プログラマーよりSEの方が偉い?それは一部の業界だけ

      2016/12/01

偉そうなSE

「ろくに仕事しないSEが偉そうでムカつく…」
「単価もSEのが高いのも納得いかないし…」
「上流工程のSEがくそなせいで、PGが苦労するのよくあるよな…」

業務システム開発のSIerとかだと、

「プログラマーよりSEの方が上級職」
「プログラマーよりSEの方が偉い」

っていう価値観・ヒエラルキーがありますよね。

私はこれまでに三度転職し

業務システム → ECサイト → スマホゲーム

と様々な業種で仕事をした所、それぞれ全く異なる価値観だったんです。

そんな経験を踏まえて、今回は「プログラマーよりSEの方が偉いと言ってるのは一部の業界だけ」ということを紹介します。

プログラマーよりSEの方が偉いのは単価が高いってだけ

最初に結論を述べます。

業務システム開発のSI業界でプログラマーよりSEの方が偉いと言われている理由は、

「プログラマーよりSEの方が単価が高いから、それだけ」です。

以前私が勤めていたSIerのあるプロジェクトでは1人月の単価は

プログラマー 70万円
SE 90万円

でした。20万円も違うわけです。年間で240万円です。結構な違いですよね。

そりゃぁ、給料もSEのが高くなりますし、社内での地位も高くなるわけです。

しかし、だからといって、プログラマーよりもSEの方が上級職で難しい仕事だということにはなりません。

SEはプログラマーの上級職ではない

プログラミング出来ないSEってたくさんいます。つまり、役割が異なるだけです。

ふつう上級の仕事が出来る人は下級の仕事も出来ます。1級建築士の人は2級建築士の仕事も出来ますよね?

なのに、なぜか、SEの中にはプログラマーの仕事が出来ない人がたくさんいます。

つまり、「SEの役割の方が上級で難しいことだから、高い報酬をもらいますよ」という価値観を作ることによって顧客企業から高い報酬を取るマーケティングが上手くいったってだけなんです。

上流工程ってやってみると簡単!

業務システム開発の業界では

「プログラミングは誰でもできる、要件定義や設計などの上流工程の方が価値があるんだ」

みたいな話がよくありますよね。ですが、実際に私が上流工程をやってみた所、プログラミングに比べて難しくありませんでした。

顧客の話を聞いて、そこから、プロジェクトで達成すべきこと(要件)を定めて、要件を満たす機能を設計するだけですからね。

プログラミングの相手はコンピュータなので、完全に厳密なロジックが必要とされますが、上流工程は人間相手なので、プログラミングに比べればあいまいで不完全でも出来ちゃいます。

「プロジェクトの進行管理をしたいんですね。では要件は
・タスクとその進捗を管理出来ること
この要件を満たす必要な機能は
・タスク登録機能
・進捗管理機能
ですね。」

上流工程ってこんな感じです。本当は予算の管理もしたいのに、それが出てこなくても完了してしまいます。

・予算管理が出来ること

これが抜けてることが後工程で発覚して、開発が大分進んだ後に仕様追加・変更なんてことになります。

何が言いたいかというと、「上流工程っていい加減に終わらせることが出来る」いうことです。

そして、プログラミングの経験がない人ほど、いい加減に終わらせてしまいがちです。なぜなら、プログラミング時のコンピュータの厳密なふるまい(書いたようにしか動かない)を経験したことがないからです。

プログラミングをすると、コンピュータの厳密さを身にしみて感じますよね?それがないと、厳密な要件定義、設計は出来ないのです。現状のSI業界では、そういう人でもSEが務まってしまう。ですから、SEはプログラマーの上級職ではないのです。

自社サービス運営企業にSEという職業はない

Webサービスやスマホアプリの開発にSEはいません。

  • 運営
  • プログラマー
  • デザイナー
  • ディレクター
  • プロデューサー

呼び方は会社によって異なりますが、この5つの役割を持ったメンバーで構成されます。

 

職業名が仕事内容を表している

さて、ここで注目すべきことは、職業名が仕事内容と直接リンクしていることです。

プログラム作るからプログラマー、
デザインするからデザイナー、
ディレクションするからディレクター。

本来、当たり前のことなんですけどね。

それが

「要件定義と基本設計をするからシステムエンジニア?」

「はぁ?」ですよね。

システムの設計をするならシステムデザイナーでいいじゃないですかね?

なぜ、そうなっていないかというと、あいまいな名前にしておくことで、あいまいな仕事しかできない人を顧客に派遣して報酬を要求することが出来るからなんです。

自社サービス企業は「上下関係」でなく「横の関係」

自社サービスのプロジェクトでは、はっきりとした役割を持った職業があり、それぞれがそれぞれの役割を果たします。ですから、互いの役割を理解しているし、尊重しています。

ディレクターがプログラマーより偉いなんてことはないんです。役割が違うだけなんです。

業務システム開発の仕事って大抵何人か嫌なやつがいて、嫌な気分にさせられるものですが、自社サービスの会社ではまったくそういうことがありませんでした。

皆さん、誠実で良い方たちだったんです。会社によって、そういうカルチャーってまったく異なるので、今いる職場で嫌な気分を味わわされているようであれば、転職されるといいと思います。探せば、いい会社ってちゃんとありますからね。

転職はやってみると思ってたより簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、DODAがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、DODAは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にDODAを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

DODAは全国に拠点があるので地方在住の方もご利用いただけます。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけで簡単に派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるので、実はとてもいい選択なんです。

 - ITエンジニア成功術 ,