プログラマーSEの仕事で『伸びる人』と『伸びない人』の差

   

プログラマーSEで伸びる人と伸びない人の差

新入社員や若手社員を見ていて、

「この人伸びそうだな!」
「こいつはダメだわ…」

なんて思うことがあると思いますが、その違いってなんなのでしょうか?

そして、自分は「伸びる人」なのか「伸びない人」なのか?
自分が「伸びる人」で有り続けるにはどうしたらいいのか?

今回はそんなことを考えてみたいと思います。

技術が好きな人は伸びる?

伸びる人って大きく分けて2パターンあります。

一つはその仕事が好きな人、仕事の中身に興味がある人です。

プログラマーって仕事に興味を持ちやすい職業だと思います。仕事の中にプログラミングがあるからです。プログラミングって仕事じゃなくても趣味でやる人もたくさんいますよね。

これが例えば経理の仕事をしてる人の場合、趣味で経理をやる人はほぼいないでしょう。

ですから、趣味でもやるようなものが仕事の中に含まれてる職業って限られています。そういう意味でITエンジニアは恵まれた職業とも言えます。

ということで、プログラミングが好きでプライベートでもコードを書いてるような人は「伸びる人」ということになります。

続いてもう一つのパターンです。

成果を上げることに喜びを感じる人

自分がやるべき役割が見えていて、効果的に動こうとする人は伸びますよね。

これって、仕事に限らず、友達とご飯を食べている時に、その時の会話を盛り上げるにはどうすればいいかということを考えて取り組むような人です。

これも、その場を効果的に過ごす、その場の楽しさを最大化しようという意図を持って取り組んでいるわけです。

意図を持って取り組むと、うまくいくための工夫をするから成果が上がりやすくなります。うまく行かなかった場合も結果をフィードバックして次やる時の改善につながるので、やればやるほど成長することが出来ます。

これは、仕事でも同じです。ただ漠然と仕事をするのではなく、自分だけの視点ではなく、周囲を俯瞰で眺めて、

「今、この組織では何が求められているのだろうか?」
「それを効果的に達成するにはどうすればいいか?」

ということを考えて動くと、仕事上成果を上げやすくなります。

仕事の成果とは他社の評価でもあるからです。ですから、求められていることや必要なことをやろうとする人は成果を上げやすいのです。つまり伸びる人なんです。

こういう人って出世頭になる人かもしれません。
案外、IT技術の知識やスキルはそれほどでもないんだけど仕事できるタイプが一番出世してたりしますよね。ちょっと悔しいですど。

こういう人は、仕事の効果を最大化する意図を持って取り組んでいる人なのだと思います。

技術が好きで技術力は自信あるけど、なかなか昇進できないという人は、組織が求めている仕事の成果について考えて、それを達成するためには何をしたら良いか?という意図を持って取り組んでみるといいと思います。

伸びない人の特徴

伸びない人はこれまでに説明したことの逆です。

まずは仕事に興味のない人です。10年以上エンジニアをやってるような人でも、ソフトウェア技術の本一冊も買ったことないって人はよくいます。こういう人は仕事に興味が無いのでしょうから、まずスキル面で伸びていきません。

仕事の中身に興味がなくても、先程述べたように、仕事の成果に対して効果的に取り組む人は仕事で成果をあげられるので、それも一つのやり方です。

ただ、人生の中で仕事が占める割合は時間的にも労力的にも大きいので、好きで興味のある仕事をやるべきだと思います。

興味もないし、そういった成果を上げる意図もない人というのは、完全に「伸びない人」です。

逆に言えば、仕事に興味を持つか、意図を持って効果的・戦略的に取り組めば伸びる人になれるということです。

仕事を好きになる方法

効果的に仕事の成果をあげようという意図を持って取り組むと、仕事がゲームになります。

ゲームとは定められた目的を達成するものだからです。目的を設定すれば、仕事であれ、遊びであれゲームになります。

「仕事の効率を上げる」
「誰かからの評価を得る」
「会社の売上を上げる」
「開発の生産性を上げる」

などの目的を持つと、それを達成するゲームになります。すると、その仕事を好きになるかもしれません。というかたぶんなります。

プログラミングやIT技術など、仕事の中身自体には興味が無いんだけど、仕事の成果を上げるゲームを好きになるというのも、「好き」の一つです。

これがよく言われてる、「仕事はやり方次第でいくらでも面白くなる」「面白い仕事があるんじゃない、面白く仕事をするんだ」って言う話にもつながります

そんなわけで、「趣味でもやりたいくらいハマる技術を見つける」か、「いかに仕事の成果を上げるかをゲームにする」ことによって、「伸びる人」になれると思います。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - キャリア