プログラマーSEの『目の痛み』を解消する方法

      2016/12/21

プログラマーSEが目の痛みを解消する方法

ITエンジニアって目が疲れやすい仕事ですよね。

一日中PCのディスプレイとにらめっこでコードを書いていったりと。

VDT(Visual Display Terminal)作業といわれるディスプレイを見る作業が長いわけです。

私の場合、左右に視力差があるせいか、目が疲れやすく、これまでに何度も目が疲れることによる体調不良にみまわれましたが、自分なりに試行錯誤することで目の疲れを軽減する方法を見つけたので紹介します。

ブルーライト削減は本当に効果ある?

けっこう話題になってるので知ってる方も多いと思いますが、ブルーライトって短い波長で強いエネルギーを持った光なので、網膜まで届くので、これをカットすると目の疲れが軽減できるらしいんです。

私にはものすごく効果ありましたが、効果は人によるみたいです。

おそらくブルーライトによる感受性や影響の受け方が人によって違うんだと思います。

私の場合、ブルーライトカットのPCメガネを掛けたり、f.luxというPCディスプレイの色温度を調節してブルーライトを削減するフリーウェアを使ったら、目の疲れ・痛みが激減しました!

PCメガネを掛けると、視界が少しオレンジ色っぽく見えますが、f.luxを使った場合にも画面が少しオレンジ色っぽくなります。

なんていうか、目を刺すような眩しさが減って、とても目が楽なんです。目に優しい色合いになるんです。f.luxホント神ソフトです!!

眩しさに弱い人には効果的?

私の場合、本を読んでも目は痛くならないけど、PCのディスプレイやスマホの画面を見ると目が痛くなります。こういうタイプの人には効果があるんじゃないかなと思います。

ディスプレイの眩しさに対して強い人にはあまり効果はないのかもしれません。

PCメガネとf.luxがあまりに効果あったので、いろんな人に勧めたのですが、

「使ったことあるけど、効果感じなかった」

という人も結構いましたからね。こういう人はまぶしさに目が強いんじゃないかなぁと。

そんなわけで、ブルーライト理論に劇的効果を感じてる私なんですが、一つ解せないことがあります。

ブルーライトってディスプレイよりも太陽の光のほうがたくさん出てるそうです。

外でハイキングしてる時に、「太陽光に含まれるブルーライトで目が疲れた、痛くなった」なんて経験はないので、「本当にブルーライトって目に悪いの?」とも思えます。

ただ、実体験としてPCメガネやf.luxでブルーライトを削減すると、明らかに目が楽になったというのは事実です。

なので、「目が痛くなる」という人はぜひ試してみてください。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 健康 ,