ホームお問い合わせプロフィール未経験→就職転職合格率年収の相場ブラック企業判別定時帰りする方法

システム開発に『疲れた時』にやって効果があったこと

2015年11月26日に投稿 → に更新 メンタル

疲れた鳩

「もう疲れた、仕事しんどすぎる…」
「納期に追われるの辛すぎる…」
「お客さんから毎日怒られるのもう嫌だ…」

開発の仕事ってホント大変ですよね。私も

「なんでこの仕事を選んでしまったんだろう?」

って思ったことが何度もあります。

  • もうシステム開発の仕事は辞めたい
  • 別の職業に転職したい

という方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、その辛さって開発作業の辛さじゃなくて、

  • スケジュールのきつさ
  • お客さんやチームのメンバーとの人間関係

の問題だったりしますよね。

そこで、私がやって効果の高かった対処法を紹介します。

仕事を始めた頃を思い出してみる

仕事を始めたばかりの頃は

  • システム開発って面白い!
  • すごいソフトウェアを作れるプログラマーになりたい!
  • 海賊王に俺はなる!?

って思ってましたよね?

それをもう一度思い出してみてください。開発作業自体は面白いことが再認識できるはずです。

「いやいや、もはやソフトウェアの開発作業自体もつまらないよ、同じことの繰り返しで飽き飽きだ!?」

という方もいらっしゃるかもしれません。

では、仕事で使うちょっとしたツールを作る時を思い出してみてください。

ソースコードや設定ファイルの自動生成ツールやExcel VBAで作業をちょびっと自動化するようなプログラムです。こういうプログラムを作るのって楽しいですよね。作業が効率化できる喜びももちろんですが、プログラムを作る面白さがありますよね?

そうです。プログラムを作るって楽しいんです!

新鮮さを取り戻すには?

個人的なツールを作るのは楽しいけど、納品するシステムの開発は楽しくないという方は、その職場に長くい過ぎているのかもしれません。

配置換えを希望するのもいいですが、転職した方が良いと思います。

というのも、同じ会社内のプロジェクトはどれも似たものが多いと思いますし、仕事をするメンバーも良くも悪くも似たような人が多いでしょう。これは本来悪いことではありません。それがその会社の特徴であり強みですからね。

ですが、仕事の新鮮さを失ってしまったあなたにとっては良くありません。

転職すると、

  • 仕事の内容(作るシステム、使う技術、仕事の進め方)
  • 働く場所
  • 仕事をするメンバー

など仕事環境が変わることで、仕事を始めた頃の新鮮さを取り戻せます。

疲れすぎてる時は『休息』が必要

「新鮮さ云々より、もうホント疲れてて何もする気にならない」という方は、少し体を休めた方がいいかもしれません。

私は転職先を決めてから、次の会社へ入社するまでの間に1か月休みを入れたことがあります。

転職先を決めてから入社日を後ろに1ヶ月伸ばすことで、転職先を確保した状態で休暇に入れます。

会社にもよりますが、この1ヶ月で余ってる有給休暇を消化できれば、有給で給料をもらいながら1ヶ月休むことができます。私が以前つとめていた会社は退職願を出したら会社の方から、「最後の一ヶ月は残りの有休消化にしていいよ!」と言ってくれました。こういう会社は多いと思います。

転職先を決めずに退職すると、再就職できるか不安な気持ちが沸いてしまって、ゆっくり休めないという方も、この方法を使えば安心して休暇を楽しめます。