プログラマーSEとして食っていけるという手応えを感じる瞬間

2015年1月8日に投稿 → に更新

「自分はプログラマーSEとしてやっていけるのだろうか?」
「それなりにプログラミングが出来るようになってきたけど、これで食っていけるという実感がない…」

などという方は多いかもしれません。

私も就職して開発案件をいくつかこなした後でも「これで食っていける!」という確信は湧きませんでした。

そこから様々な経験、努力をして、今は確信しています。

「ITで食っていける!!」と。

いつから、なにをきっかけにそう思うようになったのかを紹介します。

難しいと思っていたプログラムを完成させた時

「こういうツールあったらいいなぁ、でも作るの難しそうだなぁ、でもやってみれば作れないことはないはずだ」と思って作り始めたプログラムを完成させた時、「やっぱりできた!おれってやっぱプログラマーだわ!」と思いました。

これは仕事ではなく趣味で作ったツールだったのですが、自分で考えたソフトウェアを思った通りに完成できた時、大きな自信が湧きます。

ですから、仕事でなくてもプログラマーとしての自信はつけられます。

独学で新しい技術を習得した時

私は専門学校でC, C++, VB, JavaScriptを習ったのですが、その後就職してJavaを使うようになりました。

Javaは独学で本やWebサイトで学びました。それまでは、「学ぶ」というのは、学校の先生から「教わる」ことだと思っていました。人から教わらずに自分一人で本やWebサイトから学んでものにするという体験により、自分の力で新しい知識を学ぶことが出来るんだという強い自信を持ちました。

自分の力で新しい知識を学ぶことが出来れば、今後新しい技術がいくら出てきてもついていくことが出来ます!

自分で設計したアーキテクチャがうまく機能した時

私の場合、結城浩さんの本でデザインパターンを学んだ時にポリモーフィズムが理解できました。ポリモーフィズムをうまく使えば、開発の生産性を大きく上げられるなと、とても感動しました。

それで、実際の仕事で使ってみようと思い、新規開発のプロジェクトでデザインパターンやポリモーフィズムを駆使したフレームワークを作りました。とてもうまく機能して、チームのメンバーからは「すごく便利だ」、「開発が楽になった」等と絶賛されました。

学習したことを実際に使ってみて、うまく機能させるという体験もまたプログラマーとしての自信を与えてくれるものです。

学んだことを積極的に使ってみましょう!

きれいにコードを書けた時

複雑なロジックをきれいに頭の中で整理して、コンポーネント分割して、流れるようにスラスラとコードを書けることが時々あります。

そんな時に出来上がったコードというのはとびきり美しいものです。そのようなコードは芸術品、アートだと思えるほどです。

そんな美しいコードを書けたときも、「やっぱおれってプログラマーだわ!」と思える瞬間です!

成功体験が自信を作る!

つまりは成功体験を積み重ねるということです。

もちろん失敗から学べることもあります。失敗したら、そこから学び、次は成功させるそんな積み重ねによって気がついたら「おれってプログラマーとして食っていけるわ!」と思えるようになるのだと思います。

結局はプログラマーとして食っていける人というのはプログラミングを続けられる人であり、プログラミングが好きな人なのだと思います。そうやって、続けていく過程で成功体験が積み重なり、自信となり、確信となっていくのだと思います!

プログラミング初心者におすすめのサービス
1. 講師から対面で学びたい派なら

プログラマカレッジをおすすめします。ProEngineerという転職エージェントが運営しているプログラミングスクールです。20代限定なんですが、無料で受講できて、修了後、就職支援もしてくれるんです。最高過ぎですよ、これ!!企業からの協賛金で運営しているのでスクールを無料にできるんだそうです。すばらしいシステムだと思います!

30代以上の方には

プログラマカレッジは20代限定なので30代以上の方にはWebCampをおすすめします。受講料の返金保証がついているし、毎日11時〜23時まで通い放題なのでとてもいいと思います!

2. 自宅で学びたい派なら

「就職保証付き」オンライン就職予備校をおすすめします。Javaエンジニアコースでは就職保証がついているのでプログラマーとして就職したい方にはぴったりです。Javaエンジニアの求人ってめっちゃ多いし、求められる技術レベルもそこまで高くないのでちゃんとした教育プログラムなら就職保証できるだろうなとJavaエンジニア経験者の私も思います。

3. つまづいた時に質問したくなったら

プログラマー専用の質問サイトteratailをおすすめします。 つまづいた時にteratrailで質問すれば教えてもらえます。

4. 未経験の人でも登録できる転職エージェント

ワークポートは未経験の人の転職活動も支援してくれますし、全国の求人を扱っているので地方在住の方にもご利用いただけます。

これらのサービスを活用すれば、全くの初心者からでもプログラミングをばっちり出来るようになると思います!レッツトライです!

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - メンタル