プログラマーSEから異業種に転職するとしたら何が良いか?

2015年3月12日に投稿 → に更新

a1640_000074

「プログラマーの仕事しんどすぎる、別の職業に就けばよかった…」
「SEに将来性感じない、早めに転職しなきゃ…」

残念なことですが、プログラマー・SEを辞めたいという声をよく聞きます。

理由は人それぞれでしょうが、一言で言えば、

「プログラマー・SEの仕事が嫌になったから」

なのでしょう。

私自身も辞めたいと思ったことが何度もあるので、辞めたい人の気持ちがよくわかります。

では、プログラマーSEから異業種に転職するとしたら何が良いでしょうか?詳しく紹介します。

第一候補は、一般企業の社内SE

プログラマーの経験を活かしつつ、別の仕事をということであれば、一般企業の社内SEが一番だと思います。

社内SEというのは一般企業の情報システム部門に所属する社員のことです。

社内SEは多くの場合、社内の情報システムの企画・開発の進捗管理・運用を担当します。会社にもよりますが開発は外注するケースが多いのでプログラミングをすることはほとんどありません。プログラミングしたくないという方には良いと思います。

社内SEの仕事にはプログラマー・SEとして培ったソフトウェア技術の知識が生かせていいと思います。

Webデザイナー

プログラマーSEであればちょっとしたHTMLは書けるという人は多いでしょうし、HTMLは一から学んでも難なくものにできるはずです。

デザインの知識を学んだり、センスを磨くのはかんたんではありませんが、とりあえずHTMLが分かっていればWebデザイナーとして雇ってくれる会社はあると思います。

経理などのコンピュータを業務に使う事務スタッフ

簿記は独学でも学ぶことができますし、最近の経理処理は会計ソフトを使って行われています。

プログラマーはコンピュータを扱うことに長けているので経理部門のスタッフとしても重宝されるはずです。

経理以外にもコンピュータを使って業務を行う仕事はたくさんあるので、そういった部門なら採用のチャンスがあるでしょう。

システム開発の職場はITに詳しい人がほとんどですが、一般企業の中には「パソコンは全くわからない」という人ばかりの会社もたくさんあります。一般企業に元プログラマー・SEが入るとコンピュータに詳しい人として重宝されます。

コンピュータスキルを活かして転職せよ

「コンピュータ自体が嫌いで使いたくない」ということであれば別ですが、プログラミングやシステム開発が嫌だということであれば、コンピュータを使った非開発職に就くのが良いと思います。

ワークポートなら、未経験から異業種へ転職できる求人をあつかっているので、あなたのスキルが活かせる一般企業が見つかると思います。それでは!

 - キャリア