プログラマー・SE転職の限界年齢は60代?

2016年4月4日に投稿 → に更新

頼もしい中年男性

「50代のエンジニアってあんまり見かけないよな?」
「35歳限界説はさすがに嘘だってことになったけど」
「知識で仕事するわけだから年取ってる方が有利な気もするけどなぁ」

「ITエンジニアって何歳まで続けられるんだろう?」って時々不安になることありますよね。

客観的に考えると、大工さんとか工事現場の仕事のような肉体労働に比べれば体力や筋力がいらないので、本来年齢は関係ないと思うんです。

まぁ、体を使うのとは違う意味の体力はいりますけどね。遅くまで残業したり、時には徹夜をしたりと。

といっても、残業の少ない職場や徹夜のない職場もたくさんあります。私がこれまでに徹夜した回数は片手で数えられる程度しかありません。

年取ると新しい技術についていけなくなるとも言われていますが、これまた不思議で、本来は年取るほど知識が増えていくので新しい知識も理解しやすくなるはずです。

これらの疑問を、転職市場に詳しい人たちに聞いてみました。回答内容を紹介します。

50代でも正社員として転職できた

転職エージェントに「50代で、もしリストラされたり何らかの理由で会社を辞めることになった場合、再就職ってできるんですか?」と聞いてみたところ、

「かんたんではありませんが、探せばなんとか見つかります!人にもよりますけどね。」と言いました。

「どんな人だと再就職しやすいんですか?」と聞いた所、

手を動かして仕事をしている人ですね。50代の人でも新しい会社に入れば新人ですから、指示をする立場ではないので、まずは自分の仕事をするところから始まります。部下に指示するだけで自分で作業ができなくなってる人は難しいですね。」

「あともう一つネックになるのが年齢が高くなると、頑固になったり、年下の上司に指示されるのを嫌う人がいて、採用する企業側もそういう人は敬遠したいと考えているんです。」

とのことでした。

「じゃあ、性格や話し方が謙虚な人の方が採用されやすいってことですか?」

と聞いてみた所、

「そうです!謙虚な方が採用されてますね。」

とのことでした。

整理するとこうなります。

  • 手を動かして仕事をする(指示する役割をしてても実作業のスキルも身につけておく)
  • 謙虚な気持ちを持つ。年齢の上下を気にしない(年下の人に偉そうにしない)

特別難しいことでもないですよね。

60代でもフリーランスで仕事をしてる人がいる

フリーランスエージェントに「今まで会ったエンジニアで一番年齢の高い人って何歳でしたか?」と聞いた所、

「60代の方がいます。なかなか採用される会社は見つかりませんでしたが、頑張って売り込みましたよ」とのことでした。

そのエンジニアの方も手を動かして仕事をしていて、謙虚な方だったそうです。フリーランスなら60代でも仕事ができる人もいるみたいですね。

私も数年前にフリーランスエンジニアになったんですけど、フォスターフリーランスみたいなサイトに登録するだけでかんたんに案件紹介してもらえたので、思ってたよりずっとかんたんでした。

なので、興味のある人は見てみるといいと思います。

フリーランスは敷居が高いと感じる方は派遣社員という選択肢もあります。パーソルテクノロジースタッフとかが大手なので安心です。

クラウドソーシングなら何歳でも仕事ができる

ランサーズなどのクラウドソーシングサービスを使えば、インターネット上で仕事を請けてお金を稼ぐことができます。これなら年齢に関係なく腕さえあれば仕事を続けられます。

といっても、年取ったら年金で悠々自適に生活したいですけどね。

そうできるかは雲行きが怪しくて、アベノミクスで年金資金の一部を株式投資に回し始めたんです。うまく運用できれば利益が出ますが、予想外に株価が下がり続ければ年金資金も大きく目減りするリスクがあります。

それに医療の進歩で健康寿命がますます伸びると予想されています。一生現役くらいのつもりで仕事をした方がいいかもしれません。

そんな時にランサーズのようなサービスは使えると思います。

そういう意味で、まずは長く勤められる会社で働くのが良いと思います。そして手を動かす仕事ですね。

今の職場がそうでない場合は、早めに転職した方がいいと思います。

 - キャリア , , ,