プログラマーSEが『その他大勢』から抜け出す方法

   

「プログラマーSEが その他大勢 から抜け出す方法」のタイトル画像

「その他大勢でもいいじゃん」って思う人もいるかもしれません。実際その他大勢でも給料はもらえますから、確かにそれでも良いのかもしれません。

しかし、それだと、自分の能力を活かせてるとはいえません。

自分の能力を活かしていたら、自然とその他大勢ではなくなります。

あるいは、「自分がその他大勢から抜け出すことなんて出来ない」という思いから、このままでいいとかんげているのかもしれません。

その他大勢から抜け出すことなんて実は簡単なんです。

誰にでもできる方法を紹介します。

技術で抜きん出る方法

私のキャリアは

  1. 業務システム
  2. Webサービス
  3. スマホゲーム

の3つがあって、中でも業務システム開発を10年ちょっとやってるので一番長いわけですが、業務システム開発の世界で技術レベルでその他大勢から抜け出すのは簡単でした。

その他大勢の技術レベルが、上記3つの分野の中で一番低かったからです。仕事へのモチベーションという意味でも一番低いと感じます。

これは良い悪いというものではなくそういうものだというだけの話です。業務システム開発をディスってるわけではありません(笑)

業務システム開発において、技術レベルでその他大勢から抜け出す方法は簡単で、「ちょっとソフトウェア技術、プログラミング技術の本やWebサイトを見て何か作ってみたり、試してみたりする」だけで十分です。ほとんどの人がそんなことさえしていません。これだけで、その職場の中で技術に長けてる、頼られる人になれると思います。

一方、Webサービスやスマホゲームなどの分野で技術レベルで抜きん出るのは、難しいと感じました。これは人にもよると思います。私の場合、業務システム開発から移ったので、これらの分野のキャリアが短いので余計にそう感じたのかもしれません。元々Webやゲーム業界でやってる人の場合、もう少し感覚は違うのかもしれませんが、それでも、やっぱり、こちらの業界の方が技術スキルの平均レベルは高いと思います。

これらの業界は技術の平均レベルも仕事へのモチベーションも高いので、先程述べた「ちょっと技術本やサイトを見て触ってみる」くらいのことをやってる人はたくさんいます。そういう中でトップレベルに抜け出すというのは簡単ではありません。

それでも、その他大勢から抜け出す方法はあります。

技術レベル以外でその他大勢じゃなくなればいいんです。

技術以外で抜きん出る方法

それは、打ち合わせ・会議においての価値ある発言をすることです。

定例の打ち合わせや会議で発言する人って案外決まってて、リーダーやマネージャー、あとはベテランのメンバーだったりします。

多くの人は何も発言せず黙って話を聞いています。あるいは他人に同調した意見を述べたり、いわゆる空気を読んだ言動をします。これだとその他大勢になってしまいます。害はないけど、良さもない、どうでもいい人です。

ではどうすればいいかというと、「プロジェクトをよりよく改善しよう!」という意思を持つことです。すると、「ここがおかしいよな、これ変えたらもっとうまくいくのに」というような発想が浮かぶようになります。

すると、会議においても、価値のある提案が出来ます。

そして、「他のメンバーが言いにくいことを言う」のも、とても価値があります。

影で愚痴るのではなく、改善策を提案する

多くの人は普段、愚痴的なものを言っているのに、会議の場においてはそれを言いません。

「なんで○○なんだよ?!」
「これ、おかしいよな、ダメすぎだよな?」

などと不満があり、変えたほうが良いと思っているのに、それを言うべき場(会議や打ち合わせ)では言わないのです。

それを言うことで、有力者から嫌われたり反感を買うことを恐れているのです。同調圧力や事なかれ主義ってやつですね。

そういう中で、言うべきことを言うんです。

「○○さんが、~していることによって、こちらのタスクに遅れが生じてます。」

みたいな内容です。

もちろん、言いがかりはいけません。ただ非難するだけもいけません。問題点を指摘し、その解決策もセットで提案するんです。

「○○さんが、~していることが、こちらのタスクが遅れる原因になっているので、○○さんは、□□するように変えたら良いと思うのですが、いかがでしょうか?」

このように提案すれば、反感を買うこともなく建設的な話し合いになると思います。

私も実際こういったことをやってきました。

ゲーム開発の分野だと技術的に優位性はなく、職場での技術的評価は「まぁ、ふつうに仕事を着実にやってくれるね。」くらいのものだったと思いますが、打ち合わせや会議で他の人が言わないような提案をいくつもしてきたので、その他大勢ではなかったと思います。

貢献マインドを持てば全てうまくいく

結局は、どれだけそのプロジェクトに貢献できるかを考えるかということです。それを意識して行動すれば、自然とその他大勢から抜け出すことになるのだと思います。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - キャリア , ,