PG・SEは中年までに管理職やPMになれなかったらクビになるの?

に投稿

現在大学4年で、2018年の4月から中小のIT企業に入社予定の者です。

いわゆるIT業界の「35歳定年説」について、不安なことがあるので教えていただきたいのですが、

  1. 一部の人がやがて課長や部長やPMになれるが、それ以外の人は生き残れない(首になる)ということでしょうか?
  2. もし生き残れなくなったら、その先は正社員ではなく、フリーランスや派遣社員としてプログラマをするということでしょうか?
  3. もし派遣社員やフリーランスとしてプログラマになるならば、正社員時代の経験は強みとしてアピールできますか?
  4. ベンダー資格等はとっておいたほうがいいのでしょうか?

読者の方から相談メールをいただきました。

同じような悩みを持っている方向けに回答内容を一部紹介します。

1. 課長・部長・PMになれなかった人はクビ?

課長や部長はポストの数が決まっていますが、PMはプロジェクトの数だけポストがあるので、PMは一部の人でなく大部分の人がなろうと思えばなれると思います。

また、課長・部長・PMにならなくても、上級エンジニア・コンサルタント・セールスエンジニア・営業等になって仕事を続ける人もいます。

2. もし生き残れなくなったら、フリーランスや派遣社員でプログラマをするの?

ある会社でエンジニア職をクビになったとしても、他社では雇ってもらえる可能性は十分あります。

今のところ、ITエンジニアは求人需要に対して供給(エンジニア数)が足りない状況にあるので、再就職は十分可能だと思います。

それにプログラマー35歳定年説は人月単価で稼いでいるSIerにおいて

「プログラマーはSEやPMよりも単価が低いので、35歳以上の社員に年相応の給料を払うにはSEやPMをやってもらわないと経営的にペイしない」

という理由によります。自社製品サービスを開発しているような会社では35歳以上でバリバリ開発している人はたくさんいます。

3. 派遣社員やフリーランスになる際、正社員時代の経験は強みとしてアピールできるか?

正社員が行う開発作業とフリーランス・派遣社員が行う開発作業は基本的に同じなので、正社員時代の経験は強みとしてもちろんアピールできます。

4. ベンダー資格はとっておいたほうがいいか?

私のこれまでの転職経験でベンダー資格が採用の決め手となったことはありません。

ただ「資格をたくさんお持ちで努力家なんですね。」という評価をされたことはあります。

そういう意味で勉強をする姿勢があるという評価をされるかもしれません。

それに資格取得のための勉強をすることで知識が身につくという意味ではプラスになります。

未来を心配しすぎずに今やりたいことを!

なんにせよ、先のことは分からないので、今やりたいと思う仕事、興味にある仕事をするのがいいと思います。

20年後はプログラミング自体をAIが自動的に行うようになっているかもしれません。わからないことを心配しても答えは出ません。

ですから、今、この瞬間、ご自身が感じていること、

「今どんな仕事をしたいか?どんな仕事に興味があるか?」

に従ってその都度決断していけばいいと思います。

プログラミング初心者におすすめのサービス
1. 教室で学びたい派なら

プログラマカレッジは20代限定で、無料で受講できて、修了後、就職支援もしてくれるプログラミングスクールです。最高過ぎですよ、これ!!企業からの協賛金によって運営されいているため無料で受講できるんだそうです。すばらしいシステムだと思います!

30代の方には

プログラマカレッジは20代限定なので30代の方にはゼロスクがおすすめです。35歳以下なら無料で受講できます。教室も札幌、仙台、東京、大阪、神戸、福岡と全国展開しているので地方の方でも利用できます。

2. 自宅で学びたい派なら

TechAcademyの無料コースは20代限定でプログラミングのリモート学習 + 就職支援が無料で受けられるサービスです。なんといっても無料だし、就職に必要なスキルが身につけられるという意味でもやってみて損はないでしょう。

30代以上の方には

TechAcademyの無料コースは20代限定なので30代以上の方にはTechAcademyのJavaコースをおすすめします。Javaは求人が多くプログラマーとして就職したい方にはぴったりです。

3. つまづいた時に質問したくなったら

プログラマー専用の質問サイトteratailをおすすめします。 つまづいた時にteratrailで質問すれば教えてもらえます。

4. エンジニア未経験の人でも利用できる転職エージェント

ワークポートは未経験の人の転職活動も支援してくれますし、全国の求人を扱っているので地方在住の方にもご利用いただけます。お給料をもらいながら社内研修でプログラミングを学べる会社が狙い目です。

これらのサービスを活用すれば、全くの初心者からでもプログラミングをばっちり出来るようになると思います!レッツトライです!

やりたい仕事をしよう!

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

1都3県・大阪京都兵庫・福岡近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。


あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - キャリア