ホームお問い合わせプロフィール未経験→就職転職合格率年収の相場ブラック企業判別定時帰りする方法

ズルズルと転職できないプログラマ・SEの特徴と解決策

2016年3月20日に投稿 → に更新 メンタル

弱腰の男性

「あの先輩いつも会社の不満ばっか言ってるくせに転職しないよな…」
「ずっと転職したいと思っているけど、なかなか踏み切れない…」
「転職先でちゃんとやっていけるか不安…」

「転職するする詐欺」みたいな人ってよくいますよね。

いつも会社の不満ばかり言っていて、「○○社と○○社から転職オファー来てるんだ」とか自慢してるのに、いつまで経っても転職しない人です。

私が以前勤めていた会社にもそんな先輩がいました。

その先輩ほどではありませんが、私も半分そんな所がありました。

  • 会社に不満を持っているのに、具体的な転職活動は何もしていない

そんな状態で1年、また1年と時が過ぎていったのですが、ある時、踏ん切りがついて、転職活動を始めたらあっという間に内定をもらえたんです。

そんな経験を踏まえて、「ズルズルと転職できないプログラマ・SEの特徴と解決策」を紹介します。

会社の不満を言うことで自分を正当化している?

ズルズルと転職しない人は多かれ少なかれこんなことを考えているのではないでしょうか?

「うちの会社はさぁ、営業力がないから、俺たちエンジニアがいくら頑張っても単価が上がらないのよ」

みたいな話です。これって会社を非難して自分を正当化しているだけです。「会社の問題を指摘できる俺かっこいい!」と悦に入っているのです。

しかし、そんな会社で仕事をしているのもまた自分なんです。

まさに「空に向かって吐いた唾は自分に向かって降ってくる」という話です。

新入社員に戻る勇気

転職をすると転職先企業から見れば新入社員になります。新入社員に戻ってしまうのです。

もちろん、新卒で入ってきた新入社員とは違いますけれど、「新しく入ってきた人 = 新入り」になります。

新入りとして、一から信頼を積み上げていかなければなりませんが、やってみると意外とかんたんだったんです。一か月もすれば、「この人ちゃんと仕事できるな」と思われるし、半年もすれば、元いた会社の頃にあった地位と同じくらいになってました。どこにいたって自分は自分なんです。

ですから、「勇気を持つ」それだけです。それもちょっとした勇気で十分です。

転職活動は外の世界を見る良い機会

ずっと同じ会社で仕事をしていると、「会社 = 世界」になってしまいます。

すると、それ以外の可能性が見えなくなってしまいます。

「うちの会社は営業力がないから売り上げが伸びない。だから俺の給料も上がらない。俺は悪くない」というように。

そうではなく、外の世界を見て、そこに飛び出せば、可能性はいくらでも広がります。

転職活動をすると、様々な会社や仕事があることを知れて、面接で実際に話を聞くことで、視野が広がって、

  • 自分にできること
  • 自分がすべきこと

が見えてきます。ぜひトライしてみてください!