Javaエンジニアが転職時に有利な資格を転職経験者が教えます。

      2017/01/29

java

「OracleのJava認定試験受けた方がいいかなぁ?」
「資格なんてなくても仕事出来るけどなぁ…」
「情報処理技術者試験の勉強かったるいし、仕事に役立たなそうだし…」

ITエンジニアの仕事は弁護士や医師と違って、資格を持ってなくても仕事が出来るので、資格に対する考え方も人それぞれです。

私は一時期、資格を取りまくっていたことがあります。

以前勤めていた会社に資格報奨金制度があってIT系資格を取るとお金がもらえたんです。そのおかげで数十個の資格を持っています。

転職も3度経験しているので、それらを合わせて「Javaエンジニアが転職時に有利な資格」を紹介します。

オラクル認定Java資格は転職に有利?

私はSJC-P(Sun認定Javaプログラマ)とSJC-WC(Sun認定Webコンポーネントディベロッパ)を持っています。

これらはJavaを作ったサンマイクロシステムズがオラクルに買収される前の時代の資格で、現在のOCJ-P(Oracle認定Javaプログラマ)とOCJ-WC(Oracle認定Webコンポーネントディベロッパ)に当たります。

転職の応募先企業での評価はというと、特に良い評価ではありませんでした。

ほとんどの面接で、資格が話題になることはなくて、これまでの仕事の経験についてが大半でした。

ただ何度か、「たくさん資格をお持ちのようで、勉強家なんですね」とは言われたことはあります。

なので、資格そのものが評価されるというよりは、資格を取るための勉強をしたことが評価されたという意味では、転職に有利に働いたと言えるかもしれません。

Javaの理解が深まって仕事にも役立つ

Java認定資格を取る前からふつうに仕事は出来ていましたが、資格取得のための勉強をすることで、仕事しているだけでは知りえなかった細かい言語仕様まで学べました。その結果、より効率のいいプログラムや、より良い作法のコードを書けるようになったので、勉強する価値は十分あります。

情報処理技術者試験は転職に有利?

私は基本情報技術者とソフトウェア開発技術者(現在の応用情報技術者)の資格を持っています。

新卒時の面接で

「情報処理技術者試験受かってるってことは基礎的なことは分かっているということですよね?」

みたいなことを言われたことがありますが、中途採用では話題になったことがありません。

ですから、新卒時や他の職業からITエンジニアに転身する場合などは基礎的な知識を持っている証明となり、有利に働くと思います。

基礎知識の習得と仮想的な職業体験が出来る

私はデータベーススペシャリスト、システムアーキテクト、プロジェクトマネージャ、セキュリティアドミニストレータ試験も受けたことがあります。どれも全部午後Ⅱで惜しくも落ちてしまいました。

ですが、これらの資格を取るために勉強したことは仕事に役立っています。

私の仕事はもっぱらアプリケーション開発なので、DB管理者やPM、セキュリティ管理者などの仕事は未経験なのですが、これらの試験勉強をすることで、これらの分野の基礎知識を身につけることが出来たんです。基礎知識のみならず、午後Ⅱ試験では、それらを応用して問題に答える必要があるので、仮想的な仕事体験が出来たわけです。

すると、アプリケーション開発の仕事をする場合にも、別の立場から見た複合的な視点で考えることが出来るようになりました。事前に考慮できることが増えたせいか仕事上の失敗も減った気がします。

UML系資格は転職に有利?

私はOCUP Fundamental(OMG認定UML技術者資格試験の初級)とUMTP L2(UMLモデリング技能認定試験Level2)を持っています。

どちらもUMLのモデリング知識を問う試験です。

これらの資格についても面接時に聞かれたことはありませんでしたが、取ってよかったことがあります。

UMLの幻想から覚めることが出来た

2000年代前半から中盤くらいに豆蔵やオージス総研、ウルシステムズなどがUMLを使ったオブジェクト指向分析設計について盛んに喧伝していましたが、当時の私はこれらを真に受けて、

「オブジェクト指向ってすごいんだ!オブジェクト指向分析設計できる人って頭いいんだ!!」

って思っていました。ただ実際は、オブジェクト指向分析設計はただの方法論なので、それを使えるだけで頭が良いわけでもないし、どんな状況においても、解決できる万能な方法論などないので、使う際の工夫が必要です。

それが、UMLの資格試験の勉強をすることで、「UMLはただの表記法だし、オブジェクト指向分析設計はただの分析手順なだけ」という当たり前のことに気が付くことが出来ました。

おかげで、UMLの後にやたら喧伝されていたSOAについては冷静に見つめることが出来ました。

「SOAを導入すれば変更に強い柔軟なシステムがかんたんに作れる!!SOAをやらなければ競争力を保てない!!」などという派手なキャッチコピーが喧伝されていましたが、SOAの具体的な中身を見て「確かに柔軟性をもたせることは出来るだろうけど、外部システムとの連携がないシステムでは不要だろうな」と具体的で冷静な判断ができました。

資格がなくても転職できる

ということで私の資格取得/転職経験から考えると

  • 資格は転職とは、ほとんど関係ない
  • 知識の習得/整理にはとても役立つ
  • 新卒やエンジニア未経験の人にとっては知識の証明にもなる

となります。

ですから、「転職したいけど、資格持ってないから無理かなぁ」と迷っている方は、そんなこと全然ないので今すぐ転職活動を始めていいと思います。

転職はやってみると思ってたより簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、ワークポートがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、ワークポートは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にワークポートを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

ワークポートは全国の求人をカバーしているので地方在住の方もご利用いただけます。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはレバテックフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもレバテックフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は関東圏です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - キャリア , , ,