SE・プログラマが33歳で転職する際に考えるべきことを経験者が教えます

2015年10月4日に投稿 → に更新

スーツの男性

「30超えたら転職って難しいかな?」
「そろそろ結婚とかもしなきゃいけないし転職してる場合じゃないかなぁ…」

33歳くらいになると、20代の頃と違って、仕事についても結婚についても考え方が少し変わりますよね。

若い頃よりも経験を積んで実力もついてきたけど、そろそろ冒険もできないかなぁと保守的な考え方になりがちですが、私の経験上それは無用の心配でした。

私はこれまでに三度転職し、

→ 零細SIer(社員80人)
→ 一部上場独立系SIer(社員5000人)
→ 大手流通業グループIT子会社(グループ社員50000人)
→ 以降フリーランス
→ ECサイト開発運営ベンチャー(社員10人)
→ 大手ブログサービス運営企業(3500人)
→ 大手コンシューマゲームソフト開発企業スマホ部門子会社(社員600名)

で仕事をしてきました。

私がフリーランスになったのもちょうど33歳の時です。まだまだ全然冒険できる年齢でもあります。

仕事の内容も、

  • 業務システム
  • Webサービス
  • スマホゲーム

と様々なジャンルをやり、働き方も、

  • 会社員
  • フリーランス
  • クラウドソーシング

とトライしてきました。

これらの経験を踏まえて、「SE・プログラマが33歳で転職する際に考えるべきこと」を紹介します。

30代前半は転職市場で最も有利

私は以下の年齢の時に転職しました。

  • 25歳
  • 31歳
  • 33歳

25歳の転職もスムーズに行きましたが、30代の方が応募先企業の反応が良かったように感じます。

25歳の時は企業側も「若いから、とりあえず採っとくか」みたいな雰囲気でしたが、30代の面接では、仕事の経験やスキルについてじっくり聞かれて「ぜひうちに来てほしい」とラブコールを送られました。

転職エージェントに聞いてみたところ、

「30代前半が一番求人数も多く、企業が最も採りたい年代」

なんだそうです。

新卒で入って10年ほど経験を積んで気力も体力も最も充実しているという評価らしく、良い会社に入るなら、この年代で勝負をかけるのが良さそうです。

私の場合、このタイミングでフリーランスになったのですが、優良企業に入るのも良かったかもなと思っています。

30代前半のエンジニアに求められること

一般的に、

「20代なら若くて、給料をそれほど高くしなくても雇えるのでポテンシャルで採用してもらえますが、30代となると即戦力を求められるし、リーダー経験なども重視される

と言われていますが、必ずしもそうではありません。

私の場合、33歳の時に業務システム開発からWebサービス開発へとキャリアチェンジをしました。案外スムーズに転身できたんです。

業務システム開発とWebサービスの開発とでは作るシステムも仕事の進め方も違いますが、余裕で採用してもらえました!

自分なりに考えてみると、

  • Javaやオブジェクト指向技術に精通していたこと
  • 設計から実装までの一通りの経験があること
  • 面接時の受け答えの仕方

等が評価されたのかと思ってます。

これって特別なものじゃないですよね?おそらくあなたも3つ4つ挙げられるはずです。

Webサービスの開発経験はないので、即戦力ではありませんが、それでも採用してもらえたわけです。

ですから、30代前半でキャリアチェンジするのも全然ありなんです。

もちろん、これまでのキャリアを継続して会社のランクアップを狙うのも良いと思います。

結婚と転職をどう考えるべきか?

30代になると結婚を意識する方が多いし、結婚してる方も多いかと思います。

結婚相手の条件に収入の高さを求める人が多いので、良い結婚をするためにも、優良企業に転職して収入を上げることはとてもプラスになります。

既に結婚してる人にとっても家族をより幸せにするためにも、年収が高くてワークライフバランスを取れる優良企業に入ることが理想です。

転職黄金期である30代前半はそれができる大きなチャンスでもあります。

転職に失敗したらどうなる?

私の経験からいうと、30代で転職に失敗しても全然大丈夫です。別の会社に移ればいいだけですからね。

というのも、30代で一度転職に失敗したことがあるんです。

31才の時に大手流通業系IT子会社に転職したのですが、この会社が超絶ブラック企業だったため2か月半で退職しました。

この会社は社員を洗脳して労働力をむしり取ろうとする会社だったんです。毎朝、社員を洗脳するための変な社訓を暗唱させられました。社員全員がセミナールームに集められて、社長から

「お前らは会社への気持ちが足りない!!!?そういうやつはいずれ辞めてもらうからな!!!?」

という脅迫まがいな演説を毎週2時間も聞かされたんです。

2ヶ月半で会社を辞めて、その後しばらく仕事をする気が起きませんでした。2年間仕事をせずダラダラとした生活をしていたのですが、ある時、再びやる気が沸いてきてエンジニアに復帰しました。30代で2年間無職をしても案外かんたんに復帰できたんです。

ですから、全然心配する必要はないと思います!

転職活動はやってみるとかんたん!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたよりかんたんで、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているワークポートがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者ならかんたんに解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - キャリア