SE・プログラマーが転職して残業なしで定時帰り出来る会社に入る方法

      2017/01/20

電話する女性

「残業多すぎるぅー、転職したいぃー…」
「残業少なければ、仕事自体は嫌いじゃないんだけどなぁ…」
「残業少ない会社ないかなぁ…、ないよなぁ…?」

プログラマーSEの仕事って長時間労働を強いられることが多いですよね。

仕事自体は楽しいんだけど、労働時間が長いと、体が辛くなって仕事が嫌になってしまう、そんな方も多いかと思います。

仕事自体は好きなのに、労働時間が長いせいで仕事を嫌いになってしまうのはもったいないことです。

私はこれまで15年ITエンジニアをやっていて、3回転職を経験しています。残業の多い職場もありましたし、少ない職場もたくさんありました。

それらの経験を踏まえて、どういう会社が残業が少ないか、どうすればそういう会社に入れるかについて紹介します。

残業の少ない職場はたくさんある

ぶっちゃけると私が仕事をしてきた職場のほとんどは残業が少ない職場でした。

「えっ?うそだろ!?」と思われたかもしれませんが、本当にそうなんです。

今までに残業時間が40時間を超えた月は片手で数えられるくらいしかありません。

特別運がいいってことでもありません。私以外のメンバーはたくさん残業していた職場もありましたからね。

「自分がどういう意識で働くか?」が重要なんです。

つきあい残業をやめる

「みんなまだ残ってるから自分も残って仕事をする」というのをやめると、かなり残業を減らせます。

といっても「先に帰るのはなんか罪悪感があって出来ない」という方は次のように考えてください。

自分が早く帰ることで、周りの人もつきあい残業をやめて早く帰ることが出来る」と。

みんな互いに付き合い残業をし合って、お互いが縛り合っているので、それをやめればいいんです。

「言い訳用に残業する」のをやめる

「納期に間に合わなかったけど毎日残業してたから、しょうがないよね、許してくれるよね」

という理由で残業してることってありませんか?これは個人に限らず、プロジェクトマネージャーの指示で行うこともあります。

私の場合「どうやっても納期に間に合いそうにないので、許してもらうために毎日おそくまで残業しましょう」とか、「お客さんに頑張ってるアピールをするために休日出勤をしましょう」と言われたことがあります。

こういうことを言うPMは顧客と納期を調整する能力がないだけなので、交渉方法を助言するなどして、納期や開発ボリュームを調整できたらいいと思います。まぁ、本当に無能なPMだと何を助言しても顧客にびびってて何もしてくれない場合もあるので、そういう場合は転職した方が良さそうです。

ブラック企業に入るのは絶対に避けなければならない

ブラック企業に入ってしまうと、いくら努力しても残業を減らせません。

仕事を早く終わらせても帰れない

私が二度目の転職で入った会社は「社員を脅迫して長時間労働を強いる洗脳ブラック企業」でした。

朝会社に行くと社員全員で「お客様のために死に物狂いで仕事をする」みたいな社訓を暗唱させられます。これだけならまだいいのですが、週に一回社員全員がセミナールームに集められて社長から「おまえらはたるんでる、会社への想いが足りない!!そういうやつはいずれ辞めてもらう!!」などと脅迫されました。こうなると、社訓の暗唱も社員を洗脳するために行われているって分かりますよね。

会社から、そのような洗脳を仕掛けられても、私は意に介さず、仕事を早く終わらせて帰っていたら、ある日23時以前に帰った社員全員に社長からメールが来ました。

「そんなには早く帰って仕事できてるの?」と。

その後、上司から「やることがなくても、とりあえず23時までは会社にいてくれ」と言われました。

こうなると、いくら工夫をして早く仕事を終わらせても意味がありません。

よって、ブラック企業には絶対に入ってはいけません。この会社は2か月半で辞めました。

それでは、いかにしてブラック企業を避け、残業の少ない会社を見分けるかについて説明します。

残業の少ない会社を見分ける方法

転職エージェントに聞く

転職エージェントに希望条件として「残業の少ない会社」と言えば、ある程度は除外できます。

エージェントとその企業との関係性にもよりますが、企業の採用担当者からどれくらい残業があるのか聞いている場合もありますし、以前紹介してその企業に入社した人がいれば、残業がどれくらい多いかや職場の雰囲気などを聞くことが出来ます。

面接時に聞く

「みなさん毎日どれくらいまでお仕事されてるんですか?」などと、さりげなく聞いてみると、「毎日終電までで大変ですよ…」「まぁ、21時にはほとんどの社員が帰ってますね!」などのような返答がされるかと思います。これで大まかなその会社の残業時間が把握できます。

だた、これも完全に信用することは出来ません。応募者を入社させるために嘘をついているかもしれないからです。

そこで…、

面接官の顔、表情を見る

顔を見れば、ある程度、その人の健康状態が分かります。

「疲れてそうだなぁ…」とか「ストレスたまってそうだなぁ…」などと。

逆に「健康的だな!」とか「楽しそうだな!」と感じられるようであれば、その会社は残業が少なくて健全な職場だと考えられます。

ネットの口コミを調べる

2ちゃんねるで自分の会社のスレがある人は見てみましょう。

あからさまな嘘はないことが分かると思います。オーバーな書き方はされてますが、まるっきしの嘘ではないはずです。なので、その会社の様子を知るのに役立ちます。

良いことより、悪いことの方が書かれやすい傾向があると認識した上で、会社の雰囲気をつかむといいと思います。

また、キャリコネという口コミサイトもおすすめです。
2ちゃんねるほどではありませんがこのサイトも悪いことが書かれがちな傾向はあります。見るべきポイントは病んでる書き込みがあるかです。

愚痴が書いてあるってレベルならいいんですけど、会社を恨んでいるような書き込みがある場合、避けておいた方が無難だと思います。

私が以前勤めたブラック企業への書き込み内容は、恨みのこもったひどい内容でした。

ここで紹介した4つの手法を駆使すれば、ブラック企業を避けて残業時間の少ない会社に入ることができると思います。

実際私は残業が少ないどころかほとんど定時帰りの会社で働いてますからね。

転職はやってみると思ってたより簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、DODAがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、DODAは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にDODAを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

DODAは全国に拠点があるので地方在住の方もご利用いただけます。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはレバテックフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもレバテックフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は関東圏です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 健康