IT土方(デジタル土方)の良い面を活用して長時間労働を避ける方法

に投稿

ITエンジニア志望の若者

IT土方とかデジタル土方っていう言葉があります。

ネガティブな文脈で使われている言葉なんですが、良い面もあるのでそれについて話してみたいと思います。

IT土方とは

いわゆるSIer、システムベンダーという種類の会社があります。

事業会社から「こういうシステムを作ってください」っていう依頼を受けてシステムを開発するような会社です。

このSIerのエンジニアのことをIT土方、またはデジタル土方って言う人たちがいます。

名前の由来は建設業界とIT業界の構造が似ていることによります。

  • IT業界 → 大手のSIerが仕事を請けて中小の下請けベンダーに仕事が降りていく
  • 建設業界 → 公共事業を大手の土建屋が請けて、下請けの会社に仕事が降りていく

って構造です。

最終的な末端の作業者に当たるのが下請けSIerのプログラマーなので、「まるでIT版の土方だね」ってことでIT土方や、デジタル土方と呼ばれています。

なので、

「IT土方から抜け出そう」
「IT土方は勧めない」

とかって話がよくあります。

ただ実際は、就職先としてIT土方はそこまで悪くはないと思うんです。

IT土方は就職しやすい

私のキャリアのスタートはIT土方からでした。

良い点の一つは就職しやすいってことです。

なぜ就職しやすいかっていうと、社員を雇いやすいビジネスモデルなんです。

IT土方って人材派遣業なんです。

例えば、あるIT土方案件の仕事を営業の人が取ってきたとします。そこに自社のエンジニアを派遣すると月60万円とかが会社に入るんです。

IT土方業は案件を見つけてそこに人を入れるだけで売上が立ちます。

それに対して自社サービスとか製品を作ってる会社ってサービス品がヒットしないと売り上げが発生しません。製品だったら製品が売れなければなりません。売れない製品やサービス作っても一円も入って来ません。

ちゃんとした製品をプログラミングができるかどうかもわからない新入社員を雇って、ろくなものが出来上がらなければ、人件費分大損です。

ですから、IT土方業のほうがずっと人を雇いやすいビジネスなんです。

とはいえ、ある程度サービスが軌道に乗ってるような会社やサービスが大ヒットしている会社はどんどん人を増やしてよりよいサービスを作ろうってことになるので、そこまでいければ、ガンガン人を雇えるんですけどね。

IT土方の場合は軌道に乗らなくても、人を雇えます。

例えば、今から私がどっかから資本金を集めてIT土方の会社を作って、誰か新卒の人を雇って研修して、その人をどっか案件に入れることができたら毎月50万円くらい売上が発生します。

それくらい始めやすい事業なんです。

なので、SIerやシステムベンダーの会社はたくさんあります。

会社がたくさんあるので求人もたくさんあり、就職しやすいんです。

IT土方はブラック?対処法があります

良くない点としては、例えば、システムを発注する側の会社、つまりSIerにとっての顧客企業の都合でスケジュールを決められて、むちゃな日程で仕事をしなきゃいけないとか、報酬額を買い叩かれちゃってやすい報酬で仕事を受けなければならないケースもあったりします。

無茶なスケジュールを強要された結果、残業や休日出勤をして、間に合わせなければならないなんてこともあり、そういった恨み辛みがネット上に書き込まれていたりします。

確かにそういうこともあるかもしれませんが、全部が全部ブラックな仕事ではありません。私の場合、そこまでひどいハードワークをしたことはありません。

ハードワークになるかは本人次第な面も多々あります。

心に余裕が生まれる働き方

ITエンジニア経験者の転職ってすごくかんたんなので、ブラックな職場だったら転職すればいいだけです。

異業種からITエンジニアに転職する時は面接でいっぱい落とされたりするかもしれませんが、数年でもエンジニアの仕事を経験したら、相手側の企業の反応が全然違ってきます。

なので、ITエンジニアの仕事を始める入り口として活用すればいいんです。

その後、自社サービス系の会社に転職してもいいですし、PMやコンサルタントに転身してもいいし、フリーランスになったっていいわけです。

入り口(SIer)からIT業界に入ることで、さまざまな可能性が生まれます。

そうやって、次を見据えながら仕事をすると、最初に入る会社(SIer)での仕事の仕方も変わってきます。

「一生この会社に務めるわけじゃないんだから、無理して仕事することないや」

と心に余裕が生まれます。

空気を読んで、ハードワークしなくていいんです。

長時間労働強要をやり過ごす方法

例えば、上司から今週は土日出勤してくださいって言われて「しょうがないなぁ」と休日出勤したとします。

それで、別の日に「体調悪いんで休みます」に休めばいいんです。トータルの労働時間で考えればいいんです。

もちろんあんまりそれをやりすぎると、

「お前ずる休みじゃないか」

って言われるかもしれないですけどね。

なので、まとめると

  • IT土方は就職しやすい。IT業界への入り口として活用すればいい
  • エンジニア経験者になってしまえば、その後、転職の可能性が広がる
  • ブラックな職場でも転職することを前提にしていれば、無理にハードワークする必要はない

ということで、参考になればと思います。

プログラミング初心者におすすめのサービス
1. 教室で学びたい派なら

プログラマカレッジは20代限定で、無料で受講できて、修了後、就職支援もしてくれるプログラミングスクールです。最高過ぎですよ、これ!!企業からの協賛金によって運営されいているため無料で受講できるんだそうです。すばらしいシステムだと思います!

30代の方には

プログラマカレッジは20代限定なので30代の方にはゼロスクがおすすめです。35歳以下なら無料で受講できます。教室も札幌、仙台、東京、大阪、神戸、福岡と全国展開しているので地方の方でも利用できます。

2. 自宅で学びたい派なら

TechAcademyの無料コースは20代限定でプログラミングのリモート学習 + 就職支援が無料で受けられるサービスです。なんといっても無料だし、就職に必要なスキルが身につけられるという意味でもやってみて損はないでしょう。

30代以上の方には

TechAcademyの無料コースは20代限定なので30代以上の方にはTechAcademyのJavaコースをおすすめします。Javaは求人が多くプログラマーとして就職したい方にはぴったりです。

3. つまづいた時に質問したくなったら

プログラマー専用の質問サイトteratailをおすすめします。 つまづいた時にteratrailで質問すれば教えてもらえます。

4. エンジニア未経験の人でも利用できる転職エージェント

ワークポートは未経験の人の転職活動も支援してくれますし、全国の求人を扱っているので地方在住の方にもご利用いただけます。お給料をもらいながら社内研修でプログラミングを学べる会社が狙い目です。

これらのサービスを活用すれば、全くの初心者からでもプログラミングをばっちり出来るようになると思います!レッツトライです!

 - 就職