プログラマーSEが課長などのライン管理職になる方法

   

プログラマーSEが課長 になる方法

「課長ってどうやったらなれるんだろう?」
「部下に指示してるだけで楽そうだよな!」
「給料も高そうだし、おいしいポジションじゃん」

プログラマーのよくあるキャリアパスって

「プログラマー → SE → チームリーダー プロジェクトマネージャー」

みたいなものがよく挙げられていますが、もう一つ典型的なキャリアステップがあります。

上記のような職種の変遷とは別で、出世の階段です。

現場ではなく、本社や自社の事業所・バックオフィスで営業支援とかライン管理の仕事をするパターンです。

課長 → 部長 → 本部長 → 経営者となっていく出世の階段がありますよね。

今回はこちら(出世の階段)を考えてみたいと思います。

課長になるには、現場の実績より売り上げが重要?

現場でバリバリプロジェクトの仕事をこなすのと、課長や部長として管理職をやっていくのとでは、全く違った能力が必要とされます。

ですから、現場でいくら「仕事が出来る、優秀だ」と評価されても、ライン職になれるとは限りません。

それよりも、売り上げに貢献することが重要です。売り上げ・利益としてプロジェクトがうまくいくための貢献をするのです。

「あいつのプロジェクトはいつも売り上げが良い、稼いでいる」

という評判を積み重ねていくと

「あいつに課長をやらせて、あいつの下でプロジェクトをいくつも回せば、我が部門の売り上げが増えるんじゃないか?」

と上層部から思われるようになります。

すると、「あいつを現場から本社や事業所・バックオフィスに戻して、営業支援とかライン管理をやらせてみよう」ということになるでしょう。はい、これ出世街道です!

なので、まずは現場での利益、売り上げを出すために何をすればいいかを考えると思います。
単純な話、炎上させずに無事プロジェクトを完了できるだけでも、売り上げには貢献できます。
その為の試作、スケジュールの組み方、仕様のスコープ策定、これらを顧客と交渉して無事完了できるラインまで持っていく、こういうスキルは重要です。

エンジニアはとかく技術に目が行きすぎで、「交渉術」のようなスキルに優れた人が少なかったりします。こういう問題意識を持てるだけで、あなたは特別な存在となれます。

これらとは別に、私が前いた会社で部長になった人に聞いた話があります。

待つことも重要?

「どうやって部長になったんですか?」

と聞いたら

「別に何か特別なことをしたわけではなくて、自分が部長になれたのはたまたまだと思う。その時、ちょうどポストが空いて、俺しかいなかったからって感じかな」

と言っていました。

謙遜していたのかもしれませんが、その人は本当にバリバリ仕事出来るみたいな雰囲気はありませんでした。なんていうか普通の人なんです。

でも人当たりが良い人なんです。

つまり、「目立った能力がなくても、地道に仕事をして行くと、ある日タイミングが合って、部長に抜擢してもらえる」ということなんでしょう。

ですから、あまり「昇進、昇進!!」とガツガツしすぎずタイミングを待つというのも大切なんだろうなと思います。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - ITエンジニア成功術 , ,