プログラマーSEが『お金持ちになる』方法

2016年10月7日に投稿 → に更新

プログラマーSEがお金持ちになる方法ITエンジニアがお金持ちになる方法というと、SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアルという本が有名です。

この本ではできるだけ給料の高い仕事をしながらもスマホアプリやITの教材を作るなどの副業をしながらお金を貯めて、最終的に不動産投資をするという方法が紹介されています。

この本のエッセンスを抽出すると

  • 高い給料の仕事をする
  • 副業をする
  • 不動産投資のためのお金を貯める
  • 不動産投資をする

ということになりますが、お金持ちになる方法はこれ以外にもあるので、詳しく紹介します。

スタートアップのベンチャーで働くのはおいしい?

以前ホリエモン(堀江貴文さん)が

「スタートアップのベンチャーに入って、精一杯仕事をして信頼を得て、その会社のビジネスを軌道に乗せる。それでその会社のCTOになれれば年収2千万なんてかんたんにいくはず

というようなことを言ってました。

「スタートアップのベンチャーってなかなか良い人材も集まらないから、そこそこできる人だったらそこで一番になるくらいかんたんでしょ?だから、この方法なら誰だってかんたんに年収2千万くらいならいけると思うよ」

とのことでした。

しかも、

「その会社が上場することになれば、ストックオプションをもらっていれば、一気に億万長者だってあり得るわけで、ふつうに大手企業で働くよりずっといいのになんでやらないの?」

とのことで、確かにその通りですよね。

「高い給料をもらう = 大手企業に入る」と考えがちですが、激しい競争を勝ち抜いて大手企業に入って出世してもよくて年収1千万円台です。

それならばスタートアップに入ったほうがいいかもしれません。

自社サービス企業のエンジニアは高収入?

スタートアップじゃなくても、ある程度成功したベンチャー企業なんかでもエンジニアに高い給料を払う会社はいっぱいあります。

自社サービスを運営している会社の場合、その会社の競争力はサービスの出来栄えによって決まります。

エンジニアのスキルが会社の競争力なんです。

ですから、高いスキルを持ったエンジニアには高い給料が支払われるんです。

これは、SIer・システムベンダーのような受託開発やSESの会社にいると全然わからないことです。

受託開発の場合、エンジニアのスキルよりも、

  • 仕事を取ってくる営業職
  • プロジェクトを回すPM職

の方が、会社の競争力となるため、エンジニアの地位が高くないですからね。

シリコンバレーの平均年収はべらぼうに高い?

英語に抵抗がなければ、シリコンバレーで働くのも収入アップにつながります。

IndeedによるとサンフランシスコのDevops Engineerの平均年収138,000ドルだそうです。1ドル100円で計算すると1380万円です。

平均でこの額ですから、いかに給与水準が高いかが分かります。

慢性的に人手不足らしく、刑務所の職業訓練でプログラミングが教えられて、出所後、ソフトウェア技術者として就職する受刑者がいるほどなんです。

rebuild.fmっていうシリコンバレーで働くソフトウェアエンジニアの宮川達彦さんが配信しているポッドキャストを聞いてみると、アメリカで働くためのヒントがつかめると思います。労働ビザとかでけっこう苦労するっぽいです。

副業は旬なものを選ぶべき?

一昔前なら、シェアウェアで一財産築いた人たちがいました。

例えばWindowsの有名なテキストエディタである秀丸の作者「秀まるお」こと斉藤秀夫氏は日経ITproのトークショーで「秀丸シリーズのシェアウエア売り上げは、ピーク時には年1億円を超えていた」と語っています。

今はフリーウェアのサクラエディタがあるので、秀丸じゃなきゃって感じでもなくなっています。何にでも稼げる時期というのがあるんでしょうね。

ちょっと前で言えば、スマホの有料アプリにも大きなチャンスがありましたよね。

今は有料アプリってなかなか買ってもらえませんが、iPhoneの出始めの頃とかは有料アプリも今よりずっと売れやすかったみたいです。

その時々で、売れるソフトウェアを作る、先行者利益を狙っていく姿勢が大事なのかなと思います。

「じゃあ、これから来るものって何だろう?」って考えてみると、IoT, AI, ウェアラブル端末、VR、ARなどが浮かびますが、現時点では稼ぐ方法が見えてませんよね。

誰にも方法が見えていない時に、取り組んでこその先行者利益なんでしょうね。

まずは転職して給料の高い会社に移るというのが基本かなと思います。

「おれは受託開発のエンジニアだからサービス系に行けないよ」と思ってる方がいるかもしれませんが、それは間違いです。

私も10年ほど業務システム開発のSEをやっていましたが、その後、Webサービスに移り、続いてスマホゲームエンジニアと転身することができました。

なので、業種のチェンジって全然行けるので、まずは転職活動をしていろいろな会社を見てみるといいと思います。

転職活動はやってみるとかんたん

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたよりかんたんで、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは1都3県・大阪京都兵庫・福岡近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているワークポートがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはフォスターフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもフォスターフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京、神奈川、千葉、埼玉です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者ならかんたんに解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

 - お金