いので、採用する側も高齢の方を採用する際に、若い社員とうまくコミュニケーションをとれるかどうかを心配されます。ですから年上だからと横柄な態度をとるような方は採用されませんね。

というもので、これは当たり前な気がしますよね。

年上だから偉いっていうのも意味分からないし、前職で部長やってたからって、新しく入った会社では新入りなのだから、偉そうにする方がおかしいですからね。

これ聞いて思ったのは、「手を動かしていないから偉そうになっちゃうんじゃないかな」ということです。

指示だけしてると、横柄になる?

手を動かしてコードを書いていると、難しいエラーに出くわしたり、何時間も掛けてデバックした結果、しょうもないイージーミスが原因だったなんでことがあって、「自分もまだまだだなぁ」と謙虚な気持ちになれます。

それが、部下に指示するだけだと、そういった試行錯誤を経験せず、苦労せずに知らぬ間にシステムが完成するので、大柄な気持ちになってしまいやすいのだと思います。

そんなわけでいろいろな意味で、「手を動かす仕事」の重要性を再認識しました。

おまけ: 給料で損した経験談

私と同じ失敗をされないよう経験をシェアしてます。

私が新卒で入った会社は社員数80名の零細ベンダーでした。

基本給は17万円で手取りは14万円くらいでした。仕事は客先常駐の業務システム開発(言語はJava)でした。

会社の先輩に「うちの会社って給料安すぎませんか?」って聞いてみたところ、

「どこもそんなもんだよ、ふつうふつう」

と言われて、「そうなのかなぁ…」と半信半疑ながら4年半勤めて年収は320万円でした…。

「やっぱ安すぎだろ!?」と思って試しに転職してみたら、

仕事内容はほぼ同じで年収が120万円もアップしたんです!

「こんなことがあっていいのか…」って感じですが、現実はどんな仕事をするかより、どの会社で働くかで給料が決まる面が大きいんですよね。

給料の高さが全てではありませんが、年収相場より大幅に安いという方は一度転職を検討してみると良いと思います。

相場がどれくらいか分からないという方はこちらの記事も、ぜひ読んでみて下さい!

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - キャリア , ,