就活生が『消去法』でプログラマーSEを志望するのはヤバイ?

2017年2月27日に投稿 → に更新

「特にやりたいことがなくて、IT系なら今後も社会から必要とされるかなぁと思って、SEになろうと思っています。こんな動機で選ぶのは良くないでしょうか?」

読者の方から、このような相談メールをいただきました。

回答の抜粋を紹介します。

どういった企業を受ければいいでしょうか?

大手は狙っていません。偏見かも知れませんが、大きい会社にいると上に行くのも大変で、自分はその中で小さな存在すぎて、最初の段階からモチベ―ションが上がる気がしないのです。

規模の前に、SE・IT企業と言ってもいろいろあるのでまずはどんなタイプの会社があるのかを把握した方がいいと思います。

大きく分けると以下の3種類があります。

  1. SIer(システムインテグレーター)
  2. 企業の情報システム部
  3. 自社製品・サービス開発運営会社

IT企業の選び方(プログラマー・SE向け)で詳しく説明してるのでぜひ読んでみてください。

新卒で零細企業に入るのは損?

新卒で零細企業に入るのはもったいないと思っています。零細とまではいきませんが、新卒なら小さくてどういう規模の会社に最初入ればいいとおもいますか?
IT企業は小さいほど下請けなイメージでブラックな印象です...

規模だけで良し悪しは言えません。

  • 社員数30人で資本金1億円のA社は、いい会社
  • 社員数30人で資本金1億円のB社は、ブラック企業

の場合もあります。A社もB社も規模は同じです。

ですから規模だけで決めるのは危険です。

面接官や通路ですれ違う人をよく見て、自分と合いそうだなと感じる会社が良いと思います。

転職先がブラック企業じゃないかチェックする3つの方法が参考になると思います。

消去法でプログラマー・SEを選ぶのは良くないことですか?

今やりたいことがないのであれば消去法で決めてもいいと思います。仕事をしていく中で好きになるかもしれません。もちろんそうならない可能性だってあります。

未来がわからない状況で「これだ!」という答えが見つからないながらも、決断して前に進もうとするのは立派なことです。

ただ、消去法で最終決断する前に、次の質問について考えてみてください。

  • どの職業にでもなれるとしたら、何を選びますか?
  • 応募したら100%内定をもらえるとしたら、どの会社のどの職種に応募しますか?

何かヒントになるんじゃないかと思います。

「じゃあ、野球選手がいいかなぁ!」とか非現実的な答えが見つかるかもしれません。「野球選手は今からじゃ無理だからやっぱ消去法でITエンジニアだな」でもいいと思います。

今自分にできる決断をすればそれでいいと私は思います!

プログラミング初心者におすすめのサービス
1. 講師から対面で学びたい派なら

プログラマカレッジをおすすめします。ProEngineerという転職エージェントが運営しているプログラミングスクールです。20代限定なんですが、無料で受講できて、修了後、就職支援もしてくれるんです。最高過ぎですよ、これ!!就職の紹介料を企業からもらえるのでスクールを無料にできるんでしょうね。すばらしいシステムだと思います!

30代以上の方には

プログラマカレッジは20代限定なので30代以上の方にはWebCamp Proをおすすめします。受講料の返金保証がついているし、毎日11時〜23時まで通い放題なのでとてもいいと思います!

2. 自宅で学びたい派なら

「就職保証付き」オンライン就職予備校をおすすめします。Javaエンジニアコースでは就職保証がついているのでプログラマーとして就職したい方にはぴったりです。Javaエンジニアの求人ってめっちゃ多いし、求められる技術レベルもそこまで高くないのでちゃんとした教育プログラムなら就職保証できるだろうなとJavaエンジニア経験者の私も思います。

3. つまづいた時に質問したくなったら

プログラマー専用の質問サイトteratailをおすすめします。 つまづいた時にteratrailで質問すれば教えてもらえます。

これらのサービスを活用すれば、全くの初心者からでもプログラミングをばっちり出来るようになると思います!レッツトライです!

 - 就職