Webエンジニアが『激務』から解放される方法

      2016/11/26

激務でしんどい女性

「毎日遅くまで残業辛すぎ…」
「休日にトラブル対応で電話掛かってくるのめっちゃ憂鬱…」
「Web系でホワイト企業ってないかなぁ?」

激務って充実してる感じもしますけど、ふと冷静になると、ただしんどいだけですよね。
日中忙しいのはいいですけど、拘束時間が長いと、生きるために仕事をしていたはずが、仕事をするために生きてるような、鶏が先か卵が先かみたくわけわからなくなってしまいます。

私は10数年ITエンジニアをやっているんですけど、労働時間って会社によってホント全然違かったんですよ。IT企業でも残業がほとんどない会社もけっこうありました。

そんな経験を踏まえて、今回は「Webエンジニアが激務から解放される方法」を紹介します。

まずは自助努力をしよう!

激務でしんどいのは基本的に労働時間が長くなることですよね。
仕事量は多くて忙しくても、毎日必ず定時であがれるとしたら、それって激務じゃないし、しんどくもないですよね。

なので、労働時間を短くすることを目指す、これが答えです。

生産性は上げられる

単純な話、よく書くコードのテンプレートを作っておくだけでも生産性は上がります。一から自分で打っても数分で書けるかもしれませんが、それが数秒で書けるというのは積もり積もれば結構大きな差になります。

もう少し大きく生産性を上げる方法はコミュニケーションの効率を上げることです。プログラマーって、案外人と話すのが多い職業ですよね?打ち合わせをしたり、問題の解決法を質問したり、されたりと。

こちらから話しかける場合は、聞きたい内容を整理して簡潔に説明できるように準備したり、単純な話、速くしゃべるだけでも時間を短縮できます。脳科学的にも、速く話すと、脳のクロックサイクルが速くなって頭の回転が速くなるそうです。自分が速く話すとそれを聞いてる相手もつられて、話すテンポが速くなるそうです。ですから、速く話すだけで自分と相手の生産性を上げることが出来てとてもいい方法だと思います。

もう一つの方法はもっと抜本的な変更をする方法です。話し合う内容自体から無駄を大きく省くのです。

打ち合わせの生産性を上げる方法

楽天では「会議は意思決定する場であり、説明をする場ではない、よって、説明資料は事前に参加者に配布し読んでくるルールにして、会議では説明は一切せず、意思決定のみをするようにしたら、会議の時間を大幅に減らすことに成功した」とのことです。

これすごく良い方法ですよね。確かに会議の大部分は話し合う内容の説明に費やされています。会議で大事なのは結論を出すこと = 意思決定をすることなので、楽天ルールはとても有効だと思います。

とはいえ、こちらは一人では実践できません。チームに楽天ルールを提案して皆に実践してもらわなければなりません。私も以前この提案したことがあるのですが、受け入れられませんでした。

こういう場合、転職するのも手だと思います。生産性を上げるには生産性の高い集団に身を置くのが一番ですからね。

残業の少ない会社はある

私が以前勤めた、あるベンチャー企業は、定時を過ぎて30分も経つと従業員のほとんどが帰っているという超ホワイト企業でした。

この会社は家電量販店のECサイトを開発運営している会社でした。

2週間ごとに改修をリリースしていたので、常にタイトなスケジュールでしたが、2週間の計画なのでそれほど予定とずれることもないし、予定より遅れた場合も、次のリリースに回すなどして臨機応変に対応していたので、ほとんどの仕事が定時に終わっていたのです。

定時で帰ることが習慣化すると、体力的に余裕があるので、集中力がありまくる状態で作業できるので、マッハなスピードで仕事が進みます。これってすごい快感なんです。ぐんぐん仕事が進むのって気持ちいいですよね。

この会社以外にも、残業がほとんどない会社って結構ありました。業種もいろいろで業務システム開発でもWebサービスでもスマホゲームでもそれぞれ残業がほとんどない会社はありました。

ですから、そういう会社を探して転職活動するのも良いと思います。探せば絶対見つかると思います。

転職はやってみると思ってたより簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、DODAがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、DODAは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にDODAを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

DODAは全国に拠点があるので地方在住の方もご利用いただけます。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけで簡単に派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるので、実はとてもいい選択なんです。

 - 仕事術 ,