プログラマーSE転職面接時の良いアピール・悪いアピール

2016年9月5日に投稿 → に更新 面接

筋肉をアピールする男性

「面接でどうアピールすればいいのかわからない…」
「かなりうまくアピールできたと思ったのになぜか落ちた…」
「アピールしすぎると、うざがられそうで加減が難しい…」

転職の面接って難しいですよね。

私も以前はとても苦手で、

  • 緊張してありきたりのことしか言えない
  • やる気が空回りして根拠のない自信を述べてしまい、つっこまれたら返答できない
  • 自分をアピールしたいあまり、現職の会社を批判してしまったり

と失敗ばかりでした。

その後、何十回と面接を受けてく中で、

「こういう風にアピールするとだいたいうまくいくな!

という手応えがつかめました。

そんな経験を踏まえて「面接時の良いアピール・悪いアピール」を紹介します。

他人をおとしめて自分をアピールするのはNG

自分がいかに優秀かをアピールするためについやってしまうのが、

「うちの会社は仕事のできない人ばかりで、私が技術を教えてあげてやっと仕事が回ってる状態なんですよ!」

こんなことを言うと、面接官の心象を著しく悪くします。

あなたがどれだけ優秀かよりも、「この人は会社の人を悪く言う人なんだな、採用したら私たちのことも外で悪く言うんだろうな」と思われてしまうからです。

それに他人をおとしめて自分を良く見せようとするのって子供っぽいやり方です。中学・高校の部活で、他人を悪く言って、自分を良く見せてレギュラーを取ろうとするやつっていませんでしたか?

そういうやつってどっちみちレギュラーになれないんです。顧問の先生は言動ではなく実力を見ますからね。

面接も同じです。いくら会社の人間を悪く言って、自分を引き立てようとしても人間性を疑われますし、そんなことより実力を見られます。

では、どう実力をアピールすればいいかというと、

仕事で工夫したことを述べればいい!

「要件定義がなかなか進まないプロジェクトがあって、仕方ないので要件を予想して設計・実装を前倒しで進めて、要件が実際に決まった時には差分のみ変更することで、納期に間に合わせることができました。」

これって誰もおとしめてないですし、事実を述べてるだけですから、実力がそのまま相手に伝わります。

こういう風に具体的な体験を入れると説得力が増します。

この他に、面接官にこちらから質問することで能力をアピールすることもできます。

日頃抱えてる課題の解決策について質問する

「どうやっても納期に間に合わないプロジェクトで、納期を延ばす交渉をしても却下された場合ってどう対応されてますか?」

のような質問をすると、

この人は納期を守る意識が高いんだな!」と感心されます。

面接官に「そういう場合は、機能を削ったり、簡略化することを提案します。」などと言われたら、「なるほど!とても参考になりました。」と関心すれば面接官との間にシンパシーが生まれます。

基本的に人間は他人の話を聞くよりも自分が話したい生き物です。面接の時にも適度に質問をすると会話が盛り上がって「この人と仕事したら楽しそうだな!」と思ってもらえます。

ぜひ取り入れてみてください!

転職はやってみると思ってたよりかんたん

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたよりかんたんで、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今はエンジニア不足で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会を主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営していて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私が使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある

レバテックキャリアは1都3県・大阪京都兵庫・福岡近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、ワークポートがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、ワークポートは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にワークポートを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

ワークポートは全国の求人をカバーしているので地方在住の方もご利用いただけます。

プログラミングを学んでから転職したいという方は、無料のプログラミングスクール「プログラマカレッジ」も見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者ならかんたんに解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。