プログラマーSEが出世する3つの方法

2014年12月19日に投稿 → に更新

「もっと高い給料がほしいなぁ。」
「出世したら給料上がるけど、出世ってどうやるの?」

私は20代後半で1階級昇進して、30代前半でさらにもう1階級昇進した経験があります。

その時ポイントとなった行動、出来事を紹介します。

方法1. 直属の上司に評価される

出世するために必要なことを一言でいうと「いかに自分を昇進させる権限を持っている人に評価されるか」です。

出世というのは、誰かが「あいつを出世させよう!」と言うことで決まります。

多くの場合、自分の出世を決めるのは直属の上司です。よって、いかに直属の上司から評価されるかがポイントです。

ではどうすれば直属の上司から評価されるでしょうか?

上司が求めていることをやる

昇進のためには自分の価値観よりも上司の価値観が重要です。

いかに自分の価値観上優れた仕事をしていたとしても、上司にそう思われなければ意味がありません。なので、上司が何を求めているかを考えるのがポイントです。

例えば、上司が売り上げを伸ばしたいと考えているならば、売り上げに貢献する働きが出来ると評価されます。上司が売り上げを求めている時に、自分の技術力をアピールしても評価されにくいので、この場合、売り上げを上げることに注力することが得策です。

ただ、これだと、上司の価値観で仕事をすることになり、仕事が楽しくなくなってしまいます。なので、自分の価値観に従った仕事の仕方も残しつつ、上司が求める働きをすると良いでしょう。

成果を上司に自然に伝える方法

重要なのは上司に自分の働きっぷりを見せることです。良い働きをしても認識してもらえなければ意味がないので、良い成果を上げられた時にはそれを伝えましょう。

とはいえ、ただふつうに

「私は○○をして□□な成果を上げました。」

と言うと自慢や、ほめてもらいたがってるように聞こえてしまうので、

「私は○○をして□□な成果があがってきているのですが、より成果をあげるにはどうしたらいいでしょうか?課長の意見を聞かせてください。」

のように、相手に意見を求める形が自然で良いと思います。意見を求めるというのは相手への尊敬も示せるのでとても良い方法です。

方法2. 直属の上司に影響力のある人に評価される

直属の上司に評価されてなくても、社内で影響力のある人に評価されて昇進するパターンもあります。

私の場合、部内の技術系会議での発言が評価されて他部門長からの推薦により昇進したことがあります。なので、どこでも常にベストを尽くすことは大事です。頑張っていれば見てくれている人は必ずいると信じましょう。

出世だけでいえば、上司や社内で影響力のある人以外からいくら評価されても意味がありません。

同僚や後輩に評価されても昇進には繋がることは稀でしょう。同僚や後輩からの評判が上司に伝わって評価が上がることはあるとは思いますが、それを期待するよりは直接上司に働きかけた方が効率が良いでしょう。

だからといって同僚や後輩をないがしろにしていいということでは当然ありません。

方法3. 昇進に繋がる制度に応募する

社内で時々、公募のようなことをする会社があります。

「新規事業部を作るのでやりたい人は応募してください」みたいなやつです。こういった制度はぜひ有効活用しましょう。新規事業部に入れば、その事業の第一人者になれます。そうすれば、昇進もしやすいはずです。

以前私がいた会社でスペシャリスト制度というものが新たに作られました。自分は○○のスペシャリストだというレポートを書いて応募し審査をパスすると社内でスペシャリストとして認定されます。○○には自分の得意な技術分野を入れます。この時私は、アプリケーションアーキテクチャのスペシャリストとして応募したら無事認定されました。

この会社ではスペシャリスト認定は1階級昇進するのと同等の給与や権限を与えられたので、こういう制度があったら積極的に応募してみるといいと思います。

今いる会社で出世が難しいなら転職もあり

私はこれまでにいくつもの会社で仕事をしてきましたが、会社には合う合わないがあります。自分に合ってない会社だとうまく力が発揮できないものです。

「なんかうまくいかないなぁ」とか、「上司とうまくいかないなぁ」と感じてる方は転職活動をしてみるといいと思います。

実際転職するかは別としても、転職活動を通じてたくさんの会社を見ると見えてくるものがあります。その中で「ここは自分にあってるんじゃないか!」とピンときた会社に転職すればいいんです。

転職活動はやってみるとかんたん!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたよりかんたんで、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているワークポートがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者ならかんたんに解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - キャリア