ホームお問い合わせプロフィール未経験→就職転職合格率年収の相場ブラック企業判別定時帰りする方法

面接が苦手なプログラマーSEが転職活動を楽しくこなすコツ

2016年3月29日に投稿 → に更新 面接

笑顔の男性

「面接って緊張するんだよなぁ…」
「そもそも初対面の人と話すの苦手だし…」
「自己PRとか、マジで無理だわ…」

面接が苦手という方は多いですよね。私も以前はすごく苦手で過剰に緊張していました。

私はこれまでに三度転職して、数多くの面接を受けてきました。やってく内に、自分が面接というものを何かすごく特別なものだと勘違いしていたことに気が付きました。それに気づいてからは、とても楽に面接を受けることができるようになったんです。

そんな経験を踏まえて、「面接を楽しくこなすコツ」を紹介します。

緊張することは悪いことではない

私は以前「緊張するのは自分が小心者だからだ」と思っていました。

子どもの頃から母親に

「あんたは気が小さくて引っ込み思案だ」

と言われて育ったためか、自分のことを小心者だと思っていたのです。

ですが、よくよく考えてみると、

  • 誰だって初対面の人に多少は緊張する
  • 自分の仕事が決まるかどうかの面接で緊張するのは当たり前で、悪いことではない

逆に何の緊張もせずに失礼なことを言ってしまう方が問題です。

まず、この「面接で緊張することは悪いことだ」という思い込みをなくしましょう!

仕事の話を「聞きにいくつもり」で面接に臨む

採用の面接と考えると緊張してしまうので、「仕事の話を聞きに行く」と考えると大分気持ちが楽になります。楽というか楽しくなります。

  • 「この会社はどんな風に仕事をしているのかな?」
  • 「最近よく使ってる技術はなんだろう?注目してる技術とかも聞きたいな」

等のように考えて臨むと、面接自体も話が弾んでうまくいきます。

ふだん仕事をしていてうまくいかない部分を聞いてみたらヒントがもらえるかもしれません。

「開発の終盤で仕様変更が多発して困ってるんですけど、御社ではどうしてますか?」

等と聞いてみるのも良いでしょう。

相手に質問することで役に立つ返答が得られるというだけでなく、

  • 問題意識の高さ
  • 仕事への情熱

をアピールすることにもつながります。

落ちても失うものはなく、得るものにしかない

転職の面接で落ちても、何も失うことはありません。

逆に得るものはたくさんあります。面接をした経験です。面接はすればするほど、うまくなります。

すればするほど、経験値が溜まって、様々なタイプの面接官に対応できるようになります。

それにこの記事で紹介したような質問をすれば、役に立つ話もたくさん聞けます。

いけそうな気がしてきましたか?ならば即行動です!