プログラマーSEが転職してワークライフバランスを取り戻す方法

      2017/04/17

温泉に入る男性

「ITエンジニアでワークライフバランスとか無理だろ!?」
「…とはいえ、暇なプロジェクトってけっこうあるよな?」
「今月毎日定時帰りだった!!」

2ちゃんねる等の掲示板サイトでは、

「ITエンジニアは長時間労働が当たり前できつい仕事だ」

という論調が多いですが、私の経験とは大きくずれています。

私は10年以上ITエンジニアをやっていますが、これまでに月40時間以上残業をした月は片手で数えられるほどです。

仕事の工夫の仕方で残業を減らせる面も多々ありますが、一番大きいのは残業の少ない職場に移ることです。私の場合、転職してブラック企業に入社してしまった時には長時間労働を強いられました。どう働くかより、どこで働くかの方が労働時間という意味では大事だと思います。

そんな経験を踏まえて、「ITエンジニアがワークライフバランスを取り戻す方法」を紹介します。

残業がほとんどない職場は存在する

私は何度も残業がほとんどない職場を経験したことがあります。それは以下の2つです。

  1. 暇なプロジェクトでの仕事
  2. 会社全体の残業時間が少ない会社での仕事

1. 暇なプロジェクトでの仕事

客先常駐で業務システム開発をする場合、参加するプロジェクトによって残業時間は全然違います。

顧客の意思決定が遅いために、やる仕事がない場合ってけっこうあります。いわゆる待ち状態ってやつです。

やることがないので、その間は当然、何か調べ物(そのプロジェクトで後で使いそうな技術など)をしたりして、定時になったら帰ります。

時々、顧客と打ち合わせをしたりもしますが、なかなか話が進まなくて、やることがない状態が1か月以上続いたこともあります。その間毎日定時帰りでした。それでも顧客としては人員をキープしておく必要があるので、契約は続くのです。

毎日定時帰りで楽なのはいいですけど、いわゆる「飼い殺し」状態であり、暇すぎるのも考え物です。とはいえ、前のプロジェクトでハードワークだった人にはちょうどいい休憩になるかと思います。

狙って入るのは難しいですが、こういう暇なプロジェクトってけっこうあると思います。

2. 会社全体の残業時間が少ない会社での仕事

ECサイトの開発運営を委託されてるベンチャー企業での話です。その会社は顧客と長い付き合いがあり信頼関係が築けていたため、適切なペースで仕事ができていました。

二週間ごとに機能改修をリリースしていたのですが、予定していたものが間に合わない場合、次の改修に回すなどのように柔軟な対応をしていたのです。

こういう風に健全な運営がされている会社だと残業ほとんどなく、良いペースで仕事をすることができます。

残業の少ない会社を見分ける方法

求人情報に書かれている残業時間をチェック

残業20時間程度とか書かれてる求人ってありますよね。月の残業が20時間だとすると、営業日が月20日なので、一日の平均残業時間が1時間になります。かなり少ないですよね。

ですから、このようなことが書かれている企業に応募するのも良いと思います。

面接で『さぐり』を入れる方法

さりげなく聞いてみるといいと思います。

「残業時間ってどれくらいですか?」と聞くと、「残業したくないのかなぁ?」と取られてしまう可能性があります。これだと、さりげなくありません(笑)

「住まいはどちらの辺りに住まれてる方が多いんですか?…なるほどぉ、けっこう遠くからも通われてるんですね。みなさん普段は何時くらいに帰られてるんですか?」などと話の流れの中で自然に聞けば、雑談の一種という印象になります。

後は、面接官の顔を見て、

  • 疲れてないか
  • ストレスと溜まってそうじゃないか

をチェックするといいと思います。「百聞は一見に如かず」です。「そんなに残業してませんよ」とは嘘でも言えますが、残業してない健康的な顔は嘘ではできません。

そんなわけで今いる職場が激務過ぎて辛いという方はこの記事を参考にして、一刻も早くワークライフバランスを取り戻してください!

転職活動はやってみると簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているDODAがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはレバテックフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもレバテックフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は関東圏です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 健康 , , , ,