40代のITエンジニアはどう仕事をしていけばいいのか?

      2017/07/03

40代の頼れるITエンジニア

ITエンジニアの仕事って20代30代はイメージしやすいですが、40代って少しむずかしいですよね。

20代でプログラミングや設計などを覚えて30代でチームリーダーをやるようになって、40代は…、どうなるんでしょう?

私は今30代後半なので、40歳になるのも近づいてきました。

じっくり考えた内容を紹介します。

職場にいた40代のエンジニアを思い出してみる

私はけっこういろんな業種でITエンジニアをやっています。

  • 業務システム(鉄鋼、通信、金融、製造業)
  • ECサイト
  • スマホゲーム

の開発を経験しています。

会社の規模もいろいろで、ベンチャーから東証一部上場企業まで、いろいろな会社で仕事をしました。

それぞれの業種、会社の規模によって、40代の人がやっている仕事は違っていました。

業務システム開発のSIerだと、40代の人は、現場でSEやPMをやっているか、現場を退いて課長・部長をやっていました。

一方、ECサイトやスマホゲーム開発の職場では40代でも現役バリバリのプログラマーがいました。チームリーダーとかでもなくて、いちエンジニアとしてバリバリやってる感じの人もたくさんいたんです。

ですから、必ずしも年齢が上がるとリーダー職、管理職をやるものでもないようです。となると、自分が

「何をしていきたいか?どうなりたいか?」

がポイントになります。

とはいえ、年齢が上がると人の上に立つ仕事をすべきだとよく言われてます。「いちエンジニアよりもリーダーの方が付加価値の高い仕事だ」とかうんぬんっていう話です。これは先程言ったとおり、職場によります。Webサービスやゲーム開発の職場だと、管理職より凄腕プログラマーのほうが偉い場合もあるからです。

もちろん、人の上に立つ仕事をしたい人はすればいいと思います。

自分の志向に合った仕事をする!

これが重要です。

40代、50代で転職ってできる?

私は20代で1回、30代の時に2回転職しています。3回ともかんたんに転職できましたが、40代、50代となるに従って、段々と転職が難しくなっていくと言われています。

ですから、できれば、40代50代で転職することがないようにしたいところです。

がしかし、自分が40代50代になった時に勤めてる会社がつぶれる可能性は十分にあります。

国税庁のデータベースによると、85.2%の会社が設立後5年以内に倒産しているそうです。

10年だと93.3%が倒産していて、20年だ99.6%の会社が倒産してるそうなんです。

40歳~定年の60歳までの間に20年あるわけですから、高確率で自分が勤めている会社が倒産する計算になります。

よって、現実的に起こりうる課題として40代、50代での転職を考えておいたほうが良さそうです。

40代、50代でも転職できる人の特徴

転職エージェントに聞いたところ、40代、50代の転職が難しい理由の一つは

「年齢が上がると頭が固くなって若い人たちとうまくやっていけないんじゃないか?」

と採用する企業側に思われることらしいんです。IT企業って若い人が多いですからね。

逆に、40代50代でも謙虚で柔軟な姿勢を持った人だと採用されているんだそうです。

これは20代30代でも同じですよね。謙虚で柔軟な人のほうがいいに決まってます。

では、なぜ、年齢が上がるにつれて、謙虚さが失われてしまうのでしょうか?

「年上の方が偉い」っていう価値観が生まれた理由

日本にはなぜか「年上の方が偉い」という暗黙の価値観があります。年上の人には敬語を使いますし、なんだか、敬わなければいけない気がしますよね。それどころか年上を敬うのは絶対的に正しいことと感じてます。

これは大本をたどると儒教という中国で生まれた思想によるものです。

儒教に隠された洗脳の論理

儒教には、一家の中でお父さんが一番偉くて、次に長男が偉くて、その次に次男が偉い……(続く)、という偉さの序列があります。

現代人の感覚からすると、家族の中の序列が決められてること自体が「は?なんなの?」って感じですが、さらにおかしなことがあるんです。

なんと、この序列の中に女性が全く入っていないんです。

次男の次に偉いのは三男、次は四男…、と序列は続くんですが、いつまで経っても女性が出てこないんです。

完全に女性差別です。そもそも人間に序列を作ってる事自体が差別なんですけどね。

このような論理は国を支配する側に都合がいいんです。一家の中で序列を作り、一家のお父さんが一番偉いということを浸透させれば、

国のお父さんである国王・皇帝が一番偉い」

という秩序を生み出すことができるからです。

このような理由で儒教は作られたと考えられています。より詳しく知りたい方は苫米地英人さんの洗脳論語を読んでみてください。儒教の論語って一見「教訓めいた名言みたいなこと」が書かれているんですけど、その裏には、国民を支配するための心理的なメカニズムが組み込まれていることがわかります。

日本も、中国や韓国ほどではないにせよ、儒教の影響を強く受けています。

ろくに仕事もしないで批判ばかりするクソジジイにならないために心がけること

前述したとおり、儒教の影響で、日本の社会には暗黙的に

「若い人より、年配の人の方が偉い、女性より男性が偉い」

という感覚があります。

そのせいなのか、ろくに仕事もしないくせに他人を批判して威張ってるジジイがたまにいますよね?これも儒教の産物です。

年取っただけで偉くなった気になっているのでしょう。

私達もこうならないように、意識して気をつけなければなりません。

人間は無意識にやってることを意識化できると、自分をコントロールできるようになります。

例えば、呼吸ってふだん無意識にしてますよね。「仕事が忙しくて呼吸するの忘れてたぁ!」なんてことには絶対なりません。死んじゃいますからね(笑)

無意識が勝手に呼吸をしてくれているんです。無意識に呼吸してる時は、呼吸をコントロールすることはできませんが、「今から深呼吸をしよう!」と意識して呼吸をすると、どれくらいの長さで吸って、どれくらい吐くかを自分の意志でコントロールできます。

これと同じで、

  • 人の偉さは年齢の高さで決まるものではない
  • 「年下の人に偉そうにしないようにしよう」
  • 「年下・年上の人どちらとも対等な態度で話すようにしよう」
  • 「謙虚な気持ちを忘れないようにしよう」

と意識することで、自分を望ましい人物にすることができるんです。

年上だから偉いんじゃなくて、偉いことをしてる人が偉い

私は年令に関係なく、自分よりも何かを知ってたり、できる人のことを尊敬しますし、その人から学んでいます。

こうなれば、自然と謙虚な気持ちになれますから、40代50代になっても、若い人たちとうまく仕事をしていけるはずです。

年取っても頭は固くならない!

年取ると頭が固くなって新しい知識を身につけられなくなると言われてますが、基本的には長く生きれば生きるほど知識は増えていきます。知識が多い人のほうが、新しい知識を早く学べます。

ですから、基本的には若者よりも年長者のほうが、早く新しい知識を学べるはずです。なのに、そうならないのは

  • 「年上だから偉い、偉いんだから新しいこと学ばなくていい!」
  • 「もう年だから、新しいことは無理だ」

という思い込みのせいです。

この思い込みを取り払えば、何歳になっても謙虚な気持ちで学び続けることができるはずです!

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - キャリア