日本のプログラマーの地位が低い理由

に投稿

部長に怒られるエンジニア

私自身、プログラマーとして仕事をしてきた中で、エンジニアの地位の低さを感じたことがあります。

その経験を踏まえて、地位が低い理由とそれに対する向き合い方を紹介します。

理由1. 比較対象がシリコンバレー

地位が低いと感じる理由は二つあります。

一つはSIerのプログラマーとシリコンバレーのソフトウェアエンジニアを比較しているということです。

SIerのプログラマー、いわゆるPGみたいなものとシリコンバレーのソフトウェアエンジニアを比較したら日本のプログラマーって地位が低いよなっていうふうに思われると思います。

例えば単純な話、年収が全然違うとか、技術の水準・レベルも違います。

SIerのプログラマーは作ってるようなシステムの受託開発とシリコンバレーで世界的にスケールしてるようなあのサービスのを開発する技術っていうとレベルが違います。

会社としてもエンジニアとしてもやってることが全く違うものを比較してるから日本のプログラマーって地位が低いよねって感じられるというのがあると思います。

理由2. SIer特有の序列

もう一つの理由はSIerでは、SEよりもプログラマーの方が単価が高いので、SEより単価が低いPGのちいがが低いってことになります。

SIerとはふつうの一般の事業会社から「こういうシステムを開発してください」って依頼されて開発するような会社です。

例えば、三菱東京UFJ銀行から「オンラインバンキングシステムをつけてください」って言われてそのためのエンジニアを例えば一人派遣する毎に、

・プログラマー一人に対して70万円払います
・SE一人に対して80万円払います

みたいなことになります。

プログラマーよりSEの方が一か月分の仕事の単価が高いんです。

まりは日本のプログラマーというよりも、日本のSIerのプログラマーの地位が低いってことなんです。

自社サービス系企業には職業の序列はない

プログラマーにもいろいろあって自社製品自社サービスを開発する会社だと、私もフリーランスになってから何社かそのゲーム開発でのプロジェクトに参加しました。そこではエンジニアの地位がSIerよりも高くて、何ていうかエンジニアの地位が高いというよりはそれぞれの職種へのリスペクトがあったんです。

自社サービスのプロジェクトチームは、

・プロデューサー
・ディレクター
・デザイナー
・エンジニア
・運用保守

という構成でチームを組まれています。

おそらくプロデューサーが会社的には一番偉いだけど、いかにも偉そうって感じじゃなかったんです。

序列ではなく役割の違い = リスペクト

プロデューサーとかディレクターはそのサービスの企画を作れるけどシステムは作れないんでソフトエンジニアに対するリスペクトが生まれます。

じゃあエンジニアだけで全部作れるかっていうとそんなこともなくてデザイナーがいるからその見栄えが良かったり、使いやすかったりするデザインがあるわけです。

デザイナーはデザインはできるけどシステムの実装できないから、自分がデザインしたものを実装してくれるエンジニアに対するリスペクトがあります。

そして、運用保守の人達がサーバーがちゃんと動いてるかどうかを確認したり、イベントとかのオペレーション「何日に特別のガチャのイベントをやります」みたいなオペレーションをしてるからユーザーを楽しませることができるんです。

それぞれ自分ができることをやって、できないことを他の役割の人がやってくれているという、上下関係じゃなく互いにリスペクトがあって良い職場だな思いました。

SIerにも良さはある

SIerだと単価が高いから偉いみたいなこととか、PMが指揮命令してるから偉いみたいな感じになっちゃってるのが残念です。

そうなってしまう理由としては、労働に対して顧客企業からお金をもらうっていうビジネスなんて、もらえるお金によって上下関係が決まってしまうのかなと思います。

じゃあSIerってそんなだめなのっていうと別にそんなことなくて、僕も10年ぐらいやってたけどSIerのいいところはまず入社しやすいことです。

最初のスタートとして「プログラマーになりたい、IT エンジニアになりたい」っていう人があのSIerと自社サービスの会社を受けてや自社サービスの方は受からなかったけどSIerにじゃ受かったとします。

SIerで1年とか2年とか経験を積めば、プログラマーの経験者になれるんです。

経験者として、再度自社サービス系の会社に応募すれば良いんです。

あるいはSIerの仕事を気に入ったら別のもっと条件のいいでSIerに転職して年収アップするみたいなことをやるのもいいでしょう。

少しずつ良い職場環境へ移ればいい

私もそういう感じでステップアップしてきました。

新卒で入ったSIer(80名ぐらいの会社)はあんまり年収が良くなかったんで、東証一部の大手のSIerにかんたんに転職できたんです。

その後、事業会社のIT子会社に転職して、さらにフリーランスに転身して今に至ります。

とにかく最初のスタートさえきれれば、その後は身につけたスキルを元に次の職場に移ることができます。

最初に入りやすい所っていうのがあるとスタートが切れます。

そういう意味で入りやすいIT系企業としてSIerがあることはすごくいいことだと思います。

ということで、シリコンバレーと比べちゃうと日本のプログラマーって地位が低いねって思っちゃうかもしれないけど、そもそも国もやってるこもが違うから、そこは比べても仕方がありません。

とにかくITエンジニアとしてスタートを切って、そこから次のステップへと進んでいく、それを繰り返していく、それが大事なのかなと思います。

プログラミング初心者におすすめのサービス
1. 教室で学びたい派なら

プログラマカレッジは20代限定で、無料で受講できて、修了後、就職支援もしてくれるプログラミングスクールです。最高過ぎですよ、これ!!企業からの協賛金によって運営されいているため無料で受講できるんだそうです。すばらしいシステムだと思います!

30代の方には

プログラマカレッジは20代限定なので30代の方にはゼロスクがおすすめです。35歳以下なら無料で受講できます。教室も札幌、仙台、東京、大阪、神戸、福岡と全国展開しているので地方の方でも利用できます。

2. 自宅で学びたい派なら

TechAcademyの無料コースは20代限定でプログラミングのリモート学習 + 就職支援が無料で受けられるサービスです。なんといっても無料だし、就職に必要なスキルが身につけられるという意味でもやってみて損はないでしょう。

30代以上の方には

TechAcademyの無料コースは20代限定なので30代以上の方にはTechAcademyのJavaコースをおすすめします。Javaは求人が多くプログラマーとして就職したい方にはぴったりです。

3. つまづいた時に質問したくなったら

プログラマー専用の質問サイトteratailをおすすめします。 つまづいた時にteratrailで質問すれば教えてもらえます。

4. エンジニア未経験の人でも利用できる転職エージェント

ワークポートは未経験の人の転職活動も支援してくれますし、全国の求人を扱っているので地方在住の方にもご利用いただけます。お給料をもらいながら社内研修でプログラミングを学べる会社が狙い目です。

これらのサービスを活用すれば、全くの初心者からでもプログラミングをばっちり出来るようになると思います!レッツトライです!

 - キャリア