ホームお問い合わせプロフィール未経験→就職転職合格率年収の相場ブラック企業判別定時帰りする方法

プログラマーの生産性が人によって100倍以上違う理由

2018年7月21日に投稿 → に更新 能力開発

生産性の違いを表すイラスト

「プログラマーほど生産性に差が出る仕事はない」と言われています。

「場合によっては100倍、あるいは1万倍違う」とさえ言われます。

「そんなばかな?1万倍は言いすぎだろ!」って思いますよね?

でも、本当にそういうケースがあるんです。具体的な体験談とともに説明します。

ある人の1万倍の行数コードを書ける人はいない

Aさんは1日に1000行プログラムを書けます。

Aさんの1万倍生産性が高いBさんは、1日に1000行 × 1万 = 1000万行コードを書けなければいけない計算になります。

そんな人はいません。

そういう意味ではないんです。

私が1ヶ月掛かる仕事を、たった5分で終わらせた凄腕プログラマー

スマホゲーム開発の仕事で、私にこんなタスクが割り振られました。

Androidのある端末の時だけ画像が枠からはみ出て表示されてしまう。このバグを修正する

私にはAndroid端末固有の知識がありません。バグの原因が検討もつきません。

1ヶ月調べても2ヶ月調べてもわからないかもしれません。

自分の手には負えないなと思ってチームリーダーに「このタスク、私にはできそうにないです。」と相談したら、

「これ、シェーダーの問題やで。(このタスク)こっちで引き取るわ!」

と言って、

「たぶん、このシェーダーに変えればいいねん!」

といって、ものの数分で作業を完了し、対象端末を持っているテストチームにテストを投げたら一発でOKが出たんです。

私が何ヶ月も取り組んでも解けなかったであろうバグが、その人にかかれば数分で解決できてしまったんです。

この場合、生産性が100倍どころか1万倍違うと言っても過言ではないですよね。

つまり、ある人が長時間かけても解決できない問題を短時間で解決する、そんなケースにおいて成り立つ話なんです。

1万倍生産性の高い得意分野を持ちたいものですね。