Javaエンジニアが転職の面接でアピールすべき内容は応募先次第

      2017/04/09

Javaのロゴ

「Javaエンジニアって求人多そうだけど実際は?」
「Javaの今後の需要ってどうなんだろう?」
「もう少し給料高い会社に行きたいなぁ…」

Javaエンジニアはとても転職しやすい職業なので、これを読んでるあなたもチャンスがあれば転職を考えているのではないでしょうか?

 

Javaの仕事は常に需要が高くて、言語別でいうとおそらくJavaが今も一番仕事が多いのではないかと思います。
求人も多いですが、Javaエンジニアの数も多いので求職者のライバルもたくさんいます。

そこで、今回は「Javaエンジニアが転職の面接でアピールすべき内容」を紹介します。

Javaの需要が多い理由

理由1. 業務システムの分野で大ブレイク

2000年以降、業務システムをWeb化する案件が流行りました。

それまではPCに一台一台ソフトをインストールしていましたが、Webにすれば、それが不要となりとても便利だということで、企業はこぞってWebシステム開発を発注しました。

その時、大ブレイクしたのがServlet、JSPなどのサーバーサイドJava技術なのです。

それまではWebのサーバーサイドといえばPerlかC言語のCGIでしたが、これらの言語よりも高い生産性で堅牢なシステムを作れる技術が求められていて、ちょうどJavaがぴったりはまったんです。

そこから15年以上経ちましたが、今でも業務システムの大半はJavaで作られています。

理由2. Androidでさらに需要アップ

業務システムの分野で覇権を握ったJavaでしたが、さらに追い風となる出来事がありました。GoogleがスマートフォンのAndroidアプリ開発言語にJavaを採用したことです。

スマートフォンという新しい画期的な技術が生まれたおかげで新規に開発するアプリが莫大に増えました。それにより、サーバサイドだけでなくスマホ案件の半分もJava案件となったのです(もう半分はiOSアプリ)。

Javaの需要最強すぎです!

理由3. 大規模WebサービスやゲームのサーバサイドでもJavaは使われている

大規模Webサービスやゲームのサーバは大量アクセスをさばくためにプログラミング言語のランタイムにも処理性能が求められます。

私が以前二社のスマホゲーム開発に参加したことがあるのですが、どちらもサーバサイドでJavaを採用していました。

Webサーバサイドを実装するプログラミング言語としてはJava以外にもPerl, PHP, Python, Rubyなどいろいろありますが、この中で最も処理性能が高いのがJavaなんです。

理由はPerl, PHP, Python, Rubyがインタープリタ言語(実行時にソースコードを構文解析して実行する言語)であるのに対してJavaはコンパイル言語(事前にソースコードをコンパイルして構文解析を済ませておく言語)だからです。

そのため、JavaはPerl, PHP, Python, Rubyに比べて圧倒的に速い処理速度を持っています。

アピールすべきポイントは業種によって違う

一概にJavaエンジニアといっても業務システム開発とスマホアプリ開発とでは、職場のカルチャーも求められるエンジニア像も全く異なります。

業務システム開発の会社にアピールすべきこと

業務システム開発の場合、プログラミングが出来るだけでなく、

  • システムを発注したお客さんと要件や設計を詰めるコミュニケーション能力
  • 納期までにきちんとシステムを完成させられるプロジェクトマネージメント能力

等があると高く評価されます。

そのため、これまでの仕事で

  • お客さんやチームのメンバーとのコミュニケーションの仕方で工夫したこと
  • 納期を守るために実践していること
  • バグを少なくするために工夫していること

等をアピールするといいでしょう。

スマホアプリ開発の会社にアピールすべきこと

スマホアプリ開発は業務システムに比べて、技術の進歩が早いため、新しい技術への興味や取り組みをアピールすると高く評価されます。

関心のある新しい技術や趣味で個人的にスマホアプリを作ってることなどを話せると良い評価をもらえるはずです。

Webサービス、ゲーム開発の会社にアピールすべきこと

Webサービス、ゲーム開発場合、大量のアクセスがさばける技術者を必要としています。

  • DBのロックを短くすることで並列処理の効率を高めた工夫
  • StreamAPIを使うことでマルチコアCPUを効果的に活用した

等を話せるといいでしょう。

とはいえ、大半の求人はふつうにロジックを組めるエンジニアであればOKというものなので、大量アクセスをさばく技術を知らなくても採用されるケースが多いと思います。

需要が高いから、がっつりアピールしなくても受かると思います

上記で挙げた内容はあくまで対象の会社に対する理想的なアピール方法なので、「自分はそこまで出来ないや…」と思ってしまった方も安心してください。

あなたがこれまでやってきたことや、そこで身につけたことをアピールすれば、必ずあなたを必要としている会社は見つかります。

っというか、ぶっちゃけると、余裕で受かると思います。

私は30代で2年間ニートしてた時がありました。2年間のブランク期間明けの応募でも余裕で受かったんです。需要がある技術スキルってありがたいですよね。

転職活動はやってみると簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているDODAがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはレバテックフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもレバテックフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は関東圏です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 面接 ,