ホームお問い合わせプロフィール未経験→就職転職合格率年収の相場ブラック企業判別定時帰りする方法

プログラマーSEが富士通へ転職成功するポイント

2016年6月7日に投稿 → に更新 企業研究

富士通に転職したい!

「富士通みたいな大手企業で働きたい!」
「元請けで面白い仕事出来そう!」
「ソフトもハードも持ってる会社っていいよな」

富士通いいですよね。最近のIT企業ってソフトウェア開発だけの会社がほとんどですが、富士通クラスになると、自社のハードウェアも持っています。自社のハードウェアもセットで提案できるので利益率も高そうです。

私は以前、ある金融機関のプロジェクトで富士通の人と仕事をしたことがあります。

その時の経験もふまえて、富士通の中途採用応募に役立つ情報を紹介します。

私の富士通仕事体験談

金融系システムの案件でした。

私は金融機関系IT子会社の下請け要員として参画したのですが、富士通の方は関連する別プロジェクトに入っていて、時々絡みがありました。

皆さん穏やかで、やさしい感じの人が多かったです。ハードウェアやミドルウェアが富士通製だったので、私の作るプログラムも富士通のDBであるSymfoware(シンフォウェア)にアクセスするものでした。特に癖のあるDBではなかったので、ふつうに知ってるSQLを書けました。

富士通の社風は?

仕事自体は別プロジェクトだったので、それほど絡みはなかったのですが、飲み会やカラオケに行ったことがありました。みなさん気さくでノリがいい感じでした。

忙しさは?残業多い?

残業時間は、ふつうだったと思います。忙しい時もあるし、割と暇な時もある、そんな感じだと思います。

まぁ、これは入るプロジェクトによると思いますが、どれくらい残業してるかって顔を見るとある程度分かります。

富士通の皆さんは健康的で目にクマとかなかったので、ほどほどの労働時間だったんじゃないかなと思います。

募集要項を分析

富士通のホームページを見てみた所、中途採用ページは「順を追ってアップして参ります。」となっていたので、新卒採用のページを見てみました。

システムエンジニア職

お客様とコミュニケーションをとりながらカタチにする

ICTに関する知識やさまざまな知恵を駆使し、具体的なシステムとしてカタチにして、お客様の課題を解決していく仕事です。パソコンに向かってプログラミングするだけでなく、業界や業務をお客様以上に理解した上で、お客様とコミュニケーションをとりながらカタチにしていきます。特定の業種や業界をお客様とするシステムエンジニアや、新しい技術の提供をサポートするシステムエンジニアなど業務は様々です。

とのことで、まぁ通常の元請け企業のシステムエンジニアって感じですね。

ソフトウェア開発職

市場やお客様ニーズに応えて幅広く対応する

ユーザーに近いアプリケーションソフトやミドルウェア、クラウド・コンピューティングを支える大規模システムや、サーバの安定稼働を実現するためのソフトウェアなど幅広く開発を行っています。営業やシステムエンジニアから得た市場やお客様ニーズを考慮し、プランニング、プログラミング、テスト等の工程を進めていきます。

こちらは自社製品開発ですね。富士通なら自社製品もたくさんあるので、製品開発職もたくさんあるんでしょうね。