ホームお問い合わせプロフィール未経験→就職転職合格率年収の相場ブラック企業判別定時帰りする方法

ITエンジニアを目指す高校生から35歳定年説と転職頻度の質問

に投稿 キャリア

自分はITエンジニアを目指す高校一年生です。ITエンジニアを目指すにあたってパソコンで色々なサイトを漁っているとこのサイトに出会いました。

このサイトは本来のエンジニアに対するイメージを払拭していくようなサイトでとても感動しました!

質問なのですが、30〜40代が定年と言われているエンジニアですが、この事に関してどうお考えですか?

また、ITエンジニアはそんなに転職をポンポンとしていいものなのかという事も教えてもらいたいです。お願いします!

読者の方から相談メールをいただきました。

同じような悩みを持っている方向けに回答内容を一部紹介します。

30〜40代が定年と言われているエンジニアですが、この事に関してどうお考えですか?

エンジニア派遣の仕事の場合、プログラマーの単価はSEやPM、コンサルタントよりも低いので、年齢が上がるにつれてプログラマーを続けるのが難しくなります。これが35歳定年説の所以です。

自社製品・サービスを開発している会社であればそんなことありません。

こちらの記事に詳しく書いたので参考になるかと思います。

ITエンジニアは転職をポンポンとしていいんですか?

あまりに頻度が高いのは良くないですが、その人次第だと思います。

私個人としては、

  • その会社で学べることがなくなった
  • 別の仕事に興味が移った

など、その会社で仕事をする理由がなくなったら転職していいと思っています。

エンジニアは自分のスキルが財産なので、能力を磨ける職場に身をおくことが最も重要だと考えています。

それに、そういう職場で仕事をした方が楽しいと思います!嫌々仕事をしていると、自分だけでなく周囲の人にも不快な思いをさせてしまいますからね。