30代でプログラマーへなるも、スキルに『自信』が持てない理由

に投稿

私は現在転職活動中です。

最近流行している「カジュアル面談」というものを何社か受けてきました。
そこでは普通に話が盛り上がったような気はしています。

しかし、実際に応募するのが怖くて仕方がありません。

それはもちろん落とされたら自分のスキルが否定されるからです。
私自身では自らのスキルは5段階評価では2と3の間ぐらいだと思っています。

しかし、ブログや情報サイトを見ていると、現役の学生や新卒のエンジニアが私が初めて触れる技術を難なく使いこなしています。

それも何人もの人がです。

私はすでに30代半ばですが、彼らのレベルには達していないと思っています。

それなのに年齢にふさわしいキャリアもありません。というのもこの業界に入ったのが30を過ぎてからだからです。

スキルが満たないのに加えて年齢で門前払いをされ続けたとすると、スキルへの自信もなくすどころか人生のキャリアそのものへの自信をなくしそうです。

なお、現職にとどまることは考えていません。

図々しい話ではありますが、私はどのようにしていけばいいのでしょうか。

読者の方から相談メールをいただきました。

同じような悩みを持っている方向けに回答内容を一部紹介します。

元々ない自信をなくしたくない?

スキルが満たないのに加えて年齢で門前払いをされ続けたとすると、スキルへの自信もなくすどころか人生のキャリアそのものへの自信をなくしそうです。

「スキルへの自信もなくす」とおっしゃっていますが、その前に「スキルが満たないのに加えて」とおっしゃっていることから、スキルへの自信は元々ないということがうかがえます。

元々ないものは失いようがないので、落選を恐れることはありません。

こうして、よくよく考えてみると、実は存在しない不安ってあるものです。

面接が盛り上がったということは?

最近流行している「カジュアル面談」というものを何社か受けてきました。
そこでは普通に話が盛り上がったような気はしています。

ということは、ご自身のスキルやキャリア、コミュニケーションスキルが少なくともある程度は評価されたということです。そうでなければ、話は盛り上がらないでしょう。

事実をありのままに認識すれば、そこには自信となる事実がしっかりと存在していると思います。

応募した会社に100%受かるって人はいない

しかし、実際に応募するのが怖くて仕方がありません。
それはもちろん落とされたら自分のスキルが否定されるからです。

落とされるかどうか、応募した会社との相性によります。
例えば、今の私がGoogleの求人応募したらほぼ間違いなく落とされるでしょう。
Google社員の適性(卓越した専門的スキル・実績、英語力など)をもっていないからです。

転職活動をして一度も落選がない人はいないと思います。
もしいるとしたら、それは「ほぼ確実に受かりそうな会社」だけを受けている人です。

ほぼ確実に受かりそうな会社 = 今勤めてる会社と同レベル以下の会社

です。それでは転職する意味もないでしょう。

私の場合、過去2回の転職活動は20社応募して、書類選考で10社落選、残りの10社の内一次面接で5社落選して、二次面接でさらに半分の2社から内定をもらえるというパターンです。18社も落とされています。

受かるか受からないかギリギリの会社を狙うのですから、当然の結果です。

落とされることは問題ではありません。その会社が求めている人材ではなかったというだけですから。

それよりも重要なのは、自分が働きたい会社で働くことです。どこでもいいから受かって自分のスキルが承認されることを求めても仕方ありません。

人と比べるのではなく、事実そのものを評価しましょう!

私自身では自らのスキルは5段階評価では2と3の間ぐらいだと思っています。しかし、ブログや情報サイトを見ていると、現役の学生や新卒のエンジニアが私が初めて触れる技術を難なく使いこなしています。
それも何人もの人がです。私はすでに30代半ばですが、彼らのレベルには達していないと思っています。
それなのに年齢にふさわしいキャリアもありません。というのもこの業界に入ったのが30を過ぎてからだからです。

つまり、

「30歳を過ぎてエンジニアになり、数年で5段階評価では2と3の間のスキルを身に着けた」

ということですよね?それはとてもとてもすごいことです!

世界トップの適性を持った人間でない限り、自分よりもスムーズに技術を習得する人達がいることになります。

その人達は、「自分よりも適性の高い若い人たち」ってだけです。

私にだってそういう人はいます。誰にだっています。

ですから、人と比べるのではなく、事実そのものを評価すべきなんです。

会社を辞めたい理由によって、次の会社が見つかる

なお、現職にとどまることは考えていません。
図々しい話ではありますが、私はどのようにしていけばいいのでしょうか。

現職にとどまることは考えていないとのことですが、その理由は何でしょうか?

それによって、次の選択肢が変わります。

  • 仕事がつまらない → 自分がやりたい仕事ができそうな会社を探す
  • 給料が不満 → ほしい金額をもらえる会社を探す
  • 残業が多い、休みが少ない → 残業が少なくて休みが多い会社を探す

ご参考になればと思います。

プログラミング初心者におすすめのサービス
1. 教室で学びたい派なら

プログラマカレッジは20代限定で、無料で受講できて、修了後、就職支援もしてくれるプログラミングスクールです。最高過ぎですよ、これ!!企業からの協賛金によって運営されいているため無料で受講できるんだそうです。すばらしいシステムだと思います!

30代の方には

プログラマカレッジは20代限定なので30代の方にはゼロスクがおすすめです。35歳以下なら無料で受講できます。教室も札幌、仙台、東京、大阪、神戸、福岡と全国展開しているので地方の方でも利用できます。

2. 自宅で学びたい派なら

TechAcademyの無料コースは20代限定でプログラミングのリモート学習 + 就職支援が無料で受けられるサービスです。なんといっても無料だし、就職に必要なスキルが身につけられるという意味でもやってみて損はないでしょう。

30代以上の方には

TechAcademyの無料コースは20代限定なので30代以上の方にはTechAcademyのJavaコースをおすすめします。Javaは求人が多くプログラマーとして就職したい方にはぴったりです。

3. つまづいた時に質問したくなったら

プログラマー専用の質問サイトteratailをおすすめします。 つまづいた時にteratrailで質問すれば教えてもらえます。

4. エンジニア未経験の人でも利用できる転職エージェント

ワークポートは未経験の人の転職活動も支援してくれますし、全国の求人を扱っているので地方在住の方にもご利用いただけます。お給料をもらいながら社内研修でプログラミングを学べる会社が狙い目です。

これらのサービスを活用すれば、全くの初心者からでもプログラミングをばっちり出来るようになると思います!レッツトライです!

 - メンタル