プログラマーSEが転職で迷った時の判断基準

2016年4月28日に投稿 → に更新

転職しようか迷う男女

「転職したいけど、失敗するのが怖い…」
「とはいえ、今の会社はもう嫌だし…」

転職って大きな決断なので迷いますよね。

迷うこと自体は悪いことではありません。迷ったまま決断できないのが良くないんです。

決断しないことには、何も進みません。永遠に迷い続けることになります。

そうこうしてるうちに、「やっぱりやらなくていいや…」ってことになってしまいます。これでは何も変わりません。

私はこれまでに三度転職を経験しました。その中で何度も迷いましたが、自分なりの方法で決断してきました。

その結果、年収が上がったり、仕事の幅が広がったりと良いことがたくさんありました。

そんな経験を元にして考えた「転職で迷った時の判断基準」を紹介します。

迷い1. 転職に失敗したらどうしよう?

転職を考えているということは、今いる会社に不満を感じているということです。不満を感じる会社に居続けるって、既に失敗ですよね?

つまり「今いる会社に居続けること自体が失敗」なんです。

今が失敗状態なのですから、転職していまいちな会社に入ってしまっても、「失敗 → 失敗」なので、何も失いません。

きちんと考えて転職をすれば、失敗 → 成功になる可能性が高いのですから、やらなきゃ損です。

迷い2. 自分なんかが転職できるだろうか?

今の会社であなたは仕事をしています。就職できています。会社から必要とされています。

今の会社で必要とされているあなたは、他の会社でも必要とされるのが自然です。

中途採用で募集しているのは、「ふつうのエンジニア」です。特別な天才を募集しているわけではありません。ですから、今の職場でふつうに仕事ができているあなたは転職できて当然なんです。

私も「ふつうのエンジニア」ですけど、ふつうに余裕で3回転職できましたからね。

迷い3. 転職して年収下がったらどうしよう?

内定が出たら、年収額が提示されます。提示された年収額が今の会社よりも低かったら、断ればいいだけです。内定が出たからといって必ず入社しなきゃいけないわけではないですからね。

内定を辞退することに罪悪感を感じる必要はありません。どのみち複数の会社から内定をもらった場合、どちらかの会社に入社するにせよ、入社しない方の会社には内定を辞退することになりますからね。

迷い4. 転職して激務になったらどうしよう?

面接で「みなさんいつも何時くらいに帰られてるんですか?」とさりげなく聞いてみれば、だいたいの残業時間は分かります。

加えて、面接官や通路ですれ違う社員の顔もよく見ましょう。会社によってけっこう違います。

  • 疲れた顔してる人が多いなぁ…
  • 明るい表情の人が多いなぁ!

と様々です。

これに加えて、キャリコネってサイトに企業の従業員による口コミ情報が集まっています。食べログの企業版みたいなサイトです。このサイトを見れば、残業時間とか社風とかも大体わかります。

転職先の人間関係になじめなかったらどうしよう?

考え方を変えるだけで解決します。

「会社は仕事をする場であり、プライベートとは違う」

これを意識するだけでうまくいきます。

会社は仕事をする場なので、友達を作ろうとして、おもしろいことを言おうとしたり、ノリを良くする必要はありません。却って不自然なコミュニケーションになってしまいます。変に意識して仲良くなろうとしなくていいんです。

仕事に集中すればいいんです。打ち合わせなどで自然とコミュニケーションは生まれます。仕事をきちんとこなせば信頼が育まれます。これが会社における人間関係です。これさえわかっていれば、どんな職場でも自然となじめるはずです!

転職すると、働く場が変わり、仕事をする相手が変わり、仕事の内容・身につくスキルも変わります。つまり、人生が変わります!

今の職場に不満があるのであれば、勇気を出して一歩踏み出してみてください!

転職活動はやってみるとかんたん!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたよりかんたんで、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているワークポートがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはレバテックフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもレバテックフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は関東圏です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者ならかんたんに解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - メンタル , ,