プログラマー・SEが転職に必要な能力・スキルは?

2015年6月7日に投稿 → に更新

合格ポーズの男性

「転職したいけど、能力やスキルに不安がある…」という方は多いかもしれません。

私も初めて転職する時には、「大丈夫かなぁ…」と不安を感じていましたが、実際やってみると、思ってたより全然かんたんで「心配して損したわ!」と思いました。

転職に必要なスキルとは、一言でいうと、

「自分の仕事力について、説得力のある説明ができること」

です。

仕事ができるだけではなく、それを面接で表現できないと転職できません。

企業は天才エンジニアを求めているのではなく任された仕事をきちんとこなせる人材を求めています。ふつうの仕事をふつうにきちんとこなせることを表現できればいいんです!

それでは、その具体的方法を紹介します。

ITエンジニアの『仕事力』とは?

基礎的なソフトウェア開発スキル

基礎的なソフトウェア開発スキルがあれば、職場が変わっても応用が効きます。

私の場合、

  • 業務システム
  • Webサービス
  • スマホゲーム

と仕事を変えてきましたが、どの職場でも求められる役割をきちんと果たすことができました。

業務システムとWebサービスは比較的近い技術が使われています。

どちらもWebアプリケーションですから、

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

の知識はそのまま流用できます。サーバーサイドの言語は会社によって違いますが、私が入った会社ではどちらもJavaが使われていたので知識の大部分を流用できました。

使われているフレームワークは違うものでしたが、基礎的なこと

  • HTTPとはどういうものか
  • アルゴリズムやデザインパターンの知識
  • オブジェクト指向の知識

などは同じように活かすことができるのでそれほど苦労しませんでした。

私が参加したスマホゲーム開発では、Unityというゲームエンジンが使われていました。言語はC#です。C#はJavaと良く似ているので、かんたんに覚えられました。

ゲームは、業務システム・Webサービスとは使われてる技術が大分異なりますが、プログラミングの基本(アルゴリズム・データ構造やオブジェクト指向の基本)は変わらないので言語やAPIを新たに覚えることで対応できました。

基礎的な技術をしっかりと身につけていれば、他の環境、分野でもこれまでの知識・経験を応用して仕事ができるんです!

コミュニケーション能力

「技術の基礎知識があったから仕事ができた」と書きましたが、全ての仕事を自分一人の力で出来たわけではありません。

「どこがどうわからないのか」を相手に説明して「どうすればいいか」を聞き出す能力が必要です。これが本来の「コミュニケーション能力」です。

よくいわれてる「コミュニケーション能力」は本来の意味から遠ざかっていて、「性格が明るくて、ノリがよくて、集団になじめる能力」のような捉え方をされています。

しかし、仕事で必要なコミュニケーション能力は、本来の意味である「自分の意志を正確に相手に伝え、相手の意志を正確に理解する能力」つまりは意思疎通能力です。

この点を意識して人と会話すると、環境が変わっても必要なことを必要な相手と意思疎通して仕事ができます。

あなたが自分のコミュニケーション能力に自信がないのであれば、「ノリをよく、元気よくリアクションしよう」とするのではなく、「自分の意志を正確に伝え、相手の意志を正確に理解する」意思疎通能力にフォーカスして取り組むことをおすすめします。

これは決して難しいことではなく、ちょっと意識するだけでできるはずです。

自分のスキルを効果的にアピールするには?

まずは、自分の能力を正確に把握する

「あなたのスキルの長所は何ですか?」と聞かれて、

「○○です!」と即答できますか?

難しいですよね。ですが、これができないと転職の面接で良い評価を得られません。

そこでまずは、自分はどんな良い特徴を持っているかを考えてみましょう!

私の場合、業務システム開発をしていた頃はフレームワークや実装技術などのスキルが他のメンバーよりも長けていたのでそれが強みでしたが、ゲーム開発に移ってからは私よりも経験豊富なメンバーがほとんどなので技術的優位性はなくなりました。

では、「今の私にある良い特徴はなんだろうか?」と考えてみると、「とにかく仕事をなんとかして最後までやり遂げることだ」と気がつきました。面倒な仕事であろうと不得手な仕事であろうと、一つずつ問題を解決していき、時には他人の力を借りて、地味ながらも、仕事を最後までやり遂げる、それが今の私の長所です。

派手さはありませんが、きちんと説明できれば、高評価を得られます。

ですから、派手な特徴(技術力がすごいとか、リーダーシップがある)でなくても、自分が持っている良い特徴を、きちんと説明できれば採用を勝ち取ることができるんです!

相手を納得させるには?

前述した自分の強みを「自分は地味だけど仕事を最後までやり抜く力があります」と説明しても、説得力がないですよね。根拠が示されていませんからね。

そこで、根拠として過去の実績を話します。

例を示します。

私は以前、ECサイト開発のプロジェクトに入ってすぐに厄介な仕事を任されました。

ある機能の仕様を調査して新しい仕様に変更するというものでした。タスクの説明をした人も具体的に何をどう変更すればいいのかわからない状態のようで指示があいまいでした。

とりあえず既存ロジックについて調べてみて、「現状はこうなってるみたいですが、こうしましょうか?それともこうしますか?」と話をして、「そこについては○○さんに聞いてみて」と言われて、その人に聞き、新たに分かったことをフィードバックして、という風に作業を進めて、最後までやり抜くことができました。

私には目立つ派手なスキルはありませんが、あらゆる手段を尽くして仕事を最後までやり抜く力があります。

このような説明をすれば、相手も納得するはずです。

主張を裏付ける根拠を示す、これが大事です。

「自分にはこういう良い特徴がある」と感じているということは、それを裏付ける実績・根拠が必ずあるはずです。それを言葉にすればいいんです。

転職活動はやってみるとかんたん!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたよりかんたんで、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているワークポートがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者ならかんたんに解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 能力開発