プログラマー・SEの転職でミスマッチを防ぐ方法

      2016/05/30

頭を抱える女性

「入社前に思ってたのと全然違ったなぁ…」
「年収とかの条件が良かったから入ったけど、自分に合ってない気がする…」
「転職のミスマッチを防ぐにはどうすればいいんだろう?」

がんばって面接受けて内定もらって入社したら、「あれ?思ってたのと違ったなぁ…」となってしまったら悲しいですよね。

私も一度、転職で外れを引いたことがあります。「しまったぁ、なんでこんな会社を選んじゃったんだろう!?」と後悔しましたが、よくよく考えてみると面接を受けた時から、しっくりこない感じや懸念が浮かんでました。

そんな経験を踏まえて、今回は「プログラマー・SEの転職でミスマッチを防ぐ方法」を紹介したいと思います。

面接時に感じた直感は大事

面接を受けた時に、受け答え自体はうまくできていて、会話も弾んでいるんだけど、「なんか嫌な感じがするなぁ」と思う時ってありませんか?

それが直感、第六感ともいうべきものなんだと思います。言葉上のやり取りでは良いと感じられるのに、なぜか嫌な感じがする、それは本能がその会社はやめておけという警告を上げているのです。

私が転職失敗した時にも、面接でなんか嫌だなぁというか無意識に恐怖を感じてたんです。
結局その会社はブラック企業だったんです。毎日社訓を暗唱させられたり、セミナールームで社長から「おまえらは会社への気持ちが足りない、そういうやつはいずれ辞めてもらう」というような脅しめいた話を毎週聞かされたんです。洗脳して社員を奴隷化しようとする会社だったわけです。

面接時に感じた恐怖感はこれだったのだなと察しました。ですから、面接時に直感的に感じたことは重要です。逆に言えば、直感的に「なんとなく良いな、この会社!」と感じた会社はあなたに合った会社である可能性が高いと言えます。

企業の規模で選ばない

私が入ってしまったブラック企業ですが、流通業大手のIT子会社なんです。
「なんか無意識に恐怖感感じたけど大企業なら大丈夫だろう」と決めてしまった感があります。

大企業だからブラック企業じゃないとは限りません。大企業だから、自分にとってやりがいのある仕事が出来るとも限りません。

そういう色メガネを外して事実を観察することが重要です。

年収で選ばない

転職活動をしてた当時、リーマンショックの影響で私の年収が70万円もダウンしていました。そのため、年収を下げ止めなければと焦っていました。

そこでそのブラック企業が提示した年収額がダウン前の年収を上回っていたので、「よっしゃー」と思って入社してしまったんです。愚かですよね。

いくら年収が上がっても、洗脳されて会社の奴隷になっては元も子もありません。

そうならないためにも、会社選びの軸となる考え方が必要です。

楽しく仕事が出来るかが一番大切

いくら年収が高くても、いくら大企業でも、楽しく仕事が出来なければ意味がありません。

あなたはどんな仕事をしたら楽しいでしょうか?これは人それぞれです。
余裕を持って仕事を出来たら楽しいという人もいるし、困難な仕事に挑戦して自分を成長させられる仕事が楽しいという人もいるでしょう。どちらが正しいということはありません。自分次第です。

「この会社で働いたら、楽しいかなぁ?」そう考えて、選べばミスマッチは起きないと思います!

そのためにも転職活動でいろいろな会社を見て回るといいと思います。転職活動を始めるといろいろな会社を知ることが出来て、視野が広がって、自分が本当にやりたいことや楽しいと思えることが見えて来ると思います。

転職はやってみると思ってたより簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、DODAがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、DODAは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にDODAを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

DODAは全国に拠点があるので地方在住の方もご利用いただけます。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけで簡単に派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - ITエンジニア成功術 ,