プログラマーSEが課長などのライン管理職になる方法

      2016/12/16

プログラマーSEが課長 になる方法

「課長ってどうやったらなれるんだろう?」
「部下に指示してるだけで楽そうだよな!」
「給料も高そうだし、おいしいポジションじゃん」

プログラマーのよくあるキャリアパスって

「プログラマー → SE → チームリーダー プロジェクトマネージャー」

みたいなものがよく挙げられていますが、もう一つ典型的なキャリアステップがあります。

上記のような職種の変遷とは別で、出世の階段です。

現場ではなく、本社や自社の事業所・バックオフィスで営業支援とかライン管理の仕事をするパターンです。

課長 → 部長 → 本部長 → 経営者っていうとイメージしやすいと思います。

今回はこちら(出世の階段)を考えてみたいと思います。

課長になるには、現場の実績より売り上げが重要?

現場でバリバリプロジェクトの仕事をこなすのと、課長や部長として管理職をやっていくのとでは、全く違った能力が必要とされます。

ですから、現場でいくら「仕事が出来る、優秀だ」と評価されても、ライン職になれるとは限りません。

それよりも、売り上げに貢献することが重要です。売り上げ・利益をあげるための貢献をするのです。

「あいつのプロジェクトはいつも売り上げが良い、稼いでいる」

という評判を積み重ねていくと

「あいつに課長をやらせて、あいつの下でプロジェクトをいくつも回せば、我が部門の売り上げが増えるんじゃないか?」

と上層部から思われるようになります。

すると、「あいつを現場から本社や事業所・バックオフィスに戻して、営業支援とかライン管理をやらせてみよう」ということになるでしょう。はい、これ出世街道です!

なので、まずは現場での利益、売り上げを出すために何をすればいいかを考えると思います。
単純な話、炎上させずに無事プロジェクトを完了できるだけでも、売り上げには貢献できます。
その為の試作、スケジュールの組み方、仕様のスコープ策定、これらを顧客と交渉して無事完了できるラインまで持っていく、こういうスキルは重要です。

エンジニアはとかく技術に目が行きすぎで、「交渉術」のようなスキルに優れた人が少なかったりします。こういう問題意識を持てるだけで、あなたは特別な存在となれます。

これらとは別に、私が前いた会社で部長になった人に聞いた話があります。

待つことも重要?

「どうやって部長になったんですか?」

と聞いたら

「別に何か特別なことをしたわけではなくて、自分が部長になれたのはたまたまだと思う。その時、ちょうどポストが空いて、俺しかいなかったからって感じかな」

と言っていました。

謙遜した言葉だったのかもしれませんが、その人は本当にバリバリ仕事出来るみたいな雰囲気はありませんでした。なんていうか普通の人なんです。

でも人当たりが良い人なんです。

つまり、「目立った能力がなくても、地道に仕事をして行くと、ある日タイミングが合って、部長に抜擢してもらえる」ということなんでしょう。

ですから、あまり「昇進、昇進!!」とガツガツしすぎずタイミングを待つというのも良いんじゃないかなと思います。

相対的な位置の重要性

タイミングが来たら出世できるにしても、自分と同年代の社員との位置関係が重要になってきます。同年代の社員に比べて自分の能力や周りからの評価が高いようであれば、年齢が上がって、課長や部長になれると考えられます。

逆に自分の評価のほうが低いようであれば、同年代の別の社員が出世することになってしまいます。そういう場合は、転職を考えてみるのもいいと思います。評価されてないってことは、自分に合った職場ではないってことですからね。

自分の能力が低いから評価されてないと考えることも出来ますが、自分の能力を発揮できていないからとも言えるし、会社との相性が悪いからとも言えます。

転職活動すると、いろいろな会社や仕事があることがわかり、人生の可能性が広がるので、ぜひやってみてください。

転職活動はやってみると簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているワークポートがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはレバテックフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもレバテックフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は関東圏です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - キャリア , ,