ホームお問い合わせプロフィール未経験→就職転職合格率年収の相場ブラック企業判別定時帰りする方法

プログラマーSE、フリーランスになった方が年収上がる人

2016年9月4日に投稿 → に更新 キャリア

フリーランスになって年収が上がった女性

「うちの会社給料上がらねぇ~、フリーランスなろうかな」
「フリーランスだと年収どれくらいになるんだろう?」
「フリーランスってどうやったらなれるんだろう?」

私は会社員で3社経験後、フリーランスになりました。

会社員時代も転職するごとに収入をアップさせることが出来ましたが、3社目に入った会社がブラック企業だったため、「会社員以外の働き方もやってみよう」と思ってフリーランスになってみたのですが、年収が上がるだけでなく、仕事が選べたりと良いことがたくさんありました。

そんなわけで、今回は「プログラマーSE、フリーランスになった方が年収上がる人」を紹介します。

フリーランスの月収は最低でも40万円以上

私がフリーランスになって最初の仕事の月単価は46万円でした。

これ、相場を知ってる人からすると安すぎです。

なんで、こんなに安い仕事を請けたかというと、この時の私はブラック企業を辞めて2年間ニートをしててブランク期間があったからなんです。

あと、これまでのキャリアは業務システム開発をずっとやってたのですが、この仕事はWebサービス系だったので
・2年間のブランク
・キャリアチェンジ(業務システム → Webサービス)
という2つのハードルがあったわけです。

それでも46万円はもらえるわけですから、悪くはないですよね。

この時、知り合いのフリーランスエンジニアに相談したら
「やまろうさんなら、私が紹介すれば70万円はいけますよ
って言われたんですけど、その仕事は業務システム開発だったので、お断りしたんです。

この後もゲーム開発の仕事という私にとって未経験の分野の仕事をしたのですが、月の単価は53万円でした。

なので、今まで経験のある分野の仕事をすれば70万以上、未経験でも45万円以上は行けるわけです。

お金をたくさん稼ぎたかったら、経験のある分野の案件に入ればいいし、新しい仕事をやりたい人は多少収入は減ってもそちらを選べばいいと思います。

仮に月収45万円だとしても、45万円 × 12 = 年収は540万円なので、悪くはないですからね。

数か月休暇を取っても良い

私の場合、フリーランスになってからは、年に数か月以上休みを取っています。

スマホのゲーム開発をやってた時は、1年に9か月働いて、3か月休みました。

それでも、ひと月53万円 × 9か月 = 年収477万円
なので、余裕で暮らせます。

フリーランスになるのは簡単

ギークスジョブみたいなWebサイトに登録して、自分のスキルや経歴、やりたい仕事の分野を伝えると、希望に合った案件を紹介してもらえます。
紹介された案件の中から気に入った物を選んで面接を受けて、OKとなればフリーランスデビューです。

やってみるとホント簡単です。面接の日程調整や契約書などの事務手続きはギークスジョブの担当者がやってくれるので私たちエンジニアがやることは、案件を選ぶだけです。

そんなわけで、ぜひフリーランスエンジニアになって、自由とお金を手に入れてください!

それでも、「やっぱりフリーランスは不安だなぁ」という方は派遣社員になるという手もあります。

派遣社員というと低賃金、派遣切りなどのネガティブなイメージを持たれがちですが、ITエンジニアの派遣社員は給料も高いですし、仕事はフリーランスと同じように選べるので、実はとても良い選択なんです。

かつ、確定申告や健康保険、年金などの税務処理を所属会社がやってくれるので、正社員とフリーランスのいいとこ取りなんです。

なので、フリーランスもいいけど、ちょっと不安だなぁという方は、まず派遣社員になってみるのもいいと思います。

パーソルテクノロジースタッフに登録すれば、かんたんに派遣社員になれるので、ぜひトライしてみて下さい!