プログラマー・SEがやる気を維持するためにすべき工夫

   

プログラマSEがやる気を維持する工夫

「仕事めんどい、やる気出ねぇ…」
「年々仕事がつまらなく感じる、やばいな…」
「やる気を取り戻す方法がほしい…」

やる気って重要ですよね。仕事のやる気がみなぎってる時って、仕事してて楽しいですし、難しい仕事でも難なく片付けられたりします。

一方やる気がないと、会社に行くのも嫌になるし、仕事自体も苦痛になってしまいます。

私も一時期そんな時があったのですが、今は高いモチベーションで仕事をすることが出来ています。

そんなわけで、今回は「プログラマーSEがやる気を維持する方法」を紹介します。

人はクリエイティブな仕事をするとやる気が出る

「クリエイティブ」とか言うと「意識高い系(笑)か?」と馬鹿にしがちですが、仕事がつまらないと言ってる人の多くは、創造的な仕事をしていないことが原因だと考えられます。

プログラマー・SEの仕事って、ソフトウェアを作る仕事なわけですが、意外と創造性がない仕事になりがちですよね?

受託開発であれば、システムの仕様は顧客の要望するものになりますし、自社サービスなら企画チームの人が仕様を決めるケースがほとんどでしょう。スタートアップのベンチャー企業などでは、エンジニアが企画も兼ねる場合もあるでしょうが、多くの場合、プログラマーの仕事は、誰かが決めた仕様通りプログラムを書くことになります。

すると、仕事に創造性はなく、決められた通り作るやっつけ仕事になってしまいがちです。

ですから、意識して創造性のある仕事をして行く必要があります。その為に、

仕事で使うツールなどを作る

仕事の中でもソースコードを自動生成するツールや、定型的な作業を自動化するプログラム等を作るのは、とてもいいと思います。

これらのソフトウェアは自分で決めた仕様で作れるからです。

自分で「こんなツールがあったら仕事が楽になるな」とか「このソースコードってツール作れば自動生成出来るんじゃないかな?」などと創造性が働くようになります。

なにより、自分が考えたソフトウェアを開発するのはとても楽しい作業ですからね。

しかも楽しいだけでなく、実際に定型な単純作業をプログラムが片付けてくれるので、実利があります。

創る喜びと使う喜びが同時に味わえるわけです。やる気が出るに決まってますね。

それにこれらのツールは職場のメンバーに使ってもらうことで、仕事の効率化に貢献でき、喜んでもらえたり感謝されたりするという嬉しさもあります。

人間は社会的生き物なので、人の役に立てる、人から喜ばれる、感謝されるというのは大きなモチベーションとなります。

すると、次の発想が生まれます。

趣味の開発で人に使ってもらえるものを作る

帰宅後や休日に趣味でWebサービスやスマホアプリ、フリーウェアなどを作っているという方は多くいらっしゃると思います。

これらも、自分でソフトウェアを企画し仕様を決めて開発する創造の喜びが得られますし、さらに人に使ってもらえるものを作れれば、人の役に立てる、人から喜ばれるというモチベーションが得られます。

お問い合わせフォームや掲示板を用意することで、「こんな機能がほしい」や「ここはこう改善した方が良い」などのフィードバックを貰うことも出来ます。すると、自分だけでは思いもつかなかった発想が得られて、より創造的な創作へと繋がります。

フィードバックをたくさんもらえる方法

私は以前、個人でゲームの開発をしていたのですが、その際に生放送で開発する様子を放送した所、放送中にリアルタイムにコメントを貰えて、とても楽しい体験となりました。

生放送できるサービスはたくさんありますが、ニコニコ生放送がおすすめです。このサービスはニコニコ動画の生放送版なんですけど、ユーザー数が多く、コメントしてくれるアクティブなユーザーも多いので、多くのフィードバックを得られました。

コメントされる内容は様々で、制作してるソフトウェアへの意見やアイデア、感想だけどなく、全然関係ない新技術の情報とか注目してる製品やサービスの話なども聞けました。

ブログを書いても、コメントが投稿されることは稀なのに対し、ニコ生のコメント率は驚異的です。ただ、一つデメリットがあるんです。それは、コメントに応えてる内に話が盛り上がって作業が進まなくなることが多々あるということです。まぁ、それ以上に楽しさとか得られるメリットの方が大きいですけどね。

仕事でのやる気を維持する方法は

一番のポイントはやり方を工夫をするということです。
単純に仕事でやりたいことが出来ていればいいけど、そうじゃない場合も多いですよね。その場合、

「この仕事はあまり面白くないけど、これを短時間でやっつけよう、簡単に楽にこなすにはどうやればいいだろう?」

という意図を持って取り組むと案外楽しく出来ます。

「この作業を以前3時間かかっていたけど今回は2時間でやってみよう!」

というも気持ちを持ってやるとゲーム感覚で出来るようになります。

これは脳科学者の茂木健一郎さんが本でよく書いている「タイムプレッシャー」という方法で、脳の仕組みに適ったやり方なんです。脳は制限時間を設定すると、「時間内に終わらせよう!より速く作業するにはどうすればいいか?」とやる気が湧くそうなんです。

ゲームとかでもタイムを競うものは多いですよね。レースゲームとかなんかはまさにそうです。

ですから、ぜひ、作業にギリギリ達成できるくらいの制限時間を設定してみてください。フォーカスするポイントが「仕事のめんどくささ」から「時間内に終わらせてやろう!」に変わるのが分かると思います。

やる気を維持する王道は自分がした仕事の成果が人に喜ばれること

あなたが仕事をしたことによって、顧客やユーザーから喜ばれたら、嬉しくなって、もっと喜んでもらえるように頑張れますよね。これが王道であり、そのような仕事が出来ているなら、この記事を読んでいないですよね。

実際、顧客・ユーザーとの接点がない仕事は多いものです。

ですから、これらを補う方法として、先ほど述べたツールや趣味の開発などのようなフィードバックをもらいやすいもの一緒にやっていく + 仕事に制限時間を設けてタイムを上げることに喜びを見出すという方法を併用していくといいと思います!

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - ITエンジニア成功術 , ,