面接が苦手なプログラマーSEが転職活動を楽しくこなすコツ

      2017/04/20

笑顔の男性

「面接って緊張するんだよなぁ…」
「そもそも初対面の人と話すの苦手だし…」
「自己PRとか、マジで無理だわ…」

面接が苦手という方は多いですよね。私も以前はすごく苦手で過剰に緊張していました。

私はこれまでに三度転職して、数多くの面接を受けてきました。やってく内に、自分が面接というものを何かすごく特別なものだと勘違いしていたことに気が付きました。それに気づいてからは、とても楽に面接を受けることができるようになったんです。

そんな経験を踏まえて、「面接を楽しくこなすコツ」を紹介します。

緊張することは悪いことではない

私は以前「緊張するのは自分が小心者だからだ」と思っていました。

子どもの頃から母親に

「あんたは気が小さくて引っ込み思案だ」

と言われて育ったためか、自分のことを小心者だと思っていたのです。

ですが、よくよく考えてみると、

  • 誰だって初対面の人に多少は緊張する
  • 自分の仕事が決まるかどうかの面接で緊張するのは当たり前で、悪いことではない

逆に何の緊張もせずに失礼なことを言ってしまう方が問題です。

まず、この「面接で緊張することは悪いことだ」という思い込みをなくしましょう!

仕事の話を「聞きにいくつもり」で面接に臨む

採用の面接と考えると緊張してしまうので、「仕事の話を聞きに行く」と考えると大分気持ちが楽になります。楽というか楽しくなります。

  • 「この会社はどんな風に仕事をしているのかな?」
  • 「最近よく使ってる技術はなんだろう?注目してる技術とかも聞きたいな」

等のように考えて臨むと、面接自体も話が弾んでうまくいきます。

ふだん仕事をしていてうまくいかない部分を聞いてみたらヒントがもらえるかもしれません。

「開発の終盤で仕様変更が多発して困ってるんですけど、御社ではどうしてますか?」

等と聞いてみるのも良いでしょう。

相手に質問することで役に立つ返答が得られるというだけでなく、

  • 問題意識の高さ
  • 仕事への情熱

をアピールすることにもつながります。

落ちても失うものはなく、得るものにしかない

転職の面接で落ちても、何も失うことはありません。

逆に得るものはたくさんあります。面接をした経験です。面接はすればするほど、うまくなります。

すればするほど、経験値が溜まって、様々なタイプの面接官に対応できるようになります。

それにこの記事で紹介したような質問をすれば、役に立つ話もたくさん聞けます。

いけそうな気がしてきましたか?ならば即行動です!

転職活動はやってみると簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているDODAがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはレバテックフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもレバテックフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は関東圏です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 面接 ,