プログラマーSEの平均残業時間と私の実体験の比較

に投稿

激務で疲れてる人

ポテパンスタイルっていうサイトに掲載されている現在のITエンジニアの平均残業時間は以下の通りです。

  • 残業なしが6.4%
  • 20時間未満が28.9%
  • 20から40時間未満が34.5%
  • 40から60時間未満が15.7%
  • 60から80時間未満が6.0%
  • 8時間以上が8.5%

ということで、6割以上が毎月平均で40時間以下ということになります。

土日とか祝日を除くとだいたい一月の労働日は20日ぐらいと考えると40時間ってことは

40時間 ÷ 20日 = 2時間

なので、1日2時間くらい残業する計算になります。

それでは、実際私の残業時間はどうだったかについて紹介します。

私の残業時間との比較

平均とだいたい同じか、もうちょい少ないくらいかなって感じです。

月に40時間を超えることはめったにありませんでした。

以前私が勤めていた東証一部上場SIerでは残業が40時間以上を超える場合は、申請書を書かなければならなかったんですが、それを書いたことはたぶん一回か二回だったと思います。

6年半ぐらい勤めたけど、それくらいでした。

全部客先常駐の仕事です。

ただ、私には無茶苦茶労働時間が長かった時が2ヶ月半あります。

ブラック企業での残業時間

事業会社のIT子会社に勤めていたときです。

すごいワンマン社長の会社でブラック企業だったんです。

23時より前に帰った社員に社長からメールが来て、直属の上司から「社長がああ言ってるので、仕方がないので23時まではいてくれ」と言われました。

毎日23時までいたのでけっこうな残業時間になりました。

逆に一か月に1時間も残業がないという会社もありました。

残業なしで一ヶ月コンプリート?

会社全体が残業の少ない会社のケースと暇なプロジェクトに入ったケースです。

前者はECサイトの開発をやってる小さな目のベンチャー企業でした。
後者はSIerで客先常駐してるプロジェクトでした。

安定してるプロジェクトだと一か月に1時間も残業しないで「ノー残業コンプリート!」みたいな時もよくあります。

とはいえ、ネットを見るとすごい残業してるイメージがありますよね。

ネットに溢れる激務説の真偽

残業時間80時間以上の人が8.5%いるようなので、その人達はストレス溜まっててどこかに吐き出したくて、ネットの2ちゃんねるに書き込んだりとかブログに書いたりとかするんだと思います。

これは仕方ないことです。どっかに吐き出さなきゃやってらんないっていう状況でしょうからね。

ネット上の露出やインパクトが強いので印象が強いですが、割合でいうと8.5%とかおそらく少数派なはずなので、あくまでそういう人もいるという風に抑えておけばいいでしょう。

平均を知ることは重要です。目安になりますからね。

目安を知らないと損をする

私の場合、目安がなかったがために、若手時代、年収のことで間違った考えをずっとしてました。

私の年収は入社3年目で320万円だったんです。

30歳ぐらいの先輩に「うちの会社ちょっと給料安すぎませんか?」って聞いたら、「どこもそんなもんだよ」って言われたんです。

「そうなんだぁ」と思っててそのままその会社にいたのですが、「やっぱ、そんなわけないだろ!?」と思って、「じゃあ転職して確かめてみるか」と転職してみたら、

120万年収が上がったんです。

仕事内容は同じでで客先常駐のSIerです。

もっと早く転職すればよかったです。4年半もいてしまいました。

「年収ってこんなもんだろうな」っていう知識がなかったから先輩の話の嘘に気がつけなかったんです。

残業時間も同じです。

「うちの会社ちょっと残業多すぎませんか?」

って聞いて、「どこもそんなもんだよ」って言われたら信じてしまいます。

統計データとか、他社に勤めてる一から話を聞くのは大切です。

イメージを持つだけじゃなく、事実をつかむことです。

イメージで判断せず、事実で判断しよう

ITエンジニアは労働時間が長いもんだっていうイメージも統計データを見ればそうじゃないことがわかります。

2ちゃんねるなどの掲示板もよく読んでみると、

・暇なプロジェクトは暇
・暇でやることがない

とか書かれてたりします。

だけども、「労働時間が長いもんだ」って決め込んで読んでいると、そういった情報を見落としてしまいます。

なので、イメージではなく事実を把握する、これが大事なんです。

ということで、

「ITエンジニアは労働時間が長いってイメージだけど、実際は半数以上が一日2時間以下しか残業していない」

ってことを頭の片隅に入れておくと、正しい判断ができるかと思います。

プログラミング初心者におすすめのサービス
1. 教室で学びたい派なら

プログラマカレッジは20代限定で、無料で受講できて、修了後、就職支援もしてくれるプログラミングスクールです。最高過ぎですよ、これ!!企業からの協賛金によって運営されいているため無料で受講できるんだそうです。すばらしいシステムだと思います!

30代の方には

プログラマカレッジは20代限定なので30代の方にはゼロスクがおすすめです。35歳以下なら無料で受講できます。教室も札幌、仙台、東京、大阪、神戸、福岡と全国展開しているので地方の方でも利用できます。

2. 自宅で学びたい派なら

TechAcademyの無料コースは20代限定でプログラミングのリモート学習 + 就職支援が無料で受けられるサービスです。なんといっても無料だし、就職に必要なスキルが身につけられるという意味でもやってみて損はないでしょう。

30代以上の方には

TechAcademyの無料コースは20代限定なので30代以上の方にはTechAcademyのJavaコースをおすすめします。Javaは求人が多くプログラマーとして就職したい方にはぴったりです。

3. つまづいた時に質問したくなったら

プログラマー専用の質問サイトteratailをおすすめします。 つまづいた時にteratrailで質問すれば教えてもらえます。

4. エンジニア未経験の人でも利用できる転職エージェント

ワークポートは未経験の人の転職活動も支援してくれますし、全国の求人を扱っているので地方在住の方にもご利用いただけます。お給料をもらいながら社内研修でプログラミングを学べる会社が狙い目です。

これらのサービスを活用すれば、全くの初心者からでもプログラミングをばっちり出来るようになると思います!レッツトライです!

 - キャリア