技術力がなくても仕事が出来るプログラマー・SEの特徴

2015年2月24日に投稿 → に更新

a0003_001911

「技術力あっても仕事できないプログラマーっているよな…」
「技術力がなくても仕事できる人いるけど、なんでなんだろう?」

仕事のできるプログラマーというと、技術力の高い人が思い浮かびますが、必ずしもそうとは限りませんよね。

技術力があっても仕事できない人もいるし、技術力が低くても仕事ができる人はいます。

本当に難解なソフトウェアを開発するには高い技術力が必要とされますが、ソフトウェア開発の仕事の多くはそこまで高い技術力は必要とされません。

なので、仕事ができるかのポイントは技術力ではなく、求められた仕事を的確にできるかです。

そんなわけで「技術力がなくても仕事ができるSE・プログラマーの特徴」を紹介します。

謙虚で適応的である

仕事ができるプログラマーは皆適応的です。その仕事に必要な知識をその場その場で獲得していきます。

既存コードを参考にする

a0055_000850

腕に自信のあるプログラマーの中には、他の人が書いたコードを読まず、いつでも自分流のコードを書く人がいます。これだと、コードのメンテナンス性が下がります。

ですから、既存コードを参考にして、そのプロジェクトに求められるコードレベルを理解する必要があります。

仕事ができるプログラマーは、既存コードを見てどのようなコードが求められているかを理解することで、求められた仕事ができます。

分からない部分は聞く

腕に自信のあるプログラマーの中には、仕様があいまいで厳密な仕様が分からない場合に自分で勝手に解釈して実装してしまう人がいます。自信があるだけに自分の解釈が正しいと確信してしまいやすいからです。これが後になって問題になります。

仕事ができるプログラマーは、仕様や実装方法が不明な場合、その都度確認します。

勝手な解釈をして早く作るよりも、仕様の確認に時間を取って求められているソフトウェアを作ることが重要ですからね。

できるところまではやる・調べる

「分からないことは聞く」と言っても、一から十まで聞くわけではありません。それだと相手の負担が大きくなりすぎてしまいます。相手に大きな負担を負わせる人は仕事ができるとは言えません。

仕事ができるプログラマーは、できる所まで調べたり、コードを書いて動作検証をした上で分からない点をたずねます。

こうすれば相手の負担を最小限にして仕事を進めることができます。

へたくそでも求められているものを形にする

腕に自信のあるプログラマーは、技術的に優れたやり方や実装の美しさにこだわってしまいがちですが、仕事で重要なのは求められているものを作ることです。

技術力が低くても仕事ができるプログラマーは求められているものを作るために必要なことをします。

技術的に優れていなくても、がむしゃらで泥臭いやり方であっても、形にすることが大切です。

仕事ができる人は謙虚で柔軟で目的指向

技術力があろうとなかろうと、謙虚で柔軟で目的指向な人は仕事ができます。

  • 謙虚だから、他の人の意見を聞くことができる!
  • 謙虚だから、他の人の時間を大切にするために自分でできることをやった上でたずねる!
  • 柔軟だから、そのプロジェクトの実装に合った書き方のコードを書ける!
  • 目的指向だから、コードの美しさに拘らず、泥臭くても必要な機能を満たすソフトウェアを作れる!

ですから技術力に自信がなくても優れたプログラマー・SEになれるんです!

プログラミング初心者におすすめのサービス
1. 講師から対面で学びたい派なら

プログラマカレッジをおすすめします。ProEngineerという転職エージェントが運営しているプログラミングスクールです。20代限定なんですが、無料で受講できて、修了後、就職支援もしてくれるんです。最高過ぎですよ、これ!!企業からの協賛金で運営しているのでスクールを無料にできるんだそうです。すばらしいシステムだと思います!

30代以上の方には

プログラマカレッジは20代限定なので30代以上の方にはWebCampをおすすめします。受講料の返金保証がついているし、毎日11時〜23時まで通い放題なのでとてもいいと思います!

2. 自宅で学びたい派なら

「就職保証付き」オンライン就職予備校をおすすめします。Javaエンジニアコースでは就職保証がついているのでプログラマーとして就職したい方にはぴったりです。Javaエンジニアの求人ってめっちゃ多いし、求められる技術レベルもそこまで高くないのでちゃんとした教育プログラムなら就職保証できるだろうなとJavaエンジニア経験者の私も思います。

3. つまづいた時に質問したくなったら

プログラマー専用の質問サイトteratailをおすすめします。 つまづいた時にteratrailで質問すれば教えてもらえます。

4. 未経験の人でも登録できる転職エージェント

ワークポートは未経験の人の転職活動も支援してくれますし、全国の求人を扱っているので地方在住の方にもご利用いただけます。

これらのサービスを活用すれば、全くの初心者からでもプログラミングをばっちり出来るようになると思います!レッツトライです!

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 仕事術