プログラマーSE転職の平均年齢が上がり続けてる理由

      2017/01/05

仕事のできる中年男性

「最近、40代でもバリバリ現役エンジニアな人増えてる気がする…」
「今なら40超えても転職行けそうだよな…」
「プログラマー35歳定年説とか言ってたやつクソだなwww」

DODAの調査結果による技術系(IT/通信)の転職成功者の平均年齢は2007年下半期に30歳だったのが、2015年下半期には32歳になったそうです。8年間で2歳もアップしています。平均がアップしてるということは上の年代の転職が増えているということです。私自身30後半ですけど、まだまだ楽勝で転職出来そうな気がしています。

私はこれまでに三度転職しました。年齢は25歳, 31歳, 33歳の時でした。33歳からはフリーランスになったので、プロジェクトが変わるたびに再就職してるようなものです。年齢上がっても全然いけるなという手応えです。

そんな経験も踏まえて「プログラマーSE転職の平均年齢が上がり続けてる理由」を考えてみました。

プログラマー35歳定年説は業務システムのSESだけの話

業務システム開発の分野ではSES(システムエンジニアリングサービス)という業態があります。

簡単に言うと、エンジニア派遣ビジネスです。エンジニアを一人1か月派遣したらクライアント企業から80万円もらえるみたいなビジネスです。

このビジネス、エンジニアの種類によって単価が異なります。
・プログラマーなら60万円
・SEなら80万円
・PMなら100万円
といった具合にです。

35歳の社員がプログラマーをしていると会社への売り上げが60万円にしかなりません。
25歳のプログラマーも同じく売り上げは60万円です。しかし35歳の社員の方が給料は高いとなると、会社としては、35歳の社員にはプログラマーではなく、SE、あるいはPMにさせようとするのが自然ですよね。

このような事情からプログラマー35歳定年説が生まれたのです。ですから、エンジニア派遣ではない、自社サービスやプロダクトを開発・運営しているような会社であれば無関係なのです。

ゲーム開発では40代で現役バリバリの凄腕プログラマーがたくさんいる

私が以前参加したスマホゲーム開発の会社は、コンシューマゲームで長年実績がある会社でした。スマホゲームというと若い人が作っている印象がありますが、そこには、40代の凄腕プログラマーがたくさんいました。

自社製品を開発してる企業にとってプログラマーは企業の競争力の源泉です。プログラマーは知識労働なので、経験を積めば積むほど、能力が上がります。よって、40代50代の凄腕エンジニアがいて当然なんです。

雇う側の意識も変わっている

先日、転職エージェントに話を聞いたのですが、「以前は35歳以上になると求人がガクンと少なくなったのですが、この頃はそうでもないんです。」とのことでした。

その理由は「エンジニアがそれくらい足りていないから」とのことでした。

IT技術の需要はインターネットの発展にともない急増し続けています。
ECサイト、ブログ、SNS、スマートフォン、ビックデータ、IoT、AI(人工知能)と今も拡大し続けています。

それに対してITエンジニアの数が追いついておらず、いつでも求人がたくさんある状況です。ITエンジニアってなるのに特別な才能はいりませんが、コツコツ作業を続けられる性格とか、向いてる人って案外少ないんだと思います。

なので、転職したいけど年齢的に難しいかなぁという方もチャンスは満載なので、ぜひチャレンジしてみてください!

転職活動はやってみると簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているDODAがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけで簡単に派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるので、実はとてもいい選択なんです。

 - キャリア ,